minne(ミンネ)のよくある購入・販売トラブルの事例と予防策

更新日:

ハンドメイド作品を手軽に購入・販売ができるminne(ミンネ)では、「トラブルに遭った」と言う声もよく耳にします。

そこでこの記事では、実際にあったトラブルの事例を基に、トラブルに遭わないための予防策を解説します。

minneで「買いたい人」「売りたい人」それぞれの事例と予防策をご紹介します。

【購入者側】トラブルの事例と予防策

まずは、minneでハンドメイド作品を買いたい人に向けて、よくあるトラブルの事例と予防策をご紹介します。

購入者のトラブル事例

minneの購入者のトラブル事例

minneでハンドメイド作品を買った人でよくあるトラブルは、

  • 入金期日を迫られた
  • 注文したのに作家が対応しない
  • 商品が届かない
  • 注文と違う商品が届いた
  • 写真と届いた商品が違う
  • 説明文の表記と実物が違う
  • 商品到着後に破損していた

などです。

特に、「商品説明文や写真と実物が違う」と言ったトラブルが多くあります。

購入トラブル3つの予防策

minneの購入トラブルの予防策

トラブルに巻き込まれないためにも、ハンドメイド作品を買う際には次の3つの予防策を取りましょう。

  1. 購入者のレビューをチェック
  2. 販売者のプロフィールを見る
  3. 注意書きに目を通す

購入者のレビューをチェック

基本中の基本ですが、購入者のレビューはとても参考になるのでチェックしましょう。「対応が不十分だった」などの悪い口コミも含めて、一通りチェックしておくと良いです。

販売者のプロフィールを見る

きちんとしたスタンスでハンドメイド作品を制作・販売している作家さんは、プロフィール欄もキチッと書いてあります。ハンドメイド作品に対する想いが真剣か、ここで確認しておきましょう。

「趣味の片手間でやっています」などのいい加減な記載をしている販売者は避けておいた方が良いかもしれません。

注意書きに目を通す

minneでは、商品説明の下の方に「購入の際の注意点」があります。トラブルの内容によっては、「注意書きを読んでいれば回避できた」と言うことも。よく目を通しておきましょう。

「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と記載してある販売者には要注意。この注意書きはminneの規約に違反していますし、何よりも無責任です。どうしてもその販売者から買いたい場合は、レビューなどをよく見て判断してください。

購入後にトラブルに遭ったら?

minneで購入後にトラブルに遭ったら?

購入後にトラブルに遭ったら、まずは販売者に連絡し、対応してもらえるか相談しましょう。

ほとんどのハンドメイド作家さんは、相談すれば快く対応してくれるはずです。

運営スタッフに相談する

もし、「販売者が対応してくれない」場合や、「双方の話し合いで折り合いがつかない」場合は、minne運営スタッフに相談してみてください。

ただし、基本的にminneは購入後のトラブル関与しないスタンスなので、対応には期待しないこと。

レビューで周知する

対応が不十分であったり、悪質な販売者であれば、他の購入希望者が同じような被害に遭わないためにも、レビューにトラブルの詳細を書き、周知できるようにしましょう。

【販売者側】トラブルの事例と予防策

次に、minneでハンドメイド作品を売りたい人に向けて、よくあるトラブルの事例と予防策をご紹介します。

販売者のトラブル事例

minneの販売トラブルの事例

minneでハンドメイド作品を売った人でよくあるトラブルは、

  • 入金してくれない
  • 質問が多い
  • 配送を催促される
  • 発送しても到着しない
  • 破損して届いてしまった
  • イメージと違うとクレームがあった

など、「配送」「対応スピード」「商品」についてのトラブルが目立ちます。

トラブルがあったら、購入者からクレームを受けます。

販売トラブル3つの予防策

minneの販売トラブルの予防策

トラブルに巻き込まれない(クレームを受けない)ためにも、ハンドメイド作品を売る際には次の3つの予防策を取りましょう。

  1. 注意書きを正しく書く
  2. 商品説明を細かく明記する
  3. 誤解を招く表現・表記は避ける

注意書きを正しく書く

minneでは、商品説明の下の方に「購入の際の注意点」を記載できます。ほとんどのトラブルは、注意書きを明記することで避けられます。

たとえば、「商品写真は閲覧環境によって見え方が異なります」「問い合わせの対応時間は○○です」などを記載しておくのがおすすめ。

ちなみに、minneでは「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と記載は規約違反です。

「ノークレーム・ノーリターン」のような記述はお問い合わせや返品を受け付けない意思表示となるため記述できません。

出典:minne よくある質問

正しく注意書きを書いておきましょう。

商品説明を細かく明記する

注意書きと同じです。写真では伝わりにくい情報を分かりやすく記載し、作品への質問や購入後のトラブルを回避しましょう。

誤解を招く表現・表記は避ける

ハンドメイド作品がお客様に届いてから、「あれ?ネットで見たときとなんか違う」と思わせてしまったらクレームとなります。

「写真を加工しすぎない」「誇張表現は避ける」などを意識して、実物に忠実な表現・表記を心がけてください。

販売後にクレームを受けたら?

minneで販売後にクレームを受けたら?

販売後にクレームを受けたら、まずは内容をよく確認しましょう。

販売者に落ち度がある場合は、なるべく早く謝罪とこれからの対応を明記すること。

商品の交換・返品・返金など要望であれば、お客様の希望通りに対応したほうが気持ち良く取引を終了できます。

まとめ

minneで購入時によくあるトラブルは、「商品説明文や写真と実物が違った」です。トラブルに巻き込まれないためにも、販売者のプロフィールや購入者のレビューをチェックして、安心して購入できるか?判断しましょう。

minneで販売時によくあるトラブルは、「配送」「対応スピード」「商品」に関してです。これらのトラブルは、ほとんど注意書きを明記することで回避できます。もし、クレームを受けた場合、こちらに落ち度があるなら迅速に対応しましょう。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ネット販売, ハンドメイド作品の買い方
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.