NETSEA(ネッシー)に個人事業主のハンドメイド作家が登録する方法

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

2019-04-25

ハンドメイド作家が個人事業主として「NETSEA」に登録する方法

アクセサリーパーツやハーバリウムなどのハンドメイド素材が安く仕入れられる「NETSEA」。手芸屋さんで買うよりも安いため、経費をグッとおさえることができます。

今回は、そんなNETSEAの登録方法についてご紹介。ハンドメイド作品を販売していて、素材を安く手に入れたい方はぜひ参考にしてください。

「NETSEA」とは?

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)

公式サイトはコチラ

NETSEA(読み方:ネッシー)は、小売店が問屋(卸会社)から商品を仕入れることができるサイトです。

取り扱いジャンルは「ハンドメイド素材(手芸用品)」のほか、「アパレル」「雑貨」「メイク」などもあります。

誰でも仕入れできるの?

NETSEAは、誰でも仕入れができるサイトではありません。仕入れをするためには「バイヤー登録」が必要で、登録の際に法人か個人事業主かを問われます。

NETSEAは誰でも仕入れができるのか?

NETSEAのバイヤー登録画面

NETSEAは企業間取引サイトのため、ビジネス利用を目的としない一般消費者の方のご入会をお断りしております。

出典:https://www.netsea.jp/buyer/register

つまり、一般消費者は利用できませんが、法人や個人事業主なら利用できます。

一般消費者は利用不可

「一般消費者」とは、ビジネスを目的としない利用者のことを指します。

たとえば、趣味でハンドメイドのアクセサリー作るために、NETSEAからアクセサリーパーツを仕入れることはできません。

また、minneなどのハンドメイド販売サイトに出品している販売者であっても、個人事業主の申請をしていない(開業届未提出)と、利用はできません。

スポンサーリンク

法人や個人事業主なら利用可

法人や個人事業主なら、NETSEAで仕入れができます。

ハンドメイド作家の場合、法人化している方は少ないと思いますが、個人事業主として活動されている方は多いかと思います。個人事業主であれば、問題なくNETSEAに登録ができ、仕入れができます。

もし、ハンドメイド販売をしている方で、まだ個人事業主の申請をしていない方は、早めに開業届を提出しましょう。

登録前の準備

前述した通り、ハンドメイド作家がNETSEAに登録するには、個人事業主であることが条件です。また、登録には審査があるため、販売実績があることを証明した方が良いかもしれません。

販売実績を証明するには、自社サイトか出品している販売サイトを紹介すると良いでしょう。

ですので、登録前に

  • 個人事業主の申請(開業届)
  • 販売実績のあるサイト(minneやBASEなど)

を準備しておいてください。

まだ準備ができていない方は、登録は後にしてください。

関連記事
ハンドメイド作家としての開業届の作成・提出方法
ハンドメイド作家としての開業届の作成・提出方法

【記入例あり】minneなどのハンドメイドマーケットや、販売イベントに出店しているハンドメイド作家さんは、開業届を自分で作成して提出しなければなりません。では、開業届はどうやって作成するのでしょうか?ハンドメイド作家が解説します。

続きを見る

NETSEAの登録方法

NETSEAで仕入れをするには、「バイヤー登録」が必要です。登録手順は次の通り。

  1. 「ID・パスワード」を登録
  2. 「会社情報」を登録
  3. 「担当者情報」を登録
  4. 「メール受信設定」を設定

ID・パスワードを登録

NETSEAのIDとPW登録画面

IDとパスワードを登録

NETSEAにログインするときに使用するIDとパスワードを決めます。

忘れないよう、どこかにメモしておきましょう。

会社情報を登録

会社情報を登録します。ここでは、「個人事業主」であることを想定して、登録の例をご紹介します。

会社形態

NETSEAの「会社形態」登録

「個人事業主」を選択

「会社形態」は、プルダウンメニューから「個人事業主」を選択してください。

会社名とフリガナ

NETSEAの「会社名」と「フリガナ」登録

屋号か自分の名前を入力

個人事業主は、「会社名」に屋号を入力します。開業準備中の方は代表者名をご入力ください。

屋号は、絶対になければならないものではありません。開業届を提出するときにも、屋号がなくても申請は通ります(私は屋号のない個人事業主です)。

なので、屋号がなければ「屋号なし」もしくは「代表者氏名(自分の名前)」を記入しましょう。

フリガナも入力します。屋号や代表者氏名を入力した場合はそのフリガナを、屋号なしと入力した場合は「ヤゴウナシ」と入力しましょう。

代表者名とフリガナ

NETSEAの「代表者氏名」登録

「代表者」の名前を入力

個人事業主は、「代表者名」に自分の名前を記入しましょう。

郵便番号~連絡用メールアドレス

NETSEAの「連絡先」登録

郵便番号~連絡用メールアドレスを入力

個人事業主としての所在地を入力します。自宅を事業の拠点として申請しているハンドメイド作家さんも多いかと思いますので、その場合は、自宅の住所を入力すれば問題ありません。

WEBサイトURL

NETSEAの「WEBサイト」登録

販売サイトのURLを入力

ハンドメイド作品を出品しているサイトや、個人で立ち上げたWEBサイトなどがあれば記入しましょう。たとえば、「BASE」で出品しているならその販売ページを入力します。

NETSEAで仕入れるには審査があります。WEBサイトがないとビジネス目的で利用することの証明ができません。自分のネットショップをまだ持っていない方は、BASEやSTORESで作成しておきましょう。

関連記事
「BASE」「STORES」どっちがおすすめ?比較のポイントはこの3つ
BASEとSTORESを徹底比較!どっちがおすすめ?選ぶポイントはこの3つ

ネットショップ作るなら、「BASE」と「STORES」どっちがおすすめ?手数料・入金スピード・クレカ決済の審査の有無を徹底比較しました。

続きを見る

業種

NETSEAの「業種」登録

「ファッション雑貨小売り業」を選択

自分の業種にもっとも近いものを選択します。アクセサリーパーツを仕入れるハンドメイド作家さんは「ファッション雑貨小売り業」が良いかと思います。

担当者情報を登録

NETSEAの「担当者」登録

入力不要

個人事業主の場合、会社情報(事業主)と担当者情報が同一であるかと思いますので、この項目は入力不要です。

メール受信設定を設定

NETSEAの「メール受信設定」登録

メール受信設定

NETSEAからの重要なお知らせメールの配信を希望するか任意で選択します。

以上で、登録は終了です。

登録後、「入会審査」が行われ、審査結果が通知されます。審査が通ったら利用開始です。

※追記:審査に通り、無事に仕入れができました。販売サイトを持っている個人事業主なら、審査はそこまで厳しくないように感じました。

まとめ

NETSEAは、小売店が問屋から商品を仕入れることができるサイトです。ハンドメイド作家なら、アクセサリーパーツといった素材を安く購入ができます。

NETSEAで仕入れができるは、法人か個人事業主です。趣味で手芸をやているような人は対象外です。

利用するにはまずバイヤー登録をする必要があり、審査に通らなければなりません。審査はそこまで厳しくはありませんが、ネットショップを持っていた方が信用されやすいかと思います。持っていない方は、先にネットショップを作ってみましょう。

\今すぐ登録/

公式サイトはコチラ

-手芸店

© 2021 ハンドメイド作家のブログ