minneやCreemaで売れたらどうする?受注~発送の基本の流れ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

2017-04-27

minneやCreemaで売れたらどうする?受注~発送の基本の流れ

minne(ミンネ)やCreema(クリーマ)といったハンドメイドマーケットに作品を出品し、その作品が売れると、サイト側から受注連絡が入ります。

はじめての受注連絡は、嬉しい反面「この後、どう対応すればいいか」と困惑するもの。

ここでは、ハンドメイド作品が売れたあとの流れを詳しく解説しますので、この流れを参考に対応してください。

【あわせて読みたい】

受注~発送までの流れ

受注から発送までの大まかな流れは次の通り。

1つずつ詳しく解説します。

受注連絡が届く

売れたら受注連絡が届く

お客様からの注文が入ると、受注完了のお知らせがメールやプッシュ通知で届きます。

以下、minneで売れたときに届く実際のメールです。

○○様

こんにちは。minneです。

本日、minneに出品中の作品が注文されました。

なお、購入者さまによる代金のお支払い、ならびに入金確認まで完了しております。
注文内容をご確認のうえ、お早めに作品の発送をお願いいたします。

(以下、省略)

※通知内容はお客様の決済方法によって異なります。

通知では、注文された作品や点数、金額などが分かりますが、購入者情報までは分からないようになっています。詳しい情報を確認するためにも、管理画面にログインしましょう。

minneなら「売れたものページ」で確認ができます。

スポンサーリンク

支払い状況を確認

決済方法によって変わる対応

ハンドメイドマーケットにログインができたら、まず入金状況(決済方法)をチェック。入金状況によって、このあとの対応の流れが変わります。

入金状況は受注の連絡(メール)でも確認ができますが、念のため、サイトにログインしてチェックすると良いでしょう。

支払い方法はサイトによって異なりますが、大きく分けて次の2つあります。

ハンドメイド作家
入金が済んでいたらすぐに「発送準備」へ。入金がまだなら何もせず、待ちます。

※決済方法は登録サイトがそれぞれ用意しているもので、お客様が自由に選びます。販売者(ハンドメイド作家)が設定するものではありません。

クレジット決済の場合

お客様がクレジットカード決済を選択した場合、注文と同時に入金ができています。

入金されていたら、購入者情報(お客様の住所)が記載されているはずです。すぐに発送準備に入りましょう。

コンビニ・銀行振込の場合

銀行振り込みやコンビニ振込の場合は、入金されるまで詳しい購入者情報などは記載されていません。お客様からの入金が確認できてから、発送作業に入りましょう。

入金には期限があり、それを過ぎると自動的にキャンセルとなってしまいます。クレジット決済と違い、お客様が振り込みを忘れていたり、キャンセルされることも考えられます。

ハンドメイド作家
「梱包まで準備したのに、入金前にキャンセルになってしまった」となったら苦労が水の泡。入金がきちんと確認できるまで待ちましょう。

入金の確認ができるまでは、1~2日ほど時間がかかります。休日や連休を挟む場合、それ以上かかります。

入金が確認できたら、お客様の住所がはじめてサイトに表示されます。

未入金で「発送して」と言われたら?

お客様の中には、入金が確認できていない状態で「入金したから早く送って」とお願いする方もいます。

早く届けてほしい気持ちも分かりますが、未入金で発送するとトラブルの原因になります。お断りするか、入金が確認できるまで待つようにお願いしましょう。

お客様にメッセージを送信

ハンドメイドのメッセージの例文

注文内容や入金状況が確認できたら、お客様にメッセージを送信します。

メッセージを送信する義務はありませんが、送っておくとお客様に感謝の気持ちと「発送準備に入ります」という意思が伝わるので親切です。時間があれば、お礼のメッセージを送っておきましょう。

