販売イベント

ハンドメイド販売イベント当日までにやるべき3つの準備

この記事は約3分で読めます。

ハンドメイド販売イベントの準備

販売イベントに初出展するってワクワクしますが、その反面、どんな準備が必要かって不安になりますよね。

そこでこの記事では、イベント当日までに最低限やっておきたい準備を3つに絞っておきました。

販売作品を用意するのは当たり前なので、それ以外で何を準備すれば良いのか?まとめました。

準備1:什器・ディスプレイ用品を手配

当日までの準備で、もっとも早い段階で済ませておきたいのが、販売イベントに並べる作品のディスプレイを決め、飾るのに必要な什器類を手配すること。

イベントで使う什器の例

販売するハンドメイド作品にもよりますが、主に次のような什器を使います。

  • テーブルや座卓
  • イス
  • ハンガーラック
  • トルソー(マネキン)
  • 鏡(姿見か卓上鏡)
  • ライト
  • 電源(ライトや充電用)
  • 仕切り
  • POP
  • 看板

ほとんどの会場では、上記の什器やディスプレイ用品をレンタル(有料)ができます。

たとえば、テーブルは1日で2,000円、イスは500円くらいします。テーブルを持ち込むのはさすがに難しいと思いますが、折りたたみイス・鏡・ライトは持ち込んだ方が良いでしょう。

隣のブース(お店)とスペースを区切るための仕切りパネルも、場合によっては必要です。これもレンタルできます。

ちなみに、イス・テーブルなどの最低限の什器は出展料に含まれていることもあります。詳細は、各販売イベントの公式サイトで確認してみましょう。

[スポンサーリンク]

準備2:値札・商品タグを作る

ハンドメイド販売イベントの値札・商品タグ

次に取り掛かるべきことは、ハンドメイド作品の値札や商品タグの準備。

値札・商品タグは、早めに作製して作品に付けておいてください。後で付けておこうと思っても、付け間違えたり、急な用事が入って付けられなくなりことも考えられるからです。

販売イベントでは現金でのやり取りがメインとなるため、値段は計算しやすいようにキリが良い数字にしましょう。お釣りも少なくて済みます。

ハンドメイド販売イベントの値段設定
いくらが正解?ハンドメイド販売イベントでの値段の決め方

ハンドメイドの販売イベントでは、ネットでの販売価格と同じ値段で売ると損をします。いくらが正解か?この記事で解説します。

続きを見る

準備3:お釣りを用意

ハンドメイド販売イベントのお釣り

ハンドメイド販売イベントの当日、意外と「釣り銭不足」で困ることがあります。

たとえば、1,000円台のハンドメイド作品を多く作っている方は、千円札は自然と集まってきますが、小銭が不足しがちに。コンビニなどに両替に行こうにも、ブースからなかなか席を外せないことも。お釣りは、小銭なども考えて不足しないように用意しておきましょう。

また、当日の現金の管理は、小型の金庫を持っていくと安心ですよ。

まとめ

ハンドメイド販売イベントに初出展する方は、当日までに

  1. 什器・ディスプレイ用品
  2. 値札・商品タグ
  3. おつり

の3つを用意しておきましょう。

什器・ディスプレイ用品のレンタルは、早い者勝ちになることも。早めに申し込みをしましょう。

ハンドメイド販売イベントのお釣り
ハンドメイド販売イベントのお釣りの用意の仕方

ハンドメイド販売イベントのお会計で必要な「お釣り」。いくらくらい用意すべきなのか?この記事で解説します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

-販売イベント

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.