販売イベント

何個用意すべき?ハンドメイド販売イベントの商品数の決め方

この記事は約2分で読めます。

ハンドメイド販売イベントの商品数

ハンドメイドの販売イベントへの出展が決まったら、まず気になるのが「どのくらい商品を作るべきか?」ですね。

商品数が決まれば、イベント開催日から逆算して1日何個くらい作れば良いか、スケジュールが立てられます。

では、何個用意すべきなのか?販売イベントの商品数の決め方を解説します。

販売イベントの商品数の決め方

販売イベントの商品数の決め方

販売イベントの商品数は、会場の販売スペースに「いくつディスプレイできるか」考えてから決めるのが基本です。

多すぎも少なすぎもダメ

販売スペースが広いのにディスプレイがスカスカだと、見栄えがよくありません。在庫切れのリスクもあります。少なすぎるのは絶対にNG。

だからと言って、多めに持っていこうとすると持ち運びに苦労します。ギュウギュウに詰めてディスプレイすると、目移りするので売れなくなる可能性もあります(決定回避の法則)。

適切な量を考えましょう。

[スポンサーリンク]

シミュレーションして決める

適切な量を考えるには、シミュレーションすることが大切です。

小物のハンドメイド作品であれば、基本的にテーブルの上にディスプレイすることになるでしょう。販売スペースのテーブルの「幅」と「奥行き」を確認し、自宅でシミュレーションしてみてください。

シミュレーションすると、どれくらい置けるかが分かりますよね。あとは、在庫分も用意します。

具体的には?商品数の計算方法

販売イベントの商品数の計算方法

具体的に何個くらい持っていくべきか?は、作品のジャンルや販売スペースの広さ、ディスプレイ方法にもよります。

商品数の計算例

一度に陳列できる商品数60~70点
在庫用の商品数30点
合計(売り上げ目標)100点

私は、幅0.9m×奥行0.45mのテーブルにアクセサリーを販売する場合、60~70点くらいディスプレイができました。売れるとディスプレイのボリューム感がなくなってくるので、これに30個くらいを在庫(補充用)として持っていきます。

つまり、アクセサリーをイベントで販売する場合、だいたい100個くらいを用意し、コレを売り上げ目標として参加します。

まとめ

ハンドメイド販売イベントの商品数は、販売スペースにディスプレイできる数をシミュレーションして決めます。ディスプレイできる商品数の目安が決まったら、その1.5~2倍を在庫(補充)用として用意しましょう。

少なすぎると見栄えが悪くなり、多すぎると持ち運びが大変になるので、適切な量を考えてくださいね。

ハンドメイド販売イベントの値段設定
いくらが正解?ハンドメイド販売イベントでの値段の決め方

ハンドメイドの販売イベントでは、ネットでの販売価格と同じ値段で売ると損をします。いくらが正解か?この記事で解説します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

-販売イベント

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.