ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

ネット販売

意外と高い?minneの販売手数料と振込手数料はいくら?

minneの販売手数料と振込手数料

https://craftwriter-blog.com

この記事の要約

  • minneの登録・出品・月額は無料
  • minneの販売手数料は10%(税抜)
  • minneの振込手数料は1回175円

ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」で作品を出品して売れたら、手数料が発生します。

意外と高い?minneの手数料はいくらなの?

minneではさまざまな手数料が掛かる

手数料は販売者(ハンドメイド作家)が負担するものであって、購入者(お客様)は負担しません。決済方法によっては購入者も手数料が掛かりますが、販売手数料などは販売者側に発生します。

この記事では、minneで販売者側が負担する手数料について詳しく解説します。これからminneでハンドメイド作品を売る方や、はじめたばかりの人のご参考になれば幸いです。

画像の手数料312円の答えは、計算方法の例2で確認できます。

2019年10月1日の増税後(消費税10%)の手数料で解説しています。

minneの出品・月額・登録料

minneの出品・月額・登録料

minneの出品・月額・登録料

minneは、出品手数料・月額利用料・登録料が0円です。

minneでハンドメイド作品を販売するには、会員登録が必要です。この会員登録は無料です。売りたいハンドメイド作品の出品も、無料でできます。月額利用料も掛かりません。

つまり、出品して1カ月経っても、1年経っても、売れるまでは1円も掛かりません。売れたときにだけ販売手数料が発生し、売上を振り込むときに振込手数料が発生します。

[スポンサーリンク]

minneの販売手数料

minneの販売手数料は税抜き10%

minneの販売手数料は税抜き10%(税込11%)

販売手数料は10%

minneの販売手数料は10%です。

ハンドメイド作品が1つ売れるごとに、作品価格+オプション価格の10%(税抜)を販売手数料として引かれます。送料に対して販売手数料10%(税抜)は掛かりません。

ちなみに、Creemaも販売手数料は同じ10%です。

販売手数料の計算例

販売手数料の計算式は、(作品価格+オプション価格)×0.11です(2019年10月の増税前は10.8%、増税後に11%に変更)。

たとえば、作品価格1,000円のアクセサリーで、パーツを変更したためにオプション価格300円が発生したとします。

このとき、合計価格1,300円に対して11%(消費税10%で計算)の販売手数料である143円が掛かります。

項目 金額
作品価格(オプション含む) 1,300円
販売手数料(11%) 143円
売上金 1,157円

端数がある場合は切り捨てとなります。

minneの振込手数料

振込手数料は175円

minneの振込手数料は175円

振込手数料は175円

minneの振込手数料は175円です(2019年10月の増税前は172円、増税後に175円に変更)。

振込手数料は、1つの作品が売れるごとに175円が発生するものではなく、1回の振込につき振込手数料175円が掛かります

minneの売上の入金は月に1回で、1カ月の売上金が1,000円以上あると、登録した口座にまとめて振込します(毎月月末締めの翌月末払い)。

売上の1,000円と言うのは、作品の価格ではなく、作品価格から販売手数料を引いた金額です。たとえば、1,000円の作品が売れても、販売手数料を引くと1,000円に満たなくなるため、繰り越しとなります。

売上は繰り越せる?

売上は繰り越せません。

minneでは、1カ月の売上金が1,000円以上あると、自動的に翌月末に振り込まれてしまい、振込の都度、振込手数料が引かれてしまうシステムです。

1,000円~3,000円程度の売り上げで毎回、振込手数料が引かれてしまうのはかなりの損ですが、現状、minneで売上金を繰り越す仕組みはないため、どうしようもできません。

この件に関してminneに改善するように意見しましたが、2019年5月現在は改善の意向はありません。

手数料の確認方法

minneの手数料の確認方法

売上確認>入金を確認する

手数料は、minneの管理画面から確認できます。

  1. minneにログイン
  2. メニューの「売上確認」
  3. 「入金を確認する」をクリック

の順に進めると、入金一覧より詳細を確認できます。

振込金額の計算方法

ここからは、minneで売り上げがあった場合に、実際にいくらの販売手数料と振込手数料が引かれるのか?具体例とともに解説します。

例1:1個1000円のピアスが1つ売れた

項目 金額
売上 1,000円
販売手数料 110円
振込手数料 0円(繰り越し)
合計 890円

1個1,000円のピアスが1つ売れた場合、販売手数料として110円(1,000×0.11で計算)が発生します。

このピアス以外の売り上げがないとき、1カ月の売上が1,000円に満たないので、振込は翌月以降に繰り越しとなります。

翌月にもう1つピアスが売れ、売上が1,000円以上になると、振込手数料が引かれて振り込まれます。

例2:1個1,300円のピアスが1つ売れた

項目 金額
売上 1,300円
販売手数料 143円
振込手数料 175円
合計 982円

1個1,300円のピアスが1つ売れた場合、販売手数料として143円(1,300×0.11で計算)が発生します。振込手数料は1回につき175円。

よって、この月の手数料の合計は318円です。

ちなみに、冒頭にあった画像は消費税8%のときの売上だったため、手数料312円となっています。

例3:1個1,350円のピアスが3つ売れた

項目 金額
売上 4,050円
販売手数料 444円
振込手数料 175円
合計 3,431円

1個1,350円のピアスが3つ売れた場合、販売手数料として444円(端数は発生件数ごとに切り捨て)が発生します。

計算のポイントは、売上をまとめて計算しないこと。売上合計の4,050円で販売手数料を計算してしまうと445.5円となってしまい、誤差が生じてしまいます。1件ずつ計算し、端数を切り落としてから合算してください。

振込手数料は1つの作品が売れるごとに175円が発生するものではなく、まとめて振り込まれるので175円です。

まとめ

minneの販売手数料は、税抜き10%です。

消費税10%の場合、販売手数料11%となるため、計算式は(作品価格+オプション価格)×0.11です。

振込手数料は、1回の振込につき175円が発生します。1つの作品に対してではなく、1回の振込に掛かる手数料です。

販売手数料や振込手数料は販売サイトによって異なるので、「手数料がちょっと高いな」と感じたら、他の販売サイトと比較してみてくださいね。

minneとCreemaの手数料の違いは?損するのはどっち?
minneとCreemaの手数料の違いは?損するのはどっち?

「minne(ミンネ)」と「Creema(クリーマ)」の販売手数料と振込手数料の違いを徹底比較しました。どっちで売ると手数料がたくさん取られ、損をしてしまうのか?気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを見る

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ネット販売
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.