ハンドメイド販売サイト5社比較!初心者が売るならどこがおすすめ?

ハンドメイド販売サイト5社比較!初心者が売るならどこがおすすめ?

ハンドメイド作品を売りたいけど、

  • どこで売れば良いの?
  • どんなサイトで販売できるの?
  • 販売できるサイトの違いは?

などの悩みを抱えていませんか?

ハンドメイド作家
その気持ち、私も経験したのでよく分かります。

ハンドメイド作品をネットで売りたいけど、いざ探してみると実にさまざまな販売サイトがあって迷いますよね。販売手数料や振込手数料も違いますし、サイトの雰囲気も各社で微妙に異なるため、「どこに登録すればイイの?」と途方に暮れるでしょう。

でも、大丈夫。そんな悩みを解決するために、販売歴4年のハンドメイド作家である私が、どのサイトで売るべきか?どんなサイトがあるのか?を徹底比較して解説いたします。

ハンドメイド作家
現役のハンドメイド作家が販売サイトについて解説します!

読みたいところをタップ

  • 比較
  • 選び方
  • おすすめ

スポンサーリンク

何がある?販売サイトの種類

ハンドメイド販売サイトと作家と顧客の関係

ハンドメイド販売サイトは「作家」と「お客様」をつなげる

まずは、ハンドメイド作品を販売できるサイトにはどんなものがあるのかを把握しましょう。

販売サイトは大きく分けると、

の2種類あります。

ハンドメイドマーケット

ハンドメイド作品をネットで売るといったら真っ先に思い浮かぶのが「minne(ミンネ)」をはじめとする「ハンドメイドマーケット」ではないでしょうか。

ハンドメイドマーケットとは、既製品ではなく自分で手作りした物や、自分でパーツなどを組み合わせて作ったオリジナルデザインの物を販売・購入するサイトのこと。たくさんのハンドメイド作家さんが集まり、手作り品を売買するマーケットです。

ハンドメイド作家
「ハンドメイド作品を売りたい人」と「ハンドメイド作品を買いたい人」をつなぐサービスです。

このビジネスモデルはアメリカの「Etsy(エッツィー)」が最初の成功例として注目され、日本でもさまざまな企業が参入しました。

手軽に出品できるため、ハンドメイド販売の初心者はまずハンドメイドマーケットで売ると良いでしょう。

スポンサーリンク

ネットショップ作成サービス

ハンドメイド作品は、ハンドメイドマーケット以外でもさまざまな方法で販売ができます。その1つに、ネットショップ作成サービスでの販売があります。

世界的に有名なネットショップ作成サービスと言えば、カナダの企業「Shopify(ショッピファイ)」ですが、日本では「BASE(ベイス)」や「STORES(ストアーズ)」などのサービスが広く認知されています。

ネットショップを1から作るのは大変ですが、これらの作成サービスを使えば誰でも簡単に自分のネットショップで作品を販売できます。

ハンドメイド作家
自分だけのネットショップを開き、そこで販売するサービスです。

ネットショップを開設するため、ショップ(サイト)のページ構成やデザインを自分でカスタマイズしなければなりません。ここは手間ですが、ブランドにあわせたサイト設計ができるメリットがあります。

このほか、「メルカリ」といったフリマアプリで売る方法もありますが、基本的にこれらのサービスは中古品を売ることを前提としているため、ハンドメイド販売には向きません。

目次にもどる

どう違う?販売サイト5社の比較

次に、どんなハンドメイドマーケットやネットショップ作成サービスがあるのか?を知っておきましょう。

ハンドメイド作家
ハンドメイド作品を出品できるサイトはさまざまありますが、今人気があるのは次の5つ。
サイト名 初期費用 販売手数料(税別) 振込手数料
「BASE」トップページ
BASE注目!
無料 3.6%+40円+3% 2万円未満:250円+500円
2万円以上:250円
「STORES」トップページ
STORES
無料
有料(1,980円)
無料プラン:5%
有料プラン:3.6%
1万円未満:275円+275円
1万円以上:275円
「minne」トップページ
minne
無料 9.6% 一律220円
「Creema」トップページ
Creema
無料 10% 3万円未満:176円
3万円以上:275円
「iichi」トップページ
iichi
無料 20% 3万円未満:176円
3万円以上:275円

※横にスクロールできます。

閉鎖した販売サイト

  • tetote(テトテ):2018年6月に終了、minneに統合
  • ココナラハンドメイド:2019年8月に終了
  • ハンズ・ギャラリー マーケット:2020年12月に終了。

それぞれの販売サイトの特徴について解説していきます。

BASE(ベイス)

