ハンドメイド販売イベントの出展準備と売り方

ハンドメイド販売イベントの出展準備と当日の売り方

ハンドメイド販売イベントに出展するのなら、当日までにきちんと準備をして、会場で慌てないように予備知識を入れておく必要があります。

そこでこの記事では、

  • 出展する方法
  • 準備するべきこと
  • 当日の動き

をまとめました。

初出展するハンドメイド作家さんは、一通り目を通しておくと良いでしょう。

販売イベントの申し込み方法

  1. イベントを探す
  2. スケジュールの確認
  3. 申し込み
  4. 審査を受ける
  5. 出展料を振り込む

ハンドメイド販売イベントに出展したいなら、まずはどんなイベントがあるのか?探しましょう。

参加したい販売イベントが見つかったら、申込前にスケジュールをよく確認し、会場の雰囲気を入念に調べておくこと。また、販売イベントの参加規約もよく読んでおいてください。

自分の作品や会場の雰囲気とマッチしていそうなら、各販売イベントの公式サイトから申し込みます。

販売イベントの準備

ハンドメイド販売イベントの準備

販売イベントへの出展が決定したら、当日までに

  1. 什器・ディスプレイ用品
  2. 値札・商品タグ
  3. おつり

の3つを手配しておきましょう。

什器・ディスプレイは会場でレンタルできることも。レンタル代が掛かるので、よく検討してから導入しましょう。

商品数の決め方

ハンドメイド販売イベントの商品数

販売イベントの商品数は、販売スペースにディスプレイできる数をイメージして決めます。テーブルの上に並べるのなら、何個くらい置けるか?シュミレーションしましょう。

商品数の目安が決まったら、その1.5~2倍を在庫(補充)用として用意します。

少なすぎると見栄えが悪くなり、逆に多すぎると持ち運びが大変になるので、適切な量を考えてくださいね。

値段の決め方

ハンドメイド販売イベントの値段設定

ハンドメイド作品の値段を考えるときは、原価を算出し、原価の2~4倍ほどの値段を付けるのが基本です。

販売イベントでは、次のような項目が原価に相当します。

  1. 材料費(アクセサリーパーツなど)
  2. 作業代(作業時間)
  3. 出展料
  4. レンタル代(什器など)
  5. 搬入費用
  6. 交通費・宿泊費
  7. その他雑費

ネット販売とは違い、出展料や交通費などが多く掛かりますね。

とは言え、高くなり過ぎるのも良くありません。経費をなるべく削り、ネット販売の価格と差が開かないように努力しましょう。

当日の持ち物

ハンドメイド販売イベント当日の持ち物

販売イベントでは、次のような持ち物が必要です。

  • 販売作品
  • 出展者パス
  • 事務用品・文房具
  • お釣り
  • 什器・ディスプレイ用品
  • 名刺(ショップカード)
  • 看板・POP・予備の値札
  • ラッピング用品・レジ袋
  • 防寒具
  • 金庫
  • 飲食物
  • スリッパ
  • ゴミ袋・レジ袋
  • 充電器

全部が必要な持ち物ではありません。あれこれ持って行くと、当日に大変な思いをします。吟味して、ホントに必要な持ち物だけ持って行きましょう。

お釣りの用意

ハンドメイド販売イベントのお釣り

販売イベントのお釣りは、合計3~5万円分くらいを用意しましょう。

硬化・紙幣の枚数は、販売するハンドメイド作品の価格帯から使われる硬化・紙幣を予測し、用意するのが基本です。お釣り用の小銭は、銀行で両替できますよ。

販売イベント当日の売り方

ハンドメイド販売イベント当日の流れ

当日の流れ

販売イベント当日の流れは以下の通り。

  1. 搬入
  2. 周りの作家さんにあいさつ
  3. 販売準備
  4. 販売開始
  5. 撤収

ハンドメイドの販売イベント当日は、「参加者用の開場時間」の前に到着し、開場になったら自分のブースに行って、周りのブースにあいさつしましょう。

当日は準備段階から焦ることが多くなるとは思いますが、ゆっくりと、落ち着いて販売を楽しんでくださいね。

接客のコツ

ハンドメイド販売イベントの接客

販売イベントでは、接客の仕方(お客様との接し方)が売れ行きに直結します。

接客のコツは、

  1. 笑顔であいさつ
  2. 適度な距離感
  3. 選択肢を与える

の3つ。

まずは「こんにちは」と笑顔で迎えます。お客様がハンドメイド作品に興味を持っていそうなら、積極的に話し掛けてみましょう。話し掛けてみて反応が今一つなら、一旦引いて様子を見てください。

