Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

ハンドメイド作品で売れやすい価格帯とは?

2019-06-10

「ゴルディロックスの原理」をハンドメイドの販売価格に応用する方法

ハンドメイド作家

20代女子のハンドメイド作家。義母が手芸講師なので指導を受けながら製作と販売に没頭中!著書『ハンドメイド作品の売り方講座

ハンドメイド作品を販売するとき、同じような価格帯の作品を販売せず、あえて価格帯を3つに分けると真ん中の価格帯が選ばれやすい傾向にあります。これは「ゴルディロックスの原理」という心理傾向です。

この記事では、「ゴルディロックスの原理」とはなにか?具体的にどうやってハンドメイド作品の値付けに応用するのか?解説します。

関連記事
ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選
売上アップを目指すハンドメイド作家に試してほしい7つの心理テクニック

どのようにすれば、お客様の心を動かすことができるのでしょうか?

続きを見る

「ゴルディロックスの原理」とは

お粥

概要

人は選択肢を与えられたとき、極端な選択は避け、「ちょうど良い程度」を選んでしまう心理のことを「ゴルディロックスの原理」と言います。

ゴルディロックスの原理は『三匹の熊』の童話の喩えを借りて名付けられたものである。物語の中にゴルディロックスという名前の少女が登場し、三種のお粥を味見したところ、熱すぎるのも冷たすぎるのも嫌で、ちょうどよい温度のものを選ぶ。

出典:ゴルディロックスの原理 - Wikipedia

ゴルディロックスは、「三匹の熊」というイギリスの童話に出てくる少女の名前。

この少女にお粥を食べさせたところ、「熱いお粥」でも「冷たいお粥」でもなく、「ちょうど良い温度のお粥」を選びました。

このことから、人がつい真ん中を選んでしまう心理を「ゴルディロックスの原理」と名付けました。

ゴルディロックスの原理は、「松竹梅の法則」と同じ心理傾向です。

和食のメニューでよく「松(高い)」「竹(中間)」「梅(安い)」が用意されていますが、これもゴルディロックスの原理を応用しています。

人は高すぎると手を出しにくいと考え「松」は選びません。かと言って、安すぎるのもちょっと物足りないと思い「梅」も選びません。

そこで、ちょうど良い「竹」が選ばれます。

3段階の選択肢があると、真ん中が選ばれるのです。

スポンサーリンク

価格帯を3段階に分けると真ん中が売れる

中間の価格帯が選ばれやすい

ゴルディロックスの原理

ハンドメイド販売にゴルディロックスの原理を応用するなら、同じような価格帯の作品を販売せず、あえて価格帯を3つに分けるといった応用ができます。

応用例

たとえば、

  1. 安め:1,000円
  2. 普通:1,500円
  3. 高め:2,000円

の3段階の価格帯のアクセサリーを用意すると、1,500円のアクセサリーが売れやすい傾向にあります(上図)。

高い作品と安い作品を「おとり」にすることで、売れる作品をコントロールできるのです。

ポイント

ココでポイントなのが、この1,500円の作品を単価率高めにすること。こうすれば、単価率の高い作品が売れやすくなり、効率よく収入を増やせます。

できることなら、商品の並び順を「高い」「普通」「安い」に並び替えてください。価格帯のコントラストが付きやすく、ゴルディロックスの原理の効果が高まるのでおすすめです。

まとめ

ゴルディロックスの原理とは、極端な選択は避け、「ちょうど良い程度」を選んでしまう心理のこと。3段階の選択肢があれば、真ん中が選ばれやすい傾向にあります。

ハンドメイド販売においては、同じような価格帯の作品を販売せず、あえて価格帯を3つに分けるといった応用ができます。すると、真ん中の価格帯が選ばれやすい傾向にあります。

ぜひ、ハンドメイド販売にも応用してみてくださいね!

関連記事
ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方
ハンドメイド作品の値段の決め方は?損しない適正価格の考え方

ハンドメイド作品を販売するときに悩まされる「価格設定」。高すぎても売れませんが、安すぎても経営が苦しくなります。では、いくらに設定するべきか?売る側も買う側も納得できる、「適正価格」の考え方について解説します。

続きを見る

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に
興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「BASE」なら簡単にネットショップが作れますよ。

今すぐネットショップ作成

\この記事は役に立ちましたか?/

当ブログの文章・画像はご自由にご利用いただけます。
SNSやブログでのシェアにぜひご活用ください!
※著作権は放棄しておりません。

-ハンドメイド作品の売り方
-,

© 2020 ハンドメイド作家のブログ