ハンドメイド作品の値段の決め方

ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

更新日:

ハンドメイド作品を販売するとき、もっとも悩まされるのが「値段決め」ですよね?高すぎても買ってくれませんし、安すぎても自分の利益になりません。

では、どれくらいの値段設定にすべきなのか?自分の利益も考え、お客様にも納得してもらえる、「適正価格」の付け方について解説します。

ここでは難しい内容はできるだけ省略し、分かりやすく説明します。

※販売イベント(フェス)に出展する方は、「ハンドメイド販売イベントの値段の決め方」を参照してください。

ハンドメイド作品の値段は「原価」が基準

ハンドメイド作品の値段を決めるとき、基準となるのが「原価」です。

原価って何?

原価とは、ハンドメイド作品を作るときに必要になった「経費」のこと。「仕入れ値」のようなものなので、その価格で売ると黒字にはなりませんから、販売者が損をします。

たとえば、原価が100円なのに100円で販売すると、手元に1円も残らなくなります(当たり前)。簡単でも良いので、きちんと原価を算出し、いくらで販売すれば利益が出るか計算しましょう。

原価の3大要素

ハンドメイドの場合、原価に含まれるものは

  1. 材料費(消耗品・パーツなど)
  2. 加工費(制作時間)
  3. 梱包代(発送費用・梱包時間)

の3つの要素が主です。

原価には、材料費だけではなく、1つのハンドメイド作品を作るのに費やした「時間」も含まれます。また、梱包に費やす時間や梱包費用なども含まれます。

目に見えない「時間」も原価です。

原価の計算方法

では、「材料費」「加工費」「梱包代」の3つの原価は、どのように計算するのでしょう?

1つずつ簡単に解説します。

材料費の計算方法

「材料費」とは、1つの作品を作るのに掛かった素材や部材の代金のこと。

布やアクセサリーパーツはもちろんのこと、接着剤や着色料などの「消耗品」も含めましょう。接着剤などは、1つの作品に使う量は少なくても、積み重なると大きな出費になります。大体で良いので、計算しておくこと。

たとえば、1つ300円の接着剤を10回で使い切ってしまうのであれば、1つの作品に30円の材料費として計上します。

加工費の計算方法

ハンドメイド作品の制作に費やした時間(加工費)は、「時給換算」すると分かりやすいです。

たとえば、1つの作品に1時間費やしたら、1時間分の時給で換算します。30分ならその半分。お住まいの地域の最低時給額などを調べ、参考にすると良いです。

平成29年度の全国平均最低賃金は848円です。

梱包代の計算方法

原価に含まれるのは、「材料費」と「加工費」だけではありません。

商品が売れたら、必ず梱包しますよね?ハンドメイドマーケット(minneなど)でネット販売するなら、発送時にプチプチや手紙を入れるはず。その費用も含めないと赤字経営になります。

梱包の部材や梱包時間も、原価に含めましょう。

原価の2~4倍で販売すると損しない

1作品当たりの原価が計算できたら、利益を乗せて販売します。

ハンドメイド作品の場合、利益を考えて値段を付けるのなら、原価の2~4倍で売るのが相場です。もちろん、送料は含まれません。

ハンドメイド制作に慣れていない方だと、作業にも時間が掛かりますし、材料もムダに買っている可能性も考えられます。慣れるまではあまり利益を求めないで、原価の約2倍の価格設定が良心的かもしれません。

値段の決め方の例

ヘアゴムを作成したときの、実際の販売価格の設定例をご紹介します。

項目 値段 備考
材料費 100円 道具・工具代・調達費は除く
作業費 300円 時給900円計算。20分で制作
梱包代 100円 手紙・緩衝材・OPPシートなど
原価合計 500円 制作に必要な経費
販売価格 1,500円 原価の3倍で計算

原価の2~4倍って高すぎない?

「販売価格は原価の2~4倍」と言われると、慣れていないハンドメイド作家さんだと驚かれると思います。

「お客様に申し訳ない」「高すぎると売れないのでは?」と不安になるでしょう。

もちろん、高すぎると売れません。でも、「安売り」するのはもっとダメ。安すぎると利益になりませんし、お客様も「安かろう、悪かろう」と判断し、逆に売れません。たまに150円とかで安売りしているハンドメイド作家さんも見かけますが、その方は利益を考えていない人です。

手間のかかるハンドメイド作品は、それなりの値段がする。分かる人はちゃんと分かって買ってくれるので、不安になる必要はありません。

安くて売れている作品は、安さに魅力を感じたから。高くても売れた作品は、作品に魅力を感じたから。どっちがうれしいですか?

まとめ

ハンドメイド作品の販売価格は、原価を基準に決めていきます。

原価は、「材料費」「加工費(作業時間)」「梱包代」の3つが基本の要素。

原価で販売すると黒字にならない(損をする)ので、原価の2~4倍にすると適正価格になります。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ネット販売, ハンドメイド作品の売り方
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.