ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイドの経費の例

ハンドメイド販売者が確定申告の経費で計上できる出費の例

更新日:

ハンドメイド作品や手芸品を売っている方であれば、確定申告のときに「どんなモノが経費として計上できるか」と悩むのでは?

私が確定申告のときに経費として計上した出費をまとめたので、minneやメルカリなどで販売している方もご参考にしてください。

経費として計上できる出費の例

ハンドメイド事業の経費として計上できる出費は、材料費のほかにたくさんあります。

経費の例

勘定項目 具体例
材料費 制作のために購入したパーツ、生地代など
事務用品費 ボールペン、はさみ、工具など
新聞図書費 制作方法や販売方法を学ぶために購入した書籍、雑誌など
通信費 郵送料、切手、電話代、スマホの料金、インターネット通信料など
荷造運賃 商品発送時に使用した緩衝材、段ボール、ガムテープなど
地代家賃 自宅をハンドメイドの制作・販売拠点としている場合の毎月の家賃
水道光熱費 自宅をハンドメイドの制作・販売拠点としている場合の毎月の電気代、ガス代、水道代
減価償却費 ハンドメイドの販売・営業や材料購入のために使用している
車両関係費 ハンドメイドの販売・営業や材料購入のために使用している車のガソリン代
旅費交通費 材料の購入やイベント参加で利用した電車代、バス代、宿泊費など
消耗品費 名刺作成費など
広告費 宣伝用のチラシ作成費など
雑費 上記に分類できない細かい出費

どこまでが経費に計上できる?

ハンドメイド作品の制作・販売で必要になった出費は、基本的にすべて経費として計上できます。

制作にまったく関係のない出費は、もちろん経費に含めることはできません。ですが、どこまでが経費として必要だったか?は、自分で決めることができます。

税務署の人に聞かれたとき、「コレはこういう理由で必要だった」と納得できる説明ができるなら、ハンドメイドの経費として含めましょう。

補足:確定申告の経費に関する予備知識

「レシート」「領収書」どっちが良い?

どっちでも問題ありません。ハンドメイド事業としての支払いが証明できるなら、レシートでも領収書でも構いません。

ただし、高額な商品を購入する場合は、あなたが購入したことが証明できる領収書を発行してもらい、記名してもらう方が良いでしょう。

レシートがない場合は?

「レシートがない」「もらい忘れた」「紛失してしまった」ときは、出金伝票 」を作成すれば、レシートや領収書の代わりとして認められます。電車賃なども出金伝票でOK。

出金伝票は、100円ショップや文房具店などで販売しています。

ただし、何でも出金伝票で済ませるのはNG。レシートや領収書で証明するのが基本なので、出金伝票はあくまでレシート・領収書がないときの最終手段として考えてください。

まとめ

ハンドメイド作家さんