Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

どっちがおすすめ?STORESのフリープランとスタンダードプランの違い比較

どっちがおすすめ?STORESのフリープランとスタンダードプランの違い比較

ハンドメイド作家

20代女子のハンドメイド作家。義母が手芸講師なので指導を受けながら製作と販売に没頭中!著書『ハンドメイド作品の売り方講座

ネットショップ作成サービス「STORES(ストアーズ)」には、

  1. 月額無料で手数料の高い「フリープラン
  2. 月額料金が発生するけど手数料が安くなる「スタンダードプラン

の2つのプランが用意されています。

ハンドメイド作家
STORESでショップ開設するなら、どちらが良いのでしょうか?比較しました。
関連記事
STORESの手数料、フリープランとスタンダードプランの違いは?
STORESの手数料はいくら?出店前に知りたい4種類の手数料

ネットショップ作成サービス「STORES(ストアーズ)」でかかる手数料はいくら?プランで手数料の違いを解説。

続きを見る

フリープランとスタンダードプランの違い

プランによって異なるのは「手数料」と「機能」の2点。それぞれ解説します。

手数料の違い

プランによって手数料が異なります。

STORESでは、以下4つの手数料に加え月額料金がかかります。

  1. 決済手数料
  2. 振込手数料
  3. 事務手数料
  4. スピードキャッシュ利用手数料

このうち、プランによって異なるのは

です。

月額料金

初期費用はどちらも0円。

月額料金はプランによって異なります。

  • フリープラン:0円
  • スタンダードプラン:1,980円
ハンドメイド作家
スタンダードプランは売れなくても毎月1,980円が発生。

後述しますが、スタンダードプランは月額料金が発生する分、決済手数料やスピードキャッシュ利用手数料が安くなり、機能も充実しています。

決済手数料

STORESで出品中の商品が売れて、お客様が決済をするタイミングで「決済手数料」が発生します。

決済手数料はプランで異なります。

  • フリープラン:5%
  • スタンダードプラン:3.6%
ハンドメイド作家
スタンダードプランは月額料金が発生。その分、決済手数料が安くなっています。

どのくらいの売り上げでフリープランよりも安く運営できるかについては後述しています。

スピードキャッシュ利用手数料

スピードキャッシュとは、振込を早める機能のこと。

STORESは月末締めの翌月末払いなので、振込まで最長で60日もかかってしまうことがあります。それを早めるのが「スピードキャッシュ」。翌日振込が可能になります。

スピードキャッシュを利用すると、

  • フリープラン:3.5%
  • スタンダードプラン:1.5%

がかかります。

ハンドメイド作家
振込を早めてほしい場面が多々想定されるなら、スピードキャッシュ手数料のことも考慮しましょう。

機能の違い

スタンダードプランでは、フリープランでは使えないような重要な機能が使えるようになります。

  • 独自ドメイン
  • 決済手段カスタマイズ
  • 代引き・Amazon Pay決済設定
  • アクセス解析機能
  • STORESロゴ非表示
  • 送り状CSV出力
ハンドメイド作家
個人的には、「独自ドメイン(好きなショップURLの取得)」「アクセス解析機能」は必須レベルだと思います。

ちなみに、STORESの競合であるBASEでは、上記一部機能が月額無料で利用できます。STORESのフリープランを検討している方は、BASEも選択肢に入れてみましょう。

関連記事
BASEとSTORESを徹底比較!どっちがおすすめ?選ぶポイントはこの3つ

ネットショップ作るなら、「BASE」と「STORES」どっちがおすすめ?手数料・入金スピード・クレカ決済の審査の有無を徹底比較しました。

続きを見る

どっちがおすすめ?

フリープランとスタンダードプランの違いを解説しました。

では、どちらで運営するのが良いでしょうか?これに関しては利用者の売上状況にもよるので、以下で詳しく解説します。

フリープランがおすすめの方

初心者はフリープランがおすすめ

自分のペースで販売したい方はフリープランがおすすめ

  • 試しにショップを開設してみたい
  • 毎月の売り上げは15万円を超えない
  • スピードキャッシュは利用しない

フリープランなら、初期費用も月額料金も発生しません。手数料がとられるのは「商品が売れたとき」と「振り込むとき」なので、試しにネットショップでの販売をしてみたい方にはフリープランがおすすめ。

ハンドメイド作家
固定費なしだからマイナスになることはありません!

