ハンドメイド販売で学んだことを活かして収入を得る3つの方法

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

2020-02-05

ハンドメイド販売で学んだことを活かして収入を得る3つの方法

ハンドメイド作品を作って、ネットなどで販売したその知識。これからハンドメイド作品を作ってみたい、売ってみたい、と言う方にとっては大変貴重なスキルです。

今回は、そんな貴重な知識を活かし、収入を得る方法をご紹介します。

関連記事

「ココナラ」でスキルを売る

ココナラの特徴

ココナラ

「ココナラ(coconala)」は、知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケットです(以前あったサービス「ココナラハンドメイド」は終了しました)。

ハンドメイド作家さんなら、ココナラで

  • ハンドメイド作品の作り方
  • ハンドメイド販売の悩み・相談
  • 作家デビューの方法

などなど、自分の好きな内容で、好きな値段を設定して販売ができます。

指南書なんかを自作して、それをいくらで売る、なんていう売り方もできると思います。

すでに多くのハンドメイド作家さんがココナラで自分のスキルを出品しているので、どんなスキルを売っているか?参考までに見てみると良いでしょう。

スポンサーリンク

有料noteで売る

noteの紹介ページ

note

「note(ノート)」は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービス。拡散力もあるので、イメージとしては「ブログ型のSNS」と言えばよいでしょうか。

noteは基本無料で誰でもコンテンツを発信したり、読むことができますが、有料記事を作成することも可能です。

たとえば、自己紹介や活動報告などは無料noteで公開し、

  • 売り方のコツ
  • 失敗談
  • 成功談

など、試行錯誤した経験なんかは有料noteで売ってみると良いかもしれません。

有料noteは、コンテンツの値段や有料の範囲を自分で決められます。

ハンドメイド作家さんなら、「ハンドメイド販売で10万円稼ぐ方法」というコンテンツを500円で公開し、コンテンツの一部を非公開にして、「この続きを見るにはnoteを購入してください」にする、なんてことができます。

スポンサーリンク

ハンドメイド教室の講師になる

Craftieでワークショップを登録する手順

ハンドメイドで培った制作スキルは、講師として誰かに教えることもできます。

教えるために必要な資格は特にありません。スキルと教える場所さえ用意できれば、誰でも講師になることができます。

自宅やレンタルスペースでハンドメイド教室を開催したり、単発のワークショップを開催すれば、生徒さんから受講料を得られます。

最近ではオンラインレッスンを簡単に開設できるサービスもあります。ハンドメイドのオンラインレッスンに興味がある方は「MOSH」というサービスを利用してみてください。

先に紹介した「ココナラ」や「有料note」よりもはじめるハードルは高いですが、軌道にのれば、教室運営の方が息が長い仕事になるかもしれません。

関連記事
MOSHでオンラインサービスを販売開始する基本の手順
MOSHでオンラインサービスを販売開始する基本の手順

自分のスキルを手軽に販売できるのが「MOSH」。Zoom連携や月額サブスクの集金システムなどの機能を無料で使え、圧倒的な手数料の安さが特徴です。 MOSHなら登録もサイトの作成も簡単ですが、この記事で ...

続きを見る

まとめ

ハンドメイド販売で学んだその知識、必要としている人がいます。知識や経験は、ビジネスになります。そのままにするのはちょっともったいない気がします。

などで、知識をビジネスに活かしてみてくださいね。

あわせて読みたい

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常)

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 みき

20代女子のハンドメイド作家。半年間売上ゼロ→1日10時間制作に没頭→半年後に1,000円の売上→徐々に注文が増える→1年後に個人事業主に。プロフィール

YouTubePinterest

-ネット販売

© 2021 ハンドメイド作家のブログ