「BASE」トップページ

サイト名 BASE
登録料・月額 無料
販売手数料 3.6%+40円+3%
振込日 申請日から10営業日(土日祝除く)
振込最低金額 なし
振込手数料 2万円未満:500円+250円
2万円以上:250円

BASEは開設実績3年連続No.1のネットショップ作成サービスです。自分専用のネットショップを作り、そこで自分のハンドメイド作品を販売します。

ハンドメイド作家
多くのハンドメイド作家さんがBASEで販売しています。

無料・有料プランなどはなく、基本的に無料でほとんどの機能が使え、ショップの成長にあわせて有料の拡張機能(Apps)の購入を検討します。

類似サービスのSTORESとの違いは、手数料や入金スピードの早さ。詳しくは以下の記事で解説しているのでご参考に。

あわせて読みたい

STORES(ストアーズ)

「STORES」トップページ

サイト名 STORES
登録料・月額 無料プラン:0円
有料プラン:1,980円
販売手数料 無料プラン:5%
有料プラン:3.6%
振込日 月末締めの翌月末払い
振込最低金額 なし
振込手数料 1万円未満:275円+275円
1万円以上:275円

STORESは、BASEに並ぶ人気のネットショップ作成サービスです。「フリープラン」「スタンダードプラン」の2つがあり、料金や機能に違いがあります。

主な違いは、決済手数料(販売手数料)・決済手段のカスタマイズ・独自ドメインの利用可否。スタンダードプランは手数料が安く機能性が充実していますが、月額料金が高い(月1,980円)デメリットがあります。

プランの違いについては以下の記事で解説しているので比較してみてください。

あせて読みたい

minne(ミンネ)

「minne」トップページ

サイト名 minne
登録料・月額 無料
販売手数料 9.6%※送料含む
振込日 月に1回、毎月月末〆の翌月末支払い
振込最低金額 受取可能な残高が1,000円
振込手数料 220円

minneは、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社が運営する国内最大級のハンドメイドマーケット。2012年に個人販売の支援を行うCtoCハンドメイドマーケットとして誕生。年間流通額は4年連続No.1(2020年時点)。

CM・雑誌などによる一般認知度が高く、作家数は71万件を超えます。2019年7月には、公開作品数が1,000万点を超えました。これはCreemaの840万点(2020年1月時点)を大きく上回る数値です。利用者は20~30代が多く、女性が9割を占めます。

minneは初心者からプロまでみんなが利用している安心の販売サイト。実際、minneから始めてテレビや雑誌に取り上げられるまで成長した人気作家さんが数多くいます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

Creema(クリーマ)

「Creema」トップページ

サイト名 Creema
登録料・月額 無料
販売手数料 10%
振込日 申請した月の翌月末日支払い
振込最低金額 なし
振込手数料 30,000円未満:176円 30,000円以上:275円
(ジャパンネット銀行の場合は一律55円)

Creemaは、minneと並ぶ国内最大級のハンドメイドマーケット

出品数はminneに次いで多く840万点(2020年1月時点)。商品を販売する作家の数はminneが4倍の規模を誇りますが、流通総額はほぼ同じ規模。

と言うことは、作家1人当たりの決済額がCreemaの方が高いという解釈ができます。その理由は、Creemaがプロやセミプロが中心のマーケットだからです。

実際にCreemaを見てみると、minneよりも洗練された、おしゃれで大人っぽいハンドメイド作品が多い印象を受けると思います。

※Creemaは2019年5月に販売手数料が変動制から一律10%に変更になりました。以前は、「3カ月間にいくら売り上げたか」の変動制で、販売手数料が変わります。たくさん売り上げれば販売手数料が8%になりますが、3カ月の売り上げが9万円未満の場合は12%とちょっと高めでした。

あわせて読みたい

iichi(イイチ)

「iichi」トップページ

サイト名 iichi
登録料・月額 無料
販売手数料 20%
振込日 月に1回、毎月月末〆の翌月20日支払い
振込最低金額 なし
振込手数料 30,000円未満:176円 30,000円以上:275円
(ジャパンネット銀行の場合は一律55円)

iichiはプロ・職人レベルのハンドメイド作品が多く並ぶハンドメイドマーケット

洗練されたハンドメイド作品がメインで、男性ユーザーも多め。購入者は30代~50代の都会に住む方で、「モノにこだわる人」が中心となって利用しています。

作品数は2020年1月時点で65万点。「出品者を多く集めていろんな作品を売る」という他の販売サイトとは異なり、「1点1点の質を高める」というスタンスが感じられます。

もちろん誰でも登録できますが、プロが多く出品しているので、初心者は避けた方が無難かもしれません。販売手数料は20%と高めです。

目次にもどる

どう選ぶ?販売サイトの選び方

人気の販売サイトをご紹介してきましたが、では、どこに登録すべきなのでしょうか?

