ハンドメイド販売イベントの商品数

何個用意すべき?ハンドメイド販売イベントの商品数の決め方

更新日:

ハンドメイドの販売イベントへの出展が決まったら、まず気になるのが「どのくらい商品を作るべきか?」ですね。

商品数が決まれば、イベント開催日から逆算して1日何個くらい作れば良いか、スケジュールが立てられます。

では、何個用意すべきなのか?販売イベントの商品数の決め方を解説します。

販売イベントの商品数の決め方

販売イベントの商品数は、会場の販売スペースに「いくつディスプレイできるか」考えてから決めるのが基本です。

多すぎも少なすぎもダメ

販売スペースが広いのにディスプレイがスカスカだと、見栄えがよくありません。在庫切れのリスクもあります。少なすぎるのは絶対にNG。

だからと言って、多めに持っていこうとすると持ち運びに苦労します。ギュウギュウに詰めてディスプレイすると、目移りするので売れなくなる可能性もあります。

適切な量を考えましょう。

シミュレーションして決める

適切な量を考えるには、シミュレーションすることが大切です。

小物のハンドメイド作品であれば、基本的にテーブルの上にディスプレイすることになるでしょう。販売スペースのテーブルの「幅」と「奥行き」を確認し、自宅でシミュレーションしてみてください。

シミュレーションすると、どれくらい置けるかが分かりますよね。あとは、在庫分も用意します。

具体的には?商品数の計算方法

具体的に何個くらい持っていくべきか?は、作品のジャンルや販売スペースの広さ、ディスプレイ方法にもよります。

商品数の計算例

私は、幅0.9m×奥行0.45mのテーブルにアクセサリーを販売する場合、60~70点くらいディスプレイができました。

売れるとディスプレイのボリューム感がなくなってくるので、これに30個くらいを在庫(補充用)として持っていきます。

つまり、アクセサリーをイベントで販売する場合は、だいたい100個くらいを用意します。

売りたい数を決めて、その目標の1.5~2倍くらいを目標として用意しましょう。

まとめ

ハンドメイド販売イベントの商品数は、販売スペースにディスプレイできる数をシミュレーションして決めます。商品数の目安が決まったら、その1.5~2倍を在庫(補充)用として用意しましょう。

少なすぎると見栄えが悪くなり、多すぎると持ち運びが大変になるので、適切な量を考えてくださいね。

関連記事

商品数が決まったら、イベント用の値段も考えましょう。詳しくは「ハンドメイド販売イベントの値段の決め方」の記事をご参考に。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

関連記事と広告

-販売イベント

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.