ハンドメイド販売の価格設定に関するブログ記事

ハンドメイド販売イベントの値段設定

ハンドメイド作品の販売における値段設定に関する記事一覧ページ。

ハンドメイドマーケットは無料?意外と知らない運営に必要な費用

2020/11/20

ハンドメイドマーケットは無料?意外と知らない運営に必要な費用

結論から言うと、ハンドメイドマーケットは無料ではありません。出品するための作品づくりには「材料費」や「人件費」が掛かっていますし、作品が売れたら「販売手数料」が、売上を振り込むときに「振込手数料」が発生します。

消費税増税に伴う作品価格改定をお客様に告知するときの例文5つ

2020/3/16

消費税増税に伴う作品価格改定をお客様に告知するときの例文5つ

2019年10月1日より消費税が10%になります。増税の影響で販売手数料や振込手数料、材料費、送料も値上げとなるため値上げを検討しているハンドメイド作家さんも少なくないはず。そこでこの記事では、お客様には何て告知をすれば良いのか?例文を5つご紹介します。

「ゴルディロックスの原理」をハンドメイドの販売価格に応用する方法

2020/4/18

ハンドメイド作品で売れやすい価格帯とは?

ハンドメイド作品を販売するとき、同じような価格帯の作品を販売せず、あえて価格帯を3つに分けると真ん中の価格帯が選ばれやすい傾向にあります。これは「ゴルディロックスの原理」という心理傾向です。

ハンドメイドの収入を記録する「売上管理表」の書き方と例

2019/11/4

ハンドメイドの収支を記録する「売上管理表」の書き方と例

ハンドメイド作品の販売で得た収入・支出をデータとして残すための「売上管理表」の書き方や作り方を具体的に解説します。

ハンドメイドの値下げ交渉の対応

2020/6/2

ハンドメイド販売で値下げ交渉されたときの正しい対処法

ハンドメイド作品をネットなどで販売しているときに、お客様から「もっと安くしてよ」と値下げ交渉があった場合、販売者はどのように対応するべきなのか?解説します。

ハンドメイド作品を友達に「作って」とお願いされたらお金はどうする?

2020/6/2

ハンドメイド作品を友達に「作って」とお願いされたらお金はどうする?

友達・知人から「私にもハンドメイド作品を作ってほしい」とお願いされた場合、お金はどのようにすれば良いのか?解説します。

ハンドメイド作品の値段設定に関するよくある4つの質問とその答え

2020/6/2

ハンドメイド作品の値段設定に関するよくある5つの質問とその答え

ハンドメイドの販売価格で悩んでいる作家さんのために、よくある「質問」とその「答え」をご紹介します。「販売価格っていくらが正解?」「安くしすぎた!値上げはどうする?」などの疑問を解決します。

ハンドメイド販売イベントの値段設定

2018/5/28

いくらが正解?ハンドメイド販売イベントでの値段の決め方

ハンドメイドの販売イベントでは、ネットでの販売価格と同じ値段で売ると損をします。いくらが正解か?この記事で解説します。

ハンドメイド作品を値上げするときの告知例文

2021/3/4

ハンドメイド作品を値上げするときの告知例文

ハンドメイド作品を販売していると、どうしても値上げを余儀なくされる場面が度々あります。「お客様になんて告知すれば良いのか…」と頭を抱えるハンドメイド作家さんも多いでしょう。 そこでこの記事では、どのように値上げを告知すべきなのかについて解説します。 値上げを告知するときのポイント 値上げを告知するときに、「値上げします」「原材料高騰により…」と伝えるとお客様にマイナスのイメージを与えかねません。お客様には、作品リニューアルのための値上げだとわかるように伝えましょう。 たとえば、「新しい素材に切り替えた」「 ...

ハンドメイド作品を値上げすべき4つのタイミング

2021/3/4

ハンドメイド作品を値上げすべき4つのタイミング

ハンドメイド作品の販売価格は、どのタイミングで値上げに踏み切るべきか?「こんなときは値上げした方が良い」という目安を4つご紹介します。

ハンドメイド作品を値下げする前に知るべき4つのデメリットとは?

2021/2/12

ハンドメイド作品を値下げする前に知るべき4つのデメリットとは?

ハンドメイド作品の安易な値下げは、利益が少なくなったり、ブランドイメージを損ねる可能性があります。

ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

2021/3/1

ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

ハンドメイド作品を販売するときに悩まされる「価格設定」。高すぎても売れませんが、安すぎても経営が苦しくなります。では、いくらに設定するべきか?売る側も買う側も納得できる、「適正価格」の考え方について解説します。

© 2021 ハンドメイド作家のブログ