販売サイト選びのポイントになるのは、

の3つです。

サイトの雰囲気の違い

販売サイトはそれぞれ個性がある

自分の作品に合った販売サイトを選ぶ

ハンドメイドマーケットにも、それぞれ個性があります。作風や価格帯、ジャンルなどに偏りがあり、これらが利用ユーザー(ターゲット層)に影響しています。

たとえば、「iichi」は「minne」「Creema」に比べてプロや職人の洗練された作品が多く見受けられます。ハンドメイド制作をはじめたばかりの初心者が出品しても売れることはまずないでしょう。

「minne」と「Creema」はよく似たマーケットに見えますが、よく観察するとまったく異なるマーケットであることに気づきます。

minneはアマチュアからプロまで幅広い作家で構成されているものの、実際にはアマチュアからセミプロ層が多いです。Creemaはセミプロからプロの作家に参加を呼びかけていた背景もあり、志の高いクリエイターが中心になって販売しています。

このように、サイトによって出品する作家のランクも異なるため、自分のレベルや作風にあった販売サイトで売ることはとても重要です。各ハンドメイドマーケットの雰囲気(特に売れている作品)をじっくりチェックし、自分の作品とマッチしているサイトを選びましょう。

販売サイト選びで悩んだら、併用して売れ行きを見てから絞っていくのがおすすめです。

ハンドメイド作家
BASESTORESなら、自分の作品にあわせたショップをデザインできます。

スポンサーリンク

販売手数料の違い

販売手数料は作品が売れたら販売サイトに支払う

「販売手数料」は作品が売れたら販売サイトに対して支払う(売上から引かれる)

「販売手数料」とは、ハンドメイド作品が売れたら発生する手数料のこと。

ご紹介したどの販売サイトも、登録料金や月額料金は掛かりません(STORESの有料プランは別)。ですが、販売手数料は必ず発生します。

販売手数料を比較してみると、STORESの無料・有料プラン※が安いことが分かります。次いで安いのはBASE。

※有料プランは一定金額以上の売り上げがないと元がとれないので無料プランがおすすめ。

ハンドメイド作家
ネットショップ作成サービスは集客が難しいものの、販売手数料は安めに設定されています。

ハンドメイドマーケットにおいては、「minne」が一番安いことが分かります。

ただし、minneの販売手数料は「作品価格+オプション価格+送料」となっています。他の販売サイトは送料まで含まないので、実質的にはCreemaが最安値となります(作品価格にもよりますが)。

iichiは20%とかなり高い設定になっているので、初心者にはおすすめしません。

振込手数料の違い

意外と見落としがちなのが振込手数料。売上を銀行口座に振り込む際の手数料です。

よく知らないで登録すると、実際にハンドメイド作品が売れて、販売サイトの運営会社から売上を振込してもらうときにはじめて「こんなに高かったの?」と驚くこともあります。

サイト名 振込手数料
BASE 2万円未満:250円+500円
2万円以上:250円
STORES 1万円未満:275円+275円
1万円以上:275円
minne 一律220円
Creema 3万円未満:176円
3万円以上:275円
※ジャパンネット銀行は一律55円
iichi 3万円未満:176円
3万円以上:275円
※ジャパンネット銀行は一律55円

各販売サイトの振込手数料は176円~275円の間が中心。ジャパンネット銀行を持っている方なら「Creema」と「iichi」が55円とかなり安くておすすめです。

ハンドメイド作家
振込手数料は売れるたびに発生する販売手数料ほど気にはなりませんが、はじめにきちんと把握しておきましょう。

BASEとSTORESは、一定金額未満のときに事務手数料として別途手数料が取られます。売り上げが少ないときの振込手数料がかなり高い設定になっているので注意してください。

minneは一律220円と安い設定ですが、振込最低金額を指定できないので注意。1カ月の売上金が1,000円以上あると、自動的に翌月末に振り込まれてしまい、振込の都度、振込手数料が引かれてしまうシステムです。

目次にもどる

初心者におすすめの販売サイトは?