なかなかクロージングできないのなら、他の作品を提案するなど、「選択肢」を与えて上手くクロージングするように。

販売イベントが終わったら

ハンドメイド販売イベントが終わったら

販売イベントが終わったら、早めに

  1. 反省点を整理する
  2. 改善点を考える
  3. 交流した人に連絡する

の3つを済ませましょう。

しっかりと反省して改善策を練れば、次回のイベントに活かせます。

また、交流したハンドメイド作家さんにお礼のメールを送っておくと、仕事につながる可能性大。このチャンスを逃さないよう連絡しておきましょう。

まとめ

ハンドメイド販売イベントは、参加費だけでも膨大な費用が掛かり、準備にも時間が掛かります。

せっかくの出展をムダにしないよう、しっかりと準備を整えて、有意義のあるイベントにしてくださいね。

2018/5/24

配送物の厚みを確認する「厚さ測定定規」の作り方

製作費0円!自宅にあるものだけでカンタンに「厚さ測定定規」を作る方法をご紹介します。

続きを読む

ハンドメイド作品用の撮影ボックス

2018/5/24

ハンドメイド作品の写真がキレイに撮れる「撮影ボックス」を買ってみた

ハンドメイド作品の撮影用に便利な「撮影ボックス」を買ってみたので、どれくらいキレイな写真が撮れるのか?などをレビューします。

続きを読む

メルカリの匿名配送のやり方

2018/5/24

「メルカリ」匿名配送のやり方と仕組み

フリマアプリ「mercari(メルカリ)」の匿名配送のやり方をご紹介します。配送設定や、実際に売れたときの配送の流れ、注意点なども詳しく解説します。

続きを読む

配色アイデア手帖

2018/5/24

コレは便利!ハンドメイド販売で役に立った5つの神器

ハンドメイド作品をネットで販売している私が、「コレは制作が快適になるなぁ」「この道具は配送のときに便利だなぁ」と思った、おすすめのツールをご紹介します。

続きを読む

ネコポスの箱が売っている店

2018/5/24

「ネコポスの箱」ってどこに売ってる?調べてみた

ヤマト運輸が提供する配送サービス「ネコポス」の箱は、どこのお店で売っているのか?調べてまとめました。

続きを読む

配送方法「ゆうパケット」

2018/5/24

「ゆうパケット」とは?メリット・デメリットは?調べてみた

出品商品を簡単に配送できるサービス「ゆうパケット」のメリット・デメリットを調べてみました。

続きを読む

配送方法「クリックポスト」

2018/5/24

「クリックポスト」のメリット・デメリット

クリックポストの概要や、クリックポストで送るメリット・デメリットをまとめました。

続きを読む

配送方法「レターパック」

2018/5/24

「レターパック」の配送日数とメリット・デメリット

レターパックで配送すると、どれくらいでお客様に配達されるのか?また、ほかの配送方法と比べて、どんなメリット・デメリットがあるのか?まとめました。

続きを読む

配送方法「スマートレター」

2018/5/24

「スマートレター」はポストに届く?配送日数は?調べてみた

スマートレターはお客様のポストに届くのか?対面でのお渡しになるのか?また、配送日数はどれくらい掛かるのか?調べました。

続きを読む

配送方法「ゆうメール」

2018/5/24

「ゆうメール」とは?送れるモノや配送日数について調べてみた

「ゆうメール」で送れるモノや、配送料金、配送日数などの基本的なことから、ゆうメールを利用するメリット・デメリットなどをまとめました。

続きを読む


ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.