ハンドメイド販売サイトの「発送までの目安」は何日に設定すべき?

更新日:

ハンドメイド販売サイトの出品で「発送までの目安」を決める箇所があります。登録中に悩む作家さんも多いのでは?

「短すぎる」と自分が苦しい思いをしますし、「長すぎる」とお客様をお待たせしてしまいます。

では、発送までの目安はどうやって決めるのか?この記事で解説します。

「発送までの目安」の定義

「発送までの目安」「発送日」とは、入金が確認できてから発送するまでの期限のことを指します。

「到着日」ではない

発送日とよく混同しがちなのが「到着日」。

到着日は、お客様の手元に届く日のことを指します。販売者が「送った日」ではなく、お客様に「届いた日」です。到着日は発送方法やお届け先によって異なるので、お客様に伝えるのは避けましょう。

「注文を受けてから」ではない

発送までの目安でもう1つ注意したいのが、お客様の注文を受けてから発送するまでの期限ではない、と言うこと。

発送までの目安は、お客様が支払い手続き完了し、それを作家が確認してから送るまでの期限となります。クレジットカード決済の場合は、注文と同時に入金が済んでいるため、注文日から数えます。

これは、販売者よりもお客様が勘違いしがちです。

トラブルを防ぐためにも、お客様から注文が入ったら、「入金が確認できてから○日で発送いたします」と連絡するのと安心です。

発送までの目安の決め方

ハンドメイド作品を何日くらいで発送できるのか?は、あなたのライフスタイルを見直して決めましょう。

仕事をしている場合

会社やパートに勤めていて時間に制約がある作家さんは、なかなか時間が取れませんよね。残業があったり、プライベートなどの用事が急に入ってしまうと、制作どころか梱包の時間さえろくにありません。

仕事をしているハンドメイド作家さんは、1週間のスケジュールをしっかり見直し、発送日を決めましょう。

たとえば、平日の夜に制作し、発送は土日にまとめて発送するのであれば、5日前後となります。

専業主婦の場合

時間に余裕がある専業主婦の方であれば、2~3日の生活サイクルを見直し、発送日を決めましょう。

たとえば、平日のお昼に制作し、翌日に発送できるなら、2日前後となります。

ただし、保育園の行事やイベントなどで時間が取れなくなる可能性もあります。余裕を持って、3日前後にすると良いでしょう。

はじめは余裕を持って

注文を受けてから発送する作業は、1度覚えればそれほど難しいことではありません。

ですが、今までアクセサリーを梱包・発送したことがない方は、どうやって梱包する?お礼の手紙は?近くに郵送できる場所は?などで意外と慌てるもの。

慣れるまでは、余裕を持って目安日を決めることをおすすめします。

目安日を過ぎてしまった場合は?

「発送までの目安」はあくまで基準です。「この日までに絶対に送る」という意思表示ではありません。目安日から1~2日ほど過ぎるのはまったく問題ありません。

とは言え、目安日を1日でも過ぎると、不安に思うお客様もいるでしょう。心配であれば、早めに連絡しておくと親切です。お詫びの例文をご用意したので、ご参考に。

【お詫びの例文】

○○様

この度はご注文いただき、誠にありがとうございます。
ご注文いただいた○○の発送日の件でご連絡いたしました。

発送日は、ご入金いただいた○月○日から5日を目安としていましたが、ご注文が殺到しているため、8日に延期となりました。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。

発送が完了いたしましたら、改めてご連絡いたします。今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

まとめ

発送までの目安は、「入金が確認できてから発送するまで」の期限のことを指します。注文されてからではありません。

目安日は、働いている方なら5日前後、専業主婦なら3日前後が良いでしょう。生活スタイルに合わせて、無理のないスケジュールを立ててください。

発送までの目安は1~2日ほど過ぎても問題はありませんが、念のため、お客様にご一報したほうが親切ですよ。

ハンドメイドの作品説明の書き方
【初心者向け】ハンドメイドの作品説明の書き方と例文

続きを見る

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

関連記事と広告

-ネット販売

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.