ハンドメイドはミンネとメルカリどっちで売るのがおすすめ?

【ミンネvsメルカリ】ハンドメイド売るならどっちがおすすめ?

更新日:

ハンドメイド作品を売るなら、ハンドメイドマーケット最大手の「minne(ミンネ)」と、フリマアプリ最大手の「mercari(メルカリ)」のどっちが良いのか?

ミンネとメルカリの特徴をそれぞれ比較したので、個人的な見解を述べます。

ミンネで売ってみたいけど、メルカリも気になる…。
どっちで売れば失敗しないか?比較してみたよ。

ミンネとメルカリの違い

まずは、ミンネとメルカリを比較して違いを整理しました。下記の表をご確認ください。

  minne(ミンネ) mercari(メルカリ)
販売できる物 ハンドメイド品のみ ハンドメイド品以外も可
手数料 本体価格の10% 本体価格の10%
客層 20~30代の女性 学生中心

どちらもハンドメイド作品の販売は可能で登録も簡単でしたが、客層などに違いがあります。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

minne(ミンネ)の特徴

minneのPC版販売サイト

ミンネは、国内最大級の「ハンドメイドマーケット」です。

ハンドメイドマーケットとは、完全オリジナルの手芸品を、個人間で売買できるよう仲介してくれるサイトのこと。ミンネの他に、Creema(クリーマ)なども人気のハンドメイドマーケットです。

ミンネは1番人気のハンドメイドマーケットだよ。

販売できる物

ミンネで出品・販売できるものは、完全オリジナルのハンドメイド作品のみです。

「大量生産されている既製品」や「第三者様が制作した雑貨やアクセサリー」などは販売できません。

手数料について

ミンネの手数料は、販売手数料のみです。

登録・出品・月額料金は無料で、ミンネに出品した作品が売れた場合、作品価格+オプション価格の10%(税抜)が発生します。

手数料はメルカリと同じ。

客層について

ミンネを利用するお客様は、20~30代の女性が9割。働く女性や主婦層が多くみられます。

「既製品にはない手作り品の魅力」に惹かれて購入してくださる方が中心です。

ミンネは社会人の女性客がメインなんだぁ。

mercari(メルカリ)の特徴

フリマアプリ「メルカリ」

メルカリは、国内最大級のフリーマーケット(フリマ)アプリです。フリマアプリでは、フリーマーケットのように、自由に商品を売ったり買ったりができます。

メルカリの他に、ラクマ(Rakuma)なども人気のフリマアプリです。

メルカリは1番人気のフリマアプリだよ。

販売できる物

メルカリでは、ハンドメイド作品以外にもさまざまな物が出品・販売できます。着なくなった服や小物、本なども売れます。

「偽ブランド品」など法を犯す物は販売できません。

手数料について

メルカリの手数料は、販売手数料のみです。

登録・出品・月額料金は無料で、メルカリで取引完了した際、出品者の売上には販売手数料10%が差し引かれた金額が反映されます。

ただし、一部のカテゴリーでは、販売手数料とは別にライセンス料が発生します。

手数料はミンネと同じ。

客層について

メルカリの客層は、学生が中心です。

20~40代の主婦・サラリーマンもいますが、「お金がないから、フリマで安く買おう」と思っている学生が多くみられます。

メルカリはミンネよりも若い人が購入するんだね。

ハンドメイド売るならどっちがおすすめ?

ハンドメイドはミンネとメルカリどっちで売るのがおすすめ?

ハンドメイド作品を売るなら、メルカリではなくミンネで売ることをおすすめします。

メルカリは売れない

メルカリを利用するお客様は「フリマで安く買いたい」「値切って安くしよう」と考えている、お金のない学生が中心です。

そういった市場に値が張るハンドメイド作品を出品しても、「なんでこんなに高いの?」と理解されず、なかなか売れません。出品したところで、値切り交渉をされます。

メルカリはトラブルも多い

近年、メルカリは取引に関するトラブル相談が急増しているので注意が必要です。

国民生活センターによると、インターネット上で個人同士が商品などを取引できる「メルカリ」や「ラクマ」などのフリーマーケットアプリやサイトに関する相談は、今年度3330件に上り、この5年で20倍近くに急増している。

出展:“フリマアプリ”トラブル相談5年で20倍|日テレNEWS24

販売者側のトラブルとしては、「発送したのに代金が支払われない」などが多いようです。

気持ち良く取引するならミンネ

メルカリと違って、ミンネのお客様は20~30代の女性が多く、社会人経験をされているので一般常識があります。

何よりも、ミンネのお客様は「既製品にはない手作り品の魅力」に惹かれてハンドメイド作品を探しているため、多少高くても、その価値を分かってくださいます。

学生向けに安いハンドメイド作品を売ろう!と考えている人以外は、ミンネで販売することをおすすめします。

ミンネで売れば失敗しないってことだね!
ミンネはハンドメイド専用サイトだから安心だよ。

まとめ

ハンドメイド作品を売るなら、ハンドメイドマーケット「minne」で販売することをおすすめします。

メルカリを悪く言うつもりはありませんが、中心となって利用している学生のマナーやモラル意識が低いため、メルカリで売るのはやめた方が良いです。

関連記事

もしミンネで販売するなら、「minne販売前の準備・作品の登録方法・受注対応マニュアル」をご参考にしてください。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ネット販売, ハンドメイド作品の売り方
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.