ハンドメイド作家の開業届の提出方法

ハンドメイド作家としての開業届の作成・提出方法

更新日:

ハンドメイド作家さんのために、開業届の提出方法や、書類の書き方などをまとめました。実際に開業届を作成したので、その方法もご紹介します。

開業届って何?どこに提出するの?どうやって書くの?…などの疑問を解決します。

「開業届」とは?

開業届

国税庁で配布されている「開業届」

開業届とは、個人事業をはじめたことを国(税務署)に認めてもらうための書類です。正確には「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」と言う書類です。

ハンドメイド作家さんの場合は、「ハンドメイド作品の製造・販売を開始しました!」と国に知らせるための書類、と考えてください。

ハンドメイドの販売に開業届は必要?

ハンドメイドの販売と開業届の必要性

販売したら提出は義務

開業届を提出しなくてもハンドメイド作品の製造・販売は可能です。事実、開業届を提出しないで販売しているハンドメイド作家さんは少なくありません。

ですが、販売を開始したら、その日から1カ月以内に提出するように義務づけられています。

開業届を提出するメリット

開業届を提出するのは面倒ですが、提出することによって、

  • 販売を国に認めてもらえる
  • モチベーションが上がる
  • 青色申告が提出できる
  • プロフィール欄に記載できる

などのメリットがあります。

特に、確定申告で「青色申告」が提出できるようになるのは大きなメリットと言えます(青色申告には開業届と「青色申告承認申請書」の提出が必要です)。

また、プロフィール欄に「開業届 提出済み」などと記載すれば、お客さんも安心して買えますね。

開業届を提出すると、安心して販売ができます。未提出の方は速やかに提出しましょう。

開業届の提出方法

開業届は、届出書を作成のうえ、持参または送付により提出します。手数料は無料。

国税庁の開業届のページ

書式は、最寄りの税務署でもらえるほか、国税庁のホームページよりダウンロードできます(上画像)。国税庁のホームページには、開業届の書き方の記載もあります。

どこに提出するの?

開業届の提出先は、納税地を所轄する税務署です。「税務署」と市区町村の「役所」は違うのでご注意ください。

自宅でハンドメイド作品を制作・販売しているのなら、お住まいの地域を管轄している税務署を、国税庁のホームページからお調べください。

提出期限は?

開業届は、原則として事業の開始の事実があった日から1カ月以内に提出します。ハンドメイドの販売を開始した日から1カ月以内に提出しましょう。

「提出し忘れた」「提出することを知らなかった」と言うハンドメイド作家さんも大丈夫。開業日は自由に決められるため、開業からずいぶん時間が経っている場合も、さかのぼって提出することができます。

開業届はいつでも無料で提出できる書類です。郵送も可能なので、税務署が遠い方もすぐに提出できます。

開業届のおすすめ作成方法

開業届をはじめて提出する人におすすめなのが「開業freee」という会計ソフト。

開業届のおすすめ作成方法

こんな方におすすめ

  • はじめて開業届を書く
  • 開業届の書き方が分からない
  • 書類作成に時間を掛けたくない

簡単な質問に答えるだけで、必要書類を自動で作成することができます。すぐに使えて、費用は無料です。

調べて書く方法もありますが、開業freeeを使った方が時間を節約できます。

\公式サイトはコチラ/

準備(登録と記入例)

まずは、「開業freee」に登録しましょう。

開業freee登録画面

登録は無料なのでご安心を。

「メールアドレス」「パスワード」を登録すると、さっそく質問スタート(下画像)。

開業freeeの準備

各質問の答え方を解説します。

仕事の種類

ハンドメイド作家さんの場合、「仕事の種類」は「フリーランス」を選択します。

「仕事の概要」は、「デザイナー・クリエイター」を選択するか、任意で「ハンドメイド品の販売」などと記載しても良いでしょう。

その仕事はいつから始めますか?

開業日は任意で設定できます。今日からでも、1年前からでも構いません。

収入はいくらくらいになりそうですか? 

1カ月の収入を入力します。「収入」ですので、「売上」でOK。材料費などの経費は引かなくて良いです。

どこで仕事をしますか?

自宅でハンドメイド作品を制作・販売しているのなら、「自宅で働く」を選択します。

従業員や家族に給与を支払う予定はありますか?

ハンドメイドの制作・販売を1人で行っているのなら「今はない」を選択します。家族に協力してもらっている場合も、給与を支払っていないなら「今はない」を選びましょう。

作成(屋号と確定申告の入力)

開業freeeの作成

屋号

屋号」とは、法人で言う会社名にあたるものです。屋号を付ける義務はありませんし、メリットもありません。よって「入力しない」を選択しましょう。

申告者の情報

あなたの名前・住所などを記入してください。

確定申告

確定申告は月収を入力し、「青色申告 65万円控除」を選択して保存してください。

提出(書類の確認と印刷)

以上の入力が終わったら、開業届はほとんど完成。

「書類を確認する(下画像)」から入力内容を確認し、印刷しましょう。

開業freeeの提出

開業届を印刷したら、

  • マイナンバーの記入
  • ハンコを押す

の2点を記入したら完成。

親切なことに郵送先も印字してくれているので、封筒に貼り付けてポストに投函すれば終わりです。

面倒そうな書類が、10分で完成しました!

まとめ

開業届は、個人事業をはじめたことを国(税務署)に認めてもらうための書類です。

提出の義務はありませんが、提出しておくと節税ができたり、プロフィール欄に「開業届 提出済み」などと記載できるメリットがあります。

書類の作成はちょっと面倒ですが、無料の書類作成ソフト「開業freee」を使えばサクッと完成します。はじめて開業届を作成・提出する方は、ぜひ試してみてくださいね。

「開業届」はfreeeにお任せ!

ハンドメイド作品を販売したら、販売を始めた日から1カ月以内に「開業届」を提出する義務があります。期限を過ぎてしまった方も、早めに提出しておきましょう。開業届の作成は、無料ソフト「freee」を使えば10分で作成できましたよ。

開業届

-確定申告
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.