「販売サイトの選び方は分かったけど、初心者の私はどこで売ればいいの?」と不安に思っている方に、おすすめのサイトをご紹介します。

初心者におすすめは「minne」

数ある販売サイトの中でも私のおすすめは「minne(ミンネ)」です。

minneのPC版販売サイト

初心者にはminneがおすすめ

  • アマチュアも多く活躍する
  • 運営実績が長く業績も好調
  • 利用者(購入者)が多い
  • 販売者向けイベントが多彩

minneは運営実績が長いハンドメイドマーケットのため信頼できます。

「minne」は、71万件を超える作家・ブランドによるアクセサリーやステーショナリー、家具、生活雑貨、食品など幅広いジャンルの1255万点以上(※3)のハンドメイド作品が販売・展示されている国内最大のハンドメイドマーケットで、年間流通額は4年連続で業界No.1となっています。

(※3)2020年10月末時点

引用:GMOペパボ:流通額No.1のハンドメイドマーケット「minne」、累計流通額600億円を突破

作家数、作品数も年々増えています。

比較的新しいハンドメイドマーケットは、突然閉鎖になることがあります。たとえば、「ココナラハンドメイド」はサービス開始からわずか2年半で閉鎖となりました。「ハンズ・ギャラリーマーケット」も閉鎖します。閉鎖してしまうと対応が面倒です(実際、tetote閉鎖のときに苦労しました)。

ハンドメイド作家
minneの誕生は2012年1月。2021年で9年の運営実績があり、作家数も増え続け、イベントも定期的に開催。今後も閉鎖する心配がありません。

運営実績が長いハンドメイドマーケットは他にもありますが、前述した通り、iichiはプロや職人が、Creemaはセミプロからプロが活躍するハンドメイドマーケットです。

作品のクオリティや売り方に自信のある方ならそちらで売っても良いでしょう。しかし、ここで初心者が活躍するのは難しいかと思います。

minneは誰もが参入しやすい環境を作ることに力をいれているハンドメイドマーケットで、初心者でも販売しやすい雰囲気があります。初心者の方はまず、minneからはじめてみてください。

なお、minneの売り方は『minne(ミンネ)初心者がはじめに知るべき出品・販売のコツまとめ』で一通り解説していますので、こちらの記事を参考に出品をしてください。

\公式サイトはコチラ/

今すぐ出品(無料)

関連記事
minne(ミンネ)初心者がはじめに知るべき出品・販売のコツまとめ
minne(ミンネ)初心者がはじめに知るべき出品・販売のコツまとめ

自分のつくったハンドメイド作品を手軽に販売できるハンドメイドマーケット「minne」。 ここでは、minne初心者が迷いがちな販売前の準備や実際の出品方法、売り方のコツ、アカウント停止にならないための ...

続きを見る

ステップアップにおすすめは「BASE」

「BASE」トップページ

販路拡大としておすすめなのが「BASE」。minneに比べて手数料が安く、サイトの設計が自由。

ハンドメイドマーケットに出品した経験のある作家さんなら、「ページを増やしたい」「デザインを変えたい」なんて思った経験はありませんか?そんな要望がカンタンに叶うのがネットショップ作成サービスの強み。

集客は自分で頑張らなくてはならないものの、他のハンドメイド作家さんの作品が表示されないのは大きなメリット。

ハンドメイド作家
ブランドにあわせたオリジナルのショップページを持てるので、販売に慣れてきたらBASEでショップ開設しましょう。

\公式サイトはコチラ/

今すぐショップ開設(無料)

最短30秒で開設!

関連記事
「minne」「BASE」ハンドメイド売るならどっちがおすすめ?
「minne」「BASE」ハンドメイド売るならどっちがおすすめ?

ハンドメイド販売サイト「minne(ミンネ)」とネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」、ハンドメイド作品を売るならどっちがおすすめ?

続きを見る

販売サイトはたくさん登録すべき?

販売サイトにたくさん登録すると管理が大変

販売サイトにたくさん登録すると管理が大変

「販売サイトはとにかく たくさん登録!」なんて言っているハンドメイド作家さんもいます。

たしかに、いろんな販売サイトに出品すれば、お客様に目に触れてもらう機会は増えるかもしれません。でも、いろんな販売サイトに登録すると、サイトの管理だけで手一杯になる恐れも。

実際、私は3つの販売サイトに登録したあたりから、管理が煩雑になって面倒になりました。これでは本末転倒。副業や家事・育児に忙しい女性なら、なるべく余計なことに気を使いたくないですよね。

「サイトに登録しすぎて、忙しくなった!」なんてことにならないよう、登録する販売サイトはせいぜい2つくらいに抑えましょう。

ハンドメイド作家
おすすめは、「minne」「Creema」もしくは「minne」「BASE」の組み合わせ。

目次にもどる

まとめ

ハンドメイド販売サイト選びでは、販売手数料や振込手数料などの安さも大切ですが、自分の作品イメージにあったところで出品することがなにより重要です。

実際に出品してみないと分からないこともたくさんあるので、1つの販売サイトに固執せず併用して、サイトの雰囲気や売れ行きを見てから絞るのもおすすめです。

ハンドメイド販売ならBASE

ハンドメイド作品を売るならBASEがおすすめ。
充実の機能、安心のサポートでショップ開設実績3年連続No.1

-ネット販売
-

© 2021 ハンドメイド作家のブログ