決済手数料に関してはスタンダードプランの方が安くはなるものの、元が取れるのは売り上げが15万円を超えたとき(後述)。逆に、15万円以下の売り上げが続いてしまうと、スタンダードプランの方が運営コストが高くなります。

また、フリープラン利用時は「スピードキャッシュ」機能を使わないほうが良いでしょう。スピードキャッシュを使ってしまうと、BASEよりも手数料が高くなってしまいます。入金スピードも重視しているのなら、BASEでのショップ開設も検討したほうが良いでしょう。

関連記事
BASEの手数料はいくら?意外と知らない4つの手数料

ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は初期費用・月額は無料で、出品した商品が売れたときと、売上金を振り込むときにそれぞれ手数料がかかります。

続きを見る

フリーで開設する方はコチラ

今すぐSTORESでショップ開設

※開設・登録・月額無料

スタンダードプランがおすすめの方

月15万円以上売り上げがある方はスタンダードプランがおすすめ

毎月安定して稼げて節約したい方はスタンダードプランがおすすめ

  • 毎月の売り上げが15万円を超える
  • 手数料を安く抑えたい
  • 機能制限を受けたくない

毎月の売り上げが15万円を超える見込みがあるのなら、スタンダードプランをおすすめします。15万円を超えると、運営コストを安く抑えることができるためです。

1ヵ月の売り上げ14万円の場合
プラン フリー スタンダード
月額 0円 1,980円
決済手数料 7,000円 5,040円
合計(月間コスト) 7,000円 7,020円

たとえば、1ヵ月の売り上げが14万円だとすると、フリープランでは決済手数料5%だけとられるので月間コストは7,000円です。スタンダードプランは決済手数料3.6%なので5,040円となりますが、これに月額料金1,980円を加算すると合計7,020円に。

つまり、月14万円の売り上げだと、フリープランの方が得になります。

1ヵ月の売り上げ15万円の場合
プラン フリー スタンダード
月額 0円 1,980円
決済手数料 7,500円 5,400円
合計(月間コスト) 7,500円 7,380円

1ヵ月の売り上げが15万円を超えると、スタンダードプランの方が得になります。

フリープランだと決済手数料5%で月間コストは7,500円です。スタンダードプランは決済手数料3.6%なので5,400円、これに月額料金1,980円を加算すると合計7,380円に。

そして、さらに売り上げが増えるとこの差もどんどん開いていくため、売り上げが多い人ほど、スタンダードプランをおすすめします。

毎月の売上が安定せず、13~18万円くらいの間にいる方は、まだ無料プランにしておいたほうが良いかもしれません。

ハンドメイド作家
スタンダードなら「独自ドメイン」「アクセス解析機能」など限定機能も使えます!

スタンダードで開設する方はコチラ

今すぐSTORESでショップ開設

※登録・開設無料 初月月額も無料

まとめ

STORESの「フリープラン」と「スタンダードプラン」の料金面での違いは次の通り。

プラン フリー スタンダード
月額利用料金 0円 1,980円
決済手数料 5%  3.6%
スピードキャッシュ利用手数料 3.5% 1.5%

スタンダードプランでは、フリープランでは使えない以下の機能が使えます。

  • 独自ドメイン
  • 決済手段カスタマイズ
  • 代引き・Amazon Pay決済設定
  • アクセス解析機能
  • STORESロゴ非表示
  • 送り状CSV出力

毎月の売り上げが15万円を超えるのなら、機能が充実しており、各種手数料が安いスタンダードプランがおすすめです。そうでないのなら、フリープランを選びましょう。

STORESサイトトップ

今すぐSTORESでショップ開設

フリープランはコチラ

当ブログの文章・画像はご自由にご利用いただけます。
SNSやブログでのシェアにぜひご活用ください!
※著作権は放棄しておりません。

-ネット販売

© 2020 ハンドメイド作家のブログ