ネット販売

ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

この記事は約6分で読めます。

ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

ハンドメイド作品を販売するとき、もっとも悩まされるのが「値段決め」ですよね?高すぎても買ってくれませんし、安すぎても自分の利益になりません。

では、どれくらいの値段設定にすべきなのか?自分の利益も考え、お客様にも納得してもらえる、「適正価格」の考え方について解説します。

ハンドメイドっていくらで売れば良いの?
価格設定の基本について解説するね!

販売イベント(フェス)に出展する方は、「ハンドメイド販売イベントの値段の決め方」を参照してください。

ハンドメイド作品の値段は「原価」が基準

材料費と加工費と梱包代が原価

原価の3大要素

ハンドメイド作品の値段を決めるとき、基準となるのが「原価」です。

原価って何?

原価とは、ハンドメイド作品を作るときに必要になった「経費」のこと。「仕入れ値」のようなものなので、その価格で売ると黒字にはなりませんから、販売者が損をします。

たとえば、原価が100円なのに100円で販売すると、手元に1円も残らなくなります(当たり前)。簡単でも良いので、きちんと原価を計算し、いくらで販売すれば利益が出るのか考えましょう。

[スポンサーリンク]

原価の3大要素

ハンドメイドの場合、原価に含まれるものは

の3つの要素が主です。

原価には、材料費だけではなく、1つのハンドメイド作品を作るのに費やした「時間」も含まれます。また、梱包に費やす時間や梱包資材なども含まれます。

値段は何を基準に決めるの?
原価を基準に決めるよ。ハンドメイド作品は材料費・加工費・梱包代の3つが原価。

原価の計算方法

材料費と加工費と梱包代の例

材料費と加工費と梱包代の例

では、「材料費」「加工費」「梱包代」の3つの原価は、どのように計算するのでしょう?

1つずつ簡単に解説します。

材料費の計算方法

「材料費」とは、1つの作品を作るのに費やした素材や部材の代金のこと。布やアクセサリーパーツはもちろんのこと、接着剤や着色料などの「消耗品」も含めましょう。

接着剤などは、1つの作品に使う量は少なくても、積み重なると大きな出費になります。大体で良いので、計算しておくこと。たとえば、1つ300円の接着剤を10回で使い切ってしまうのであれば、1つの作品に30円を材料費として加算します。

加工費の計算方法

ハンドメイド作品の制作に費やした時間(加工費)は、「時給換算」すると分かりやすいです。

たとえば、1つの作品に1時間費やしたら、1時間分の時給で換算します。30分ならその半分。お住まいの地域の最低時給額などを調べ、参考にすると良いです。

ちなみに、令和元年度の全国平均最低賃金は901円です。

梱包代の計算方法

原価に含まれるのは、「材料費」と「加工費」だけではありません。

商品が売れたら、必ず梱包しますよね?ハンドメイドマーケット(minneなど)でネット販売するなら、発送時にプチプチや手紙を入れるはず。その費用や用意する時間も含めないと赤字経営になります。

梱包の部材や梱包時間も、原価に含めましょう。

原価はどうやって調べるの?
作品を1つ作るのに材料・時間・梱包資材をどれくらい費やしたか?計算して割り出すと良いよ。

原価の2~4倍で販売すると損しない

原価の2~4倍で販売すると損しない

販売価格=(材料費+加工費+梱包代)×2~4倍

1作品当たりの原価が計算できたら、原価に利益を乗せて販売します。

ハンドメイド作品の場合、利益を考えて値段を付けるのなら、原価の2~4倍で売るのが相場です。送料は含めません。

ハンドメイド制作に慣れていない方だと、作業に時間が掛かりますし、材料をムダに使っている可能性も考えられます。慣れるまではあまり利益を求めないで、原価の約2倍の価格設定が良心的かもしれません。その辺のバランスは、ご自身で調整してみてください。

値段の決め方の例

ピアスを作成したときの、実際の販売価格の設定例をご紹介します。

項目値段備考
材料費100円調達費は除く
加工費300円時給900円計算。20分で制作
梱包代100円手紙・緩衝材・OPPシートなど
原価合計500円制作に必要な経費
販売価格1,500円原価の3倍で計算

ハンドメイド販売サイトで売ると、手数料として商品代金の10%ほどが取られます。実際には、上記の販売価格に手数料をのせて販売するため、1,600~1,700円になります。

原価の2~4倍って高すぎない?

「販売価格は原価の2~4倍」と言われると、慣れていないハンドメイド作家さんだと驚かれると思います。

「お客様に申し訳ない」「高すぎると売れないのでは?」と不安になるでしょう。

もちろん、高すぎると売れません。でも、「安売り」するのはもっとダメ。安すぎると利益になりませんし、お客様も「安かろう、悪かろう」と判断し、逆に売れません。

たまに150円とかで安売りしているハンドメイド作家さんも見かけますが、その方は利益を考えていない人です。

手間のかかるハンドメイド作品は、それなりの値段がする。分かる人はちゃんと分かって買ってくれるので、不安になる必要はありません。

原価の2~4倍ってすごく高いけど?
大丈夫。高くても、その作品の価値を理解してもらえれば売れるよ。自信を持って出品しよう!

まとめ

ハンドメイド作品の販売価格は、原価を基準に決めていきます。

原価は、「材料費」「加工費(作業時間)」「梱包代」の3つが基本の要素。

原価のまま販売すると黒字にならない(損をする)ので、原価の2~4倍にすると適正価格になります。

もし、安すぎる値段設定にしてしまったハンドメイド作家さんは、この機会に値上げを検討してみてください。

Check!
ハンドメイド作品がなかなか売れないときの5つのチェックポイント
ハンドメイド作品がなかなか売れないときの5つのチェックポイント

ハンドメイド作品をハンドメイドマーケットやネットショップなどで販売したものの、なかなか売れないとお悩みではありませんか?そんなあなたのために、今、何を改善するべきなのか?5つの重要なポイントをご紹介します。販売初心者さんはぜひチェック!

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ネット販売
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.