ハンドメイド作品の写真撮影

https://craftwriter-blog.com

その写真で大丈夫?ハンドメイド作品の撮り方のコツ

更新日:

minneなどのハンドメイドマーケットで自分の作品を販売するなら、写真の登録は欠かせません。お客様は実際の作品を見ることができないため、写真を「購入するか」の判断材料とします。

では、どのうな写真を撮れば売れるのか?撮影の基本のコツをご紹介します。

ハンドメイド作品のNG写真

ハンドメイド作品の悪い写真

写真撮影のコツを紹介する前に、ありがちなNG例を挙げます。

次の3つのうち、1つでも該当すれば要注意。

  • 画質が粗い
  • 加工しすぎ
  • 背景や周りが目立つ

画質が粗い

写真の画像が粗いと、作品が見にくいだけではなく、品質自体も悪く見えます。「写真がボケている」「画像の解像度が低くて汚く見える」などがないよう、注意しましょう。

また、暗すぎると作品の印象も良くありません。

写真を加工しすぎ

スマホで写真を撮った場合、アプリで加工して、ハンドメイド作品をよく見せようとする人も多いでしょう。

加工アプリは使い方によってはイメージアップを図れますが、過剰な操作はNG。

写真と実際に届いた商品が違いすぎると、クレームに繋がります。加工はあまりしない方が無難です。

背景や周りが目立つ

minneなどで他の作家さんの写真を見てみると、おしゃれな背景をバックにしたり、小道具で装飾している写真をよく見かけます。

数あるハンドメイド作品に埋もれないためにも、装飾で華やかにしたい気持ちは分かります。でも、背景を主張し過ぎると、肝心の作品が埋もれてしまいます。

写真で伝えたいのは、見た目の華やかさではなく、「商品の魅力を正確に伝えること」であるのをお忘れなく。

写真撮影の基本のコツ

ハンドメイドの材料の通販サイト

基本のコツ

商品の魅力を正確に伝えるためには、次のポイントを意識しましょう。

  • 作品全体が写っている
  • ピントが合っている
  • 色や質感が正確に伝わる

作品が途中で途切れている写真は論外。分かりやすく、シンプルな写真を撮りましょう。

最近はスマホでも高画質な写真が撮れますが、手振れやピントが合っていないなど、基本的なことにも注意。

また、レンズが汚れていると写真にも影響します。レンズをキレイに拭いてから撮影に臨みましょう。

自然光も活用しよう

撮影環境としては、晴れた日の日中、自然光で撮影するのがベスト。室内の照明を使うと、照明の色温度(光の色)が作品に影響するため、絶対に使用しないこと。

カメラのフラッシュやライトも使用しないでください。作品が黄色や緑がかってしまいます。ナチュラルな光で撮ることで、色や質感など、作品の雰囲気が正確に伝わりますよ。

ただし、どんなに正確に撮影しても、お客様の閲覧環境によって色や質感の見え方は異なってきます。トラブルを回避するためにも、注意書きをしっかり書いておきましょう。

売れる写真の3つのポイント

撮影の基本のポイントが分かったところで、ここからは、「売れる写真撮影のコツ」をご紹介します。

  • 使用イメージが分かる
  • 細部、中身、裏面が分かる
  • サイズ感が分かる

使用イメージが分かる

どんなにすてきな文字を並べても、商品の魅力や使用した時のイメージは伝わりにくいもの。

「百聞は一見にしかず」。どういう風に使うのか?ハンドメイド作品を使用した時のイメージが伝わる写真を掲載しましょう。

アクセサリーなら、自分で身に付けた写真があると良いです。

細部や中身の写真も掲載

お客様は実際の商品に触れることができないため、1枚の写真では分かりにくい部分も気にされます。

正面だけではなく、異なった角度、細部の拡大画像、裏面の写真は用意すること。

バッグなどは、必ず中身の写真も載せましょう。収納量もポイントになるので、実際に物を入れたときのイメージ写真もあると良いですね。

サイズ感が分かる

サイズなどを明記しても、お客様は読みません。画像にすると見てくれるので、サイズ感が伝わりやすい写真を掲載しましょう。

アクセサリーやバッグなら、自分で身につけて、鏡越しに撮るなどすると、サイズ感が伝わやすいです。

自分で撮影するのが難しいならば、身近な物と比較した写真を載せるのがおすすめ。

写真撮影はスマホでもOK?

ハンドメイド作品の写真撮影のコツ

基本的には、スマートフォンでも良い写真は撮れます。ですが、一眼レフで撮った方が、高画質・高品質な写真になるのは事実。

私は、お客様に少しでも正確な商品情報を伝えたいため、一眼レフを買いました。

「一眼レフ」って聞くと扱いにくいイメージでしたが、自動で最適な写真を撮ってくれる「オートモード」搭載のミラーレスを選べば安心。機械にうとい私でも、簡単にキレイな写真を撮ることができました。

私のおすすめカメラ

OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキット ホワイト ミラーレス一眼 E-PL7 EZ DZKIT WHT

私が撮影で使用しているのは、オリンパスの「PEN」。かわいいデザインが女性に人気。自動でキレイに撮れる「オートモード」も搭載。ちょっと高かったですが、使いやすさに納得しています。

一眼レフは高価ですが、ハンドメイド以外にも、子どもとの写真撮影などにも使えるため、私は買って正解だと実感しています。

もちろん、はじめのうちはスマホでも構いませんよ。

まとめ

ネット販売では実物を見られないため、商品写真が決め手となります。

お客様の購入前の不安を取り除くためにも、写真だけでハンドメイド作品の魅力が伝わるように心がけましょう。

具体的には、

  • 手ぶれやピンボケがない
  • 自然光で撮影する
  • 背景をシンプルに

を意識するだけでも、写真のクオリティが違ってきます。

よりクオリティの高い写真を撮りたいなら、一眼レフを手に入れるのも良いかもしれません。

配送物の厚みを確認する「厚さ測定定規」の作り方

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ネット販売, ハンドメイド作品の売り方

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.