ハンドメイド販売イベントの値段設定

いくらが正解?ハンドメイド販売イベントでの値段の決め方

更新日:

ハンドメイドの販売イベントに出展するには、それなりの出展料を支払います。そのため、ネットの販売価格のまま売ると大損します。

ネット販売と販売イベントでは、考慮すべき「経費」が全く違うのです。

では、販売イベントに参加する場合、いくらに設定すれば良いのでしょう?この記事で解説します。

ハンドメイド作品の値段の決め方

ハンドメイド作品の販売値段は、原価を算出し、原価の2~4倍ほどの値段を付けると損をしません(詳しくは「ハンドメイド作品の値段の決め方」をご参考に)。

販売イベントの「原価」の例

原価とは、制作に必要になった必要な経費のこと。販売イベントの場合、次の項目が原価に相当します。

  1. 材料費(アクセサリーパーツなど)
  2. 作業代(作業時間)
  3. 出展料
  4. レンタル代(什器など)
  5. 搬入費用
  6. 交通費・宿泊費
  7. その他雑費

ネット販売では上記3~6の項目がないため、ネットの販売価格のまま販売イベントで売ると赤字になります。

イベントでは作品1つ当たりにいくらの経費が掛かるか?予測して計算しましょう。

原価の計算方法

上記の説明だけではちょっと分かりにくいので、例を挙げます。

ハンドメイド販売イベントで、1つ1,000円のピアスを100個売ることを目標とします。この場合、以下のように原価を算出し、販売価格を決めます。

項目 値段 備考
材料費 100円 アクセサリーパーツ・値札代など
作業代 150円 時給900円計算。10分で制作
出展料 150円 出展料15,000円を100で割る
什器 50円 ディスプレイ用品など5,000円を100で割る
搬入費用 20円 自宅から作品を宅配した送料を100で割る
交通費 30円 往復の交通費を100で割る
雑費 50円 飲食代などを100で割る
原価合計 550円 イベントに1出品するのに必要な経費
販売価格 1,650円 原価の3倍で計算

※出展料などは例です。各自調べてください。

ザックリと計算しましたが、こんな感じで原価を計算し、原価の3倍で販売すると、利益が出るので損をしません。

販売イベントの値段決めの注意点

原価(必要経費)を反映させて販売価格が決まったら、販売イベント用に価格を調整します。

ネットの価格とのバランスに注意

什器をたくさんレンタルすると、その分、原価が高くなります。遠方から参加する方は、交通費や宿泊費が余計に掛かりますよね。これらを反映させると販売価格がかなり高くなり、ネットでの販売価格と差が開くでしょう。

でも、「ネット販売」と「販売イベント」の価格の差が開き過ぎると、お客様がイベントで買う意味がなくなります。

たとえば、販売イベントで1,800円で買ったのに、minneで1,000円で買えたことを後で知ったら、お客様はガッカリするでしょう。

差が開かないよう、経費をなるべく削る工夫をしてください。削れるとしたら、什器やディスプレイ用品などのレンタル代です。ブランドイメージが損なわれないよう気を付けながら、経費をできる限り削ります。

買いやすく、キリの良い価格にする

販売イベントでは、現金でのやり取りがメインとなります。中途半端な数字が出るとお釣りの用意が大変になったり、計算が面倒になることも。

端数は切り落とし、計算しやすく、買いやすい値段設定を心がけましょう。たとえば、販売価格が1,650円なら、1,500円か1,600円にすると良いでしょう。

「相場」を意識する

販売イベントには相場があります。ピアスなどの小物なら1,000円台、バッグや衣類なら5,000円前後が相場です。相場より高すぎたり変に安すぎると、お客様に不審に思われて売れません。

原価や相場などを考慮し、販売イベントでの適正価格を求めましょう。

まとめ

販売イベントのハンドメイド作品の値段は、「目標とする売上個数」と「原価」を出して決めています。

ただし、「元を取らなきゃ」と高くなり過ぎないよう注意も必要です。経費をなるべく削る努力もしましょう。

関連記事

値段は、お釣りの計算が楽になるように設定しましょう。お釣りの準備については「ハンドメイド販売イベントのお釣りの用意の仕方」の記事をご参考に。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-販売イベント
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.