minneの場合、ログインして「売れたもの」ページへアクセスし、注文者の「メッセージ」をクリックすると、お客様と連絡が取れます。

スポンサーリンク

作品を梱包して発送

ハンドメイド販売イベント当日の流れ

お客様にお礼のメッセージを送ったら、作品の梱包作業に入ります。

前述した通り、未入金の場合はキャンセルの可能性もあるので、入金があるまでひたすら待ちます。

発送時には作品はもちろん、梱包資材や納品書が必要になります。梱包作業まで済ませたら、指定した配送方法で作品を発送します。

ハンドメイド作品を梱包するときのポイントは次の4つ。

納品書やお礼状は同梱しなければならないものではありません。でも、あった方が誠意が伝わり、高評価やリピーターにつながります。

納品書は、サイト側のフォーマットをつかえばカンタンに作成できるようになっています。

以下の記事では、オリジナリティある納品書の作り方をご紹介していますので、自作したい方はご参考に。

関連記事
ハンドメイド作品に同封する納品書の書き方【テンプレートあり】
ハンドメイド作品に同封する納品書の書き方【テンプレートあり】

ハンドメイド作品をお客様や取引先に納品するときに発行する「納品書」の書き方やテンプレートをご紹介します。

続きを見る

お礼状は、買っていただいた感謝の気持ちが伝わるように、時間をかけて手書きで書きましょう。

関連記事
ハンドメイド作品に添えるお礼状・サンキューカードの例文集
ハンドメイド作品に添えるお礼状・サンキューカードの例文集

ハンドメイド作品が売れてお客様に発送するとき、作品に同梱するのが「お買い上げありがとうございます」の気持ちを込めたお礼状やサンキューカード。この記事では、そのお礼状やサンキューカードに書く内容を例文としてご紹介します。

続きを見る

「発送完了」をクリック

発送後はサイトの取引画面にある「発送完了」ボタンを押しましょう。

このボタンを押すことで、購入者に通知が届くようになっています。発送通知がない状態で作品が届くとクレームになることもあるので忘れずに。

ハンドメイド作家
受注から発送までの基本的な流れは以上です。
関連記事
ハンドメイド販売でクレームを受けたときの正しい対応と謝罪例文

ハンドメイドマーケットでの販売で避けて通れないのがお客様からのクレーム。 対面販売とは違い、実物を見ることのできないネット販売では何かしらのクレームを受けることがあります。 クレームの内容として多いの ...

続きを見る

スポンサーリンク

納品後にやるべきこと

ハンドメイドの銀行口座の作り方

お客様に作品を発送して数日経過したら、ハンドメイドマーケットにログインし、売上や評価(レビュー)を確認します。

売上の確認

売上は、ハンドメイドマーケットの規制に基づき振り込まれます。いつ振り込まれるのか、手数料はいくらかなどはサイトによって異なります。そちらもあわせて確認しましょう。

振込先の口座登録が完了していない状態であれば、すぐに済ませてください。一部のハンドメイドマーケットは口座を登録せずに、作品を販売できるようになっています。

口座登録ができていなくても、お客様に迷惑が掛かることはありません。でも、口座を登録しないと、せっかくの売上金も、永遠に振り込まれません。

発送・梱包作業が落ち着いてからで構わないので、口座を入力しておきましょう。

レビューのチェック

お客様からレビューがあったら、できれば返信を。レビューは他のお客様の目に触れ、安心感や信頼感を与えるものです。

低評価は他のお客様に不安を与えてしまうものですが、販売者から丁寧な返信を送ることでカバーできます。

関連記事
minneでお客様からレビューをもらったときの返信例文8つ
minneでお客様からレビューをもらったときの返信例文8つ

ハンドメイド販売サイトでお客様から作品に対するレビューをもらった場合、どのように返信すべきなのか?例文とともに解説します。

続きを見る

まとめ

ハンドメイド作品がネットで売れたときの、受注から発送までの流れをもう一度おさらいします。

出品後はこまめに受注連絡を確認し、なるべく迅速に対応するように心がけてください。対応が遅いとクレームにつながったり、評価が下がります。

【関連記事】

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常)

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 みき

20代女子のハンドメイド作家。半年間売上ゼロ→1日10時間制作に没頭→半年後に1,000円の売上→徐々に注文が増える→1年後に個人事業主に。

プロフィールYouTubeInstagramPinterest

-ネット販売
-