ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド本の掲載作品を販売する

ハンドメイド本の掲載作品をマネして販売は違法?調べてみた

更新日:

書店で多く並んでいるハンドメイド関連の本。作り方や作品例が豊富に載っているので参考になりますよね。

ところで、この本に掲載されている作品は、作り方を参考にしてそのまま「minne」や「Creema」などのネットで販売しても大丈夫なのでしょうか?

違法となってしまっては怖いので、調べてみました。同じように疑問に思っている方、ご参考に。

本の掲載作品をマネして販売はNG

基本的に、ハンドメイドの本(書籍・雑誌)に掲載されている作品を無断でマネして販売するのは避けましょう。著作権法に違反する可能性があります。

特に、本に下記のような記載があれば絶対にダメです。

個人的に楽しむ場合を除き、無断での製作・販売は著作権違法で禁じられています。

この記載がある場合、自分で作って楽しむだけなら違法ではありませんが、利益目的で販売するのはNGです。色や形を少しだけ変えるなど、ちょっと手を加えた程度もNG。

記載がなくても、勝手にマネして販売すると訴えられる可能性があります。

ハンドメイドマーケットでも禁止している

ハンドメイドマーケットでも、本に「商用での使用は禁止」と記載されている場合、販売できないと定めています。

minneの場合

書籍を参考して作られた作品の販売・展示につきましては、書籍の規定に従う形で販売・展示のご判断をお願いしています。書籍内で「商用での使用は禁止」等の注意事項が記載されている場合、販売・展示はできません。
書籍の記載で確認できない場合には、お客様ご自身で書籍の発行元にお問い合わせいただきご確認ください。

Creemaの場合

市販の書籍を参考して作られた作品の販売につきましては、書籍の規定に従ってご判断ください。
「商用での使用は禁止」等の注意事項が記載されている場合、販売はできません。

本に掲載の技術はマネして良いの?

本に掲載されている「作品」をマネして販売することは違法です。でも、ハンドメイドの本に掲載されている「基本的な技術」をマネするのはOKです。

基本的な技術とは、一般的に知られている着色方法・縫い方・パーツの加工方法などです。ただし、その本の著者が考えた、独自性のある技術はNGです。たとえば、その作家が考えた特殊な縫い方や加工方法などが該当します。

本に掲載されている図案も、そのまま参考にして販売するのはNGですが、図案を参考にオリジナルの型紙を作れば問題ありません。

まとめ

本に掲載されているハンドメイド作品を模倣して販売する行為は、基本的に違法です。ちょっと手を加えるだけもNGです。

本によっては「商用利用可」の場合もあります。分からない場合は、出版元に問い合わせるのが確実ですよ。

関連記事

著作権についてもっと詳しく知り方は、「こんな作品はNG!ハンドメイド販売の著作権について」の記事をご覧ください。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

関連記事と広告

-ハンドメイド作品の売り方
-,

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.