ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド販売イベント当日の流れ

ハンドメイド販売イベント当日の流れ【初出展者必読】

更新日:

ハンドメイド販売イベントの当日は、家を出る前は忘れ物がないかチェックし、会場までのアクセスを確認し、到着したら準備して…と、何かと大忙し。

この記事に「会場に着いてからの準備~撤収までの大まかな流れ」をまとめておいたので、当日に慌てないように目を通しておいてください。

販売イベント当日の流れ

イベントにもよりますが、当日は次のような流れとなります。

  1. 搬入
  2. 周りの作家さんにあいさつ
  3. 販売準備
  4. 販売開始
  5. 撤収

なるべく早めに到着して、余裕をもって準備ができるようにしましょう。

搬入

販売イベント当日は、参加者用の開場時間前に到着をし、自分のブースの準備をしましょう。電車でアクセスする場合、遅延のことも考えて時間には余裕を持つこと。

事前に宅配で作品や什器を搬入した場合は、不足がないか点数を確認しましょう。

周りの作家さんにあいさつ

搬入が終わったら、自分のブースの周りの作家さんにあいさつをします。相手からされるのを待つのではなく、積極的に自分からあいさつをしましょう。

あいさつをするときは、名刺やショップカードを持って「今日はよろしくお願いします。○○(ピアスなど)を販売している○○(氏名)です」と丁寧に。

きちんとあいさつをしておくと、席を離れるときに頼むこともできますし、イベント終了後に仕事につながる可能性もありますよ。

忙しそうにしているのなら、様子を見てからあいさつをしましょう。

販売準備

あいさつが済んだら、自分のブースを整えましょう。事前に考えておいたレイアウトをもとに、什器や商品を並べ、ディスプレイしていきます。

看板やPOPは、他のハンドメイド作家さんやお客様の迷惑にならないように。

一般会場の時間を確認して、時間を図りながら準備をしましょう。隣のブースの準備が早いと焦ってしまいがちですが、自分のペースでゆっくりと、慌てずに準備してくださいね。

準備が終わったら、他のハンドメイド作家さんのディスプレイを見て参考にしたり、会場をぐるっと見渡して気持ちを落ち着かせましょう。

販売開始

一般会場の時間になったら、お客様が流れ込んできます。作品に興味を持ってくれたお客様には積極的に話しかけましょう。作品制作の背景について簡単に話すと喜ばれるかもしれません。

ブースに来てくれたお客様には、名刺・ショップカードやチラシをお渡ししておくと、そのときは売れなくても次につながります。必ず作っておくこと。

2人以上で出展するのなら、会計役と接客役など、担当を振り分けること。

余裕があれば、周りのブースの接客を見て勉強しましょう。

撤収

イベントが終了したら、速やかに撤収作業に入ります。

忘れ物やゴミがないかよく確認し、周りのブースのハンドメイド作家さんに「今日はありがとうございました。また機会があれば、よろしくお願いします」など、お礼をしておきましょう。

親しくなったハンドメイド作家さんがいれば、販売イベントの接客のコツを聞いておくと良いでしょう。

まとめ

ハンドメイドの販売イベント当日は、参加者用の開場時間前に到着をし、開場になったら自分のブースに行き、周りのブースの作家さんにあいさつをしましょう。

当日は準備段階から焦ることが多くなるとは思いますが、ゆっくりと、落ち着いて販売を楽しんでくださいね。

関連記事

イベントが終わったら、次に活かせるよう当日中に反省しておくこと。詳しくは、「ハンドメイド販売イベントが終わったらやるべき3つのこと」の記事をご参考に。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

関連記事と広告

-販売イベント

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.