ハンドメイド作品の売り方

「決定回避の法則」をハンドメイド販売の商品数に応用する方法

この記事は約3分で読めます。

「決定回避の法則」をハンドメイド販売の商品数に応用する方法

決定回避の法則は、ハンドメイド販売にも応用ができます。うまく活用することで売上アップにつながるかもしれません。

この記事で決定回避の法則とは何か?ハンドメイド販売にどのように応用できるか?ご紹介します。

「決定回避の法則」とは?

ジャム

概要

人は選択肢が多すぎると、結局何も選ぶことをしなくなります。選択肢が多いと、どれを選べば良いか?と迷っているうちに判断ができず、選ぶ行為を放棄してしまうのです。

この心理傾向を「決定回避の法則」またの名を「ジャムの法則」と呼びます。

「ジャムの法則」と呼ばれる理由は、ジャムを使った実験が由来です。

コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授が、スーパーの売り場に「6種類のジャム」と「24種類のジャム」を並べた結果、6種類の方が売り上げが高かったことが証明されているのです。

24種類のジャムの売り場は、6種類のときに比べて10分の1しか売り上げなかったそうです。

たとえば、居酒屋で何かおつまみを注文しようとしたとき、壁一面にたくさんのメニューが貼られていたら、「どれにしよう?」と迷いますよね。

次第に選ぶのが面倒になり、他の人に注文を任せたり、お店の人に「おすすめは?」と聞いて判断する人もいるでしょう。これが決定回避の法則(ジャムの法則)です。

選択肢が多すぎるのは、一概に良いこととは言い切れません。

逆に、ある程度メニュー数が限られていた方が、選びやすいと言えます。

[スポンサーリンク]

ハンドメイド販売への応用

選択肢が多すぎると選べない

決定回避の法則

ハンドメイド販売に決定回避の法則を応用するなら、商品数(作品の数)やカラーバリエーションを増やし過ぎず、選びやすいように厳選するといった手段が考えられます。

たとえば、作品を20種類並べるよりも、売れ筋の6種類に厳選した方が、購入者は選びやすくなります(上図)。

作品一覧ページに何十種類、何百種類もハンドメイド作品が並ぶと、購入希望者は色や素材、価格などの違いを比較しはじめます。比較検討は、お客様にとって負担な作業です。

次第に選ぶのが面倒になり、購入を諦めてしまう可能性があります。

商品数は、増やし過ぎないように注意しましょう。

作品数が少ない方が、「この作家さんはこの作品に自信を持っている」と安心感を与えられます。

まとめ

ハンドメイド作品を販売するうえで、商品数やカラーバリューエーションの多様性は重要です。たくさん選択肢があれば、お客様の細かいニーズに答えられる可能性があるからです。

ですが、あまりにも商品数が多いと、お客様に選ぶ負担を与えてしまい、売り上げが下がる可能性があります。

ですので、ハンドメイド販売においては、商品数を増やし過ぎないようにしましょう。

ある程度商品数が限られている方が、迷う必要がないため選びやすくなり、結果的に購入率アップにつながります。

売れていない作品は出品せず、ちょうど良い商品ボリュームを目指しましょう。

ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選
ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選

ハンドメイド販売の売上アップにつながる、心理テクニックをご紹介します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ハンドメイド作品の売り方
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.