ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド作品の写真撮影

その写真で大丈夫?ハンドメイド作品の撮り方のコツ

更新日:

minneなどのハンドメイドマーケットで自分の作品を販売するなら、写真の登録は欠かせません。お客様は実際の作品を見ることができないため、写真を「購入するか」の判断材料とします。

では、どのうな写真を撮れば売れるのか?撮影の基本のコツをご紹介します。

次ページ「売れる写真の3つのポイント」

ハンドメイド作品のNG写真

ハンドメイド作品の悪い写真

写真撮影のコツを紹介する前に、ありがちなNG例を挙げます。

次の3つのうち、1つでも該当すれば要注意。

  • 画質が粗い
  • 加工しすぎ
  • 背景や周りが目立つ

画質が粗い

写真の画像が粗いと、作品が見にくいだけではなく、品質自体も悪く見えます。「写真がボケている」「画像の解像度が低くて汚く見える」などがないよう、注意しましょう。

また、暗すぎると作品の印象も良くありません。

写真を加工しすぎ

スマホで写真を撮った場合、アプリで加工して、ハンドメイド作品をよく見せようとする人も多いでしょう。

加工アプリは使い方によってはイメージアップを図れますが、過剰な操作はNG。

写真と実際に届いた商品が違いすぎると、クレームに繋がります。加工はあまりしない方が無難です。

背景や周りが目立つ

minneなどで他の作家さんの写真を見てみると、おしゃれな背景をバックにしたり、小道具で装飾している写真をよく見かけます。

数あるハンドメイド作品に埋もれないためにも、装飾で華やかにしたい気持ちは分かります。でも、背景を主張し過ぎると、肝心の作品が埋もれてしまいます。

写真で伝えたいのは、見た目の華やかさではなく、「商品の魅力を正確に伝えること」であるのをお忘れなく。

写真撮影の基本のコツ

ハンドメイド作品の写真撮影のコツ

基本のコツ

商品の魅力を正確に伝えるためには、次のポイントを意識しましょう。

  • 作品全体が写っている
  • ピントが合っている
  • 色や質感が正確に伝わる

作品が途中で途切れている写真は論外。分かりやすく、シンプルな写真を撮りましょう。

最近はスマホでも高画質な写真が撮れますが、手振れやピントが合っていないなど、基本的なことにも注意。また、レンズが汚れていると写真にも影響します。レンズをキレイに拭いてから撮影に臨みましょう。

自然光も活用しよう

撮影環境としては、晴れた日の日中、自然光で撮影するのがベスト。室内の照明を使うと、照明の色温度(光の色)が作品に影響するため、絶対に使用しないこと。

カメラのフラッシュやライトも使用しないでください。作品が黄色や緑がかってしまいます。ナチュラルな光で撮ることで、色や質感など、作品の雰囲気が正確に伝わりますよ。「撮影ボックス」を利用するのもおすすめです。

ただし、どんなに正確に撮影しても、お客様の閲覧環境によって色や質感の見え方は異なってきます。トラブルを回避するためにも、注意書きをしっかり書いておきましょう。

次ページ「売れる写真の3つのポイント」

次のページへ >

あなたは「ネットショップ」
持っていますか?

ハンドメイド作品を持っているなら、自分専用のネットショップを1つは持っておきたいところ。BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

関連記事と広告

-ネット販売

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.