ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

確定申告

【副業・専業主婦は必読】ハンドメイドの確定申告はいくらから?

更新日:

この記事は約6分で読めます。
ハンドメイド販売の確定申告

ハンドメイド作品が売れてきたら気になるのが「確定申告」。年末年始になると、「確定申告ってしなきゃヤバい?」と不安になるハンドメイド作家さんも多いでしょう。

確定申告は、年間所得によって「しなければいけない人」と「しなくてもいい人」に分けられます。

では、ハンドメイドでいくら稼いだら、確定申告をしなければならないのでしょう?その基準を解説します。

ハンドメイド販売って確定申告しなきゃダメ?
いくら稼いだか?他に収入があるか?など状況によって変わるよ。詳しく解説するね。

確定申告の基礎知識

確定申告とは

まずは、確定申告についての基礎知識を身に付けてください。特に、「所得」について理解していないと、あとで間違えます。

確定申告って?

確定申告は、毎年1月1日~12月31日までの1年間の「所得」を、翌年の2月中旬~3月中旬の間に税務署に申告し、納税額を決めるために行います。

分かりやすく言うと、ハンドメイドで年間いくら稼いだか?を申告し、いくら納税するか?を決めるための申請です。

「所得」とは?

確定申告でよく間違われるのが「所得」と「売上」です。この2つの意味は全く異なります。

所得=売上-必要経費

「売上」とは、ハンドメイド作品を売り上げた金額そのままのことを指します。「必要経費」とは、所得を生み出すために必要だった経費です。材料費などが必要経費に該当します。

つまり、売上から材料費などの経費を引いた金額が、あなたの所得となります。この所得によって、確定申告の必要があるのか?ないのか?の基準が決まります。

所得の計算方法

所得の計算例

所得=売上-経費

ハンドメイドでの所得の例を、簡単に説明します。

たとえば、minneでピアスが売れ、銀行に2,000円振込(売上)があったとします。これは売上であり、所得ではありません。

2,000円のうち、

  • 工具代(ヤットコなど)
  • 素材代(パーツなど)
  • 送料(定形外郵便など)

などの必要経費を引いた金額が、所得になります。

必要経費が合計500円だとしたら、所得は1,500円となります。

必要経費がいくらだったか?は、確定申告のときにレシートで税務署に証拠として提出します。ハンドメイド制作に必要になった道具・工具・材料費など、考えられるすべてのレシートをかき集め、確定申告するまでに用意しておきましょう。

そもそも、確定申告ってなに?
ハンドメイド販売で1年間にどれくらい「所得」があったか申告する手続きのこと。
所得ってなに?
「所得」は、売上から経費を引いた利益のこと。

確定申告をしなくてもいい人

ココから本題です。

ハンドメイド販売の所得によって、確定申告をしなくてもいい人がいます。

確定申告の必要がない人は、

  • 働いていて、所得が20万円以下
  • 働いていなくて、所得が38万円以下

です。

働いていて、所得が20万円以下

  • ハンドメイド販売の所得が20万円以下
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしている

働いていて、ハンドメイドでの所得が20万円以下であったら、確定申告の必要はありません。「働いていて」とは、会社勤務はもちろん、アルバイト・パートも含みます。

副業でやっているのなら、年間所得の20万円を超えるのはなかなか難しいと思います。

「売上」で年間20万円があるのは珍しくありませんが、そこから経費を引いた「所得」で20万円を得るのは簡単ではありません。

[スポンサーリンク]

働いていなくて、所得が38万円以下

  • ハンドメイド販売の所得が38万円以下
  • 定期収入のある配偶者がいる
  • アルバイト・パートをしていない

会社勤務・アルバイト・パートをしていない専業主婦で、ハンドメイドでの年間所得が38万円以下の場合も、確定申告の必要はありません。

普段は会社勤務で、副業でハンドメイド販売をやっていたら、確定申告って必要?
ハンドメイド販売の所得が20万円を超えていなければ、必要ないよ。

確定申告する必要がある人

確定申告する必要があるハンドメイド作家

確定申告の必要がある人は、

  • 働いていて、所得が20万円を超える
  • 働いていなくて、所得が38万円を超える

です。

働いていて、所得が20万円を超える

  • ハンドメイド販売の所得が20万円を超える
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしている

働きながら副業でハンドメイドをしていて、副業の年間所得が20万円を超える場合は、確定申告する義務があります。アルバイト・パートをしている方なども該当します。

会社に勤務していて、さらに副業で「アルバイト・パート」と「ハンドメイド」で収入を得ている場合、アルバイト・パートとハンドメイドの所得の合計が20万円を超えたら、確定申告をする必要があります。

自営業ではなく副業だから確定申告の必要はないと思い込まないように。

働いていなくて、所得が38万円を超える

  • ハンドメイド販売の所得が38万円を超える
  • 定期収入のある配偶者がいる
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしていない

定期収入のある配偶者がいる専業主婦で、ハンドメイドでの年間所得が38万円を超える場合も、確定申告する義務があります。

専業主婦で、空いた時間でハンドメイド販売をやっているだけだったら、確定申告って不要?
ハンドメイド販売の所得が38万円を超えていると、必要だよ。

まとめ

「ハンドメイドでいくら稼いだら、確定申告する義務が生じるのか?」は、年間所得と勤務状況により異なります。下記の表にまとめました。

ハンドメイドの所得勤務状況確定申告
20万円を超えない働いている申告しない
20万円を超える働いている申告する
38万円を超えない働いていない申告しない
38万円を超える働いていない申告する

副業でハンドメイド販売の所得が20万円を超えるなら、確定申告をしてください。また、専業主婦でハンドメイドの所得が38万円を超えるなら、確定申告をしてください。

繰り返しますが、所得は売り上げではありませんので、材料費などを引いてください。

うーん、よく分からない!
確定申告の必要があるのに手続きしないと「脱税」になるからね。分からないでは済まされないよ。不安であれば役所や税理士に相談しよう。
青色申告と白色申告の違い
ハンドメイド作家は「青色」「白色」どっちで確定申告すべき?

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類の申告方法があります。ハンドメイド作家の場合、どっちで確定申告すべきか解説します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 Miki

ハンドメイド作品をネット販売している20代の女。

確定申告の準備、できていますか?

確定申告の準備はできていますか?「まだ先」と思っていると、直前になると大慌て。余裕のある今のうちに、コツコツ準備しておきましょう!

\確定申告はfreee/

無料お試しあり

-確定申告
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.