ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド作家の開業届の提出方法

ハンドメイド作家としての開業届の作成・提出方法

更新日:

ハンドメイド作家さんのために、開業届の提出方法や、書類の書き方などをまとめました。実際に開業届を作成したので、その方法もご紹介します。

開業届って何?どこに提出するの?どうやって書くの?…などの疑問を解決します。

次ページ「開業届のおすすめ作成方法」

「開業届」とは?

開業届

国税庁で配布されている「開業届」

開業届とは、個人事業をはじめたことを国(税務署)に認めてもらうための書類です。正確には「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」と言う書類です。

ハンドメイド作家さんの場合は、「ハンドメイド作品の製造・販売を開始しました!」と国に知らせるための書類、と考えてください。

ハンドメイドの販売に開業届は必要?

ハンドメイドの販売と開業届の必要性

販売したら提出は義務

開業届を提出しなくてもハンドメイド作品の製造・販売は可能です。事実、開業届を提出しないで販売しているハンドメイド作家さんは少なくありません。

ですが、販売を開始したら、その日から1カ月以内に提出するように義務づけられています。ハンドメイドの販売を開始したら、速やかに提出しましょう。

開業届の作成方法

開業届を提出するメリット

開業届を提出するのは面倒ですが、提出することによって、

  • 販売を国に認めてもらえる
  • モチベーションが上がる
  • 青色申告が提出できる
  • プロフィール欄に記載できる

などのメリットがあります。

特に、確定申告で「青色申告」が提出できるようになるのは大きなメリットと言えます(青色申告には開業届と「青色申告承認申請書」の提出が必要です)。

また、プロフィール欄に「開業届 提出済み」などと記載すれば、お客さんも安心して買えますね。

開業届を提出すると、安心して販売ができます。未提出の方は速やかに提出しましょう。

開業届の提出方法

開業届は、届出書を作成のうえ、持参または送付により提出します。手数料は無料。

国税庁の開業届のページ

書式は、最寄りの税務署でもらえるほか、国税庁のホームページよりダウンロードできます(上画像)。国税庁のホームページには、開業届の書き方の記載もあります。

どこに提出するの?

開業届の提出先は、納税地を所轄する税務署です。「税務署」と市区町村の「役所」は違うのでご注意ください。

自宅でハンドメイド作品を制作・販売しているのなら、お住まいの地域を管轄している税務署を、国税庁のホームページからお調べください。

提出期限は?

開業届は、原則として事業の開始の事実があった日から1カ月以内に提出します。ハンドメイドの販売を開始した日から1カ月以内に提出しましょう。

「提出し忘れた」「提出することを知らなかった」と言うハンドメイド作家さんも大丈夫。開業日は自由に決められるため、開業からずいぶん時間が経っている場合も、さかのぼって提出することができます。

開業届はいつでも無料で提出できる書類です。郵送も可能なので、税務署が遠い方もすぐに提出できます。

次ページ「開業届のおすすめ作成方法」

次のページへ >

確定申告の準備、できていますか?

2月からはじまる「確定申告」の準備はできていますか?はじめてだと書類作成に時間が掛かるので、早めに準備をしましょう。分からない方は、無料の確定申告ソフト「弥生」をおすすめします。

\弥生でカンタン申告/

関連記事と広告

-確定申告
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.