キャラクター生地を使ったハンドメイド作品の販売

キャラクター生地でハンドメイド作品を作って販売は違法?調べてみた

更新日:

バッグや小物入れ、洋服を制作して販売するハンドメイド作家さんであれば、「キャラクター生地を使って販売しても大丈夫か」と疑問に思った経験はありませんか?

私も、有名なテキスタイルメーカーの柄がプリントされているマスキングテープでハンドメイド作品を販売しているので、「これって違法なんじゃ?」と不安になって調べてみました。

キャラクターを無断利用すると違法

キャラクターがプリントされている生地を使って、ハンドメイド作品を制作すること自体は問題ではありません(当たり前ですが)。しかし、営利目的でキャラクターを無断利用すると、著作権法に違反します。

ハンドメイドマーケットでも、キャラクター生地のハンドメイド品の販売を禁止しています。

以下、「minne」のよくある質問より。

原則として、権利侵害の恐れがあるため、キャラクターがプリントされている生地や素材を使った作品、またはそれ自体の販売・展示は禁止しております。
利用許可を得ている場合には、許可を得ていることを必ず対象作品に明記してください。
販売許可の明記が確認できないものについては、許可を得ていないものと判断し、アカウント停止等の対応をさせていただきます。

生地が著作権で守られているか確認する方法

ハンドメイド作品として使いたい生地が、著作権で守られているか?確認する方法があります。

キャラクター生地は明らかにNGですが、著作権マーク(© のマーク)が付いていない生地は、商用利用できる可能性があります。生地の耳(タグ)に、著作権マークや「この布は商用利用できません」などの記載がないか、確認しましょう。

記載がなくても、念のため販売元に問い合わせるのが確実です。

キャラクターを加工して販売はOK?

キャラクターに少し手を加えたり、生地の背景を加工して販売するのも違法です。

たとえば、パソコンでディズニーのキャラクターを描いて、背景をオリジナルにしてもNGです。「自分で描いた」「手作りした」からOKなのではなく、キャラクターをマネして販売すること自体が違法なのです。

そのキャラクターを参考に、元ネタが分からなくなるまでアレンジすれば、違法とはなりません。

柄やパターンは違法になるのか?

キャラクターのほかに、柄やパターンがプリントされた生地・マスキングテープも違法になる場合があります。

たとえば、「マリメッコ」「リバティ」なんかのハンドメイド品をよく見かけますが、この柄やパターンを使って販売するのは違法になる可能性があります。

ただし、ストライプや格子など、一般的な柄であれば違法とはなりません。

まとめ

キャラクター生地を使ったハンドメイド作品の販売は違法です。模倣したと思わせる作品もNGです。

違反した場合、ハンドメイド販売サイトのアカウントが停止されたり、刑事処罰される可能性があります。ハンドメイド販売をするなら、著作権については十分に理解しておきましょう。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ネット販売, ハンドメイド作品の売り方
-,

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.