ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド作品をマネされた!盗作されたときの対処法は?

ハンドメイド作品をマネされた!盗作されたときの対処法は?

投稿日:

ハンドメイド作品の販売をしていると、自分が考えたオリジナルのハンドメイド作品を、ほかのハンドメイド作家にマネ(盗作)されることがあります。

自分のハンドメイド作品を模倣された場合は、どのように対処すべきなのでしょうか?ハンドメイド作家が解説します。

デザインをマネする違法性

アクセサリーやバッグ、衣類などの実用品で、量産を前提としてデザインされているものには、「著作権」は発生しません。

自分のデザインを守るためには、「意匠権」「商標権」を申請し、登録する必要があります。

つまり、「意匠権」「商標権」の登録をしていないハンドメイド作品をほかの誰かにマネされても、違法ではありません。

言うまでもありませんが、違法性はないからと言って、誰かの作品をマネするのはモラル違反です。
ハンドメイド作品の販売と著作権
こんな作品は違法!ハンドメイド販売で知っておきたい著作権について

ハンドメイド作品をネットなどで販売する場合、オリジナル品でなければ違法となります。では、どんな作品がNGなのか?具体例をご紹介します。

続きを見る

マネされたときの対処法

ハンドメイド作品をマネされたときの対処法

ハンドメイド作品を誰かにマネされたときの最善策は、無視すること。

盗作した相手に文句を言っても止めてくれません。それどころか、そういう人間を相手にすると、返って嫌がらせを受けたりと、こちらが損をします。

販売サイトの運営に対応をお願いしても、何も変わりませんし、すべて時間の無駄です。

それよりも、もっと良い作品を作ることに時間を割いてください。

自分よりも模倣した方のハンドメイド作品が売れていれば、模倣した方の作品の方がクオリティが高かったり、売り方が上手なだけです。

「気にするな」というのは難しいですが、相手にしない方が得です。

マネされないための対策は?

自分のハンドメイド作品をマネされない対策は、基本的にはありません。ネット販売という特性上、不特定多数の目に触れるため、どうしても誰かに盗作されるリスクがあります。

「意匠権」「商標権」を申請する手もありますが、そうとうなクオリティがなければ、登録ができません。

強いて言うのなら、独自性が高く、技巧的に難しいハンドメイド作品を作り、マネされにくくすることです。「どうやって作ったの分からない」のであれば、盗作のしようがありません。マネされやすい安直な作品は作らないようにしましょう。

ちなみに、プロフィール欄などに「私の作品をマネしないでください」などと注意書きをするのは絶対NG。何も知らない購入者が見たときに不快に感じます。

ハンドメイド販売の禁止行為
あなたは大丈夫?ハンドメイド販売でやってはいけない8つの禁止行為

ハンドメイド作品の販売時に気を付けるべき「やってしまいがちな禁止行為」を8つご紹介します。販売初心者の方はもちろん、販売に慣れている作家さんも初心に帰ってチェックしてみてください。

続きを見る

まとめ

ハンドメイド作品を他の人にマネされても、無視をしてください。

マネした相手に著作権を主張できるわけでもありませんし、文句を言っても止めてはくれません。すべて時間の無駄です。

それよりも、誰にもマネできないようなハンドメイド作品を作ることに時間を割きましょう。

\あなたのシェアがウレシイ/

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

関連記事と広告

-ネット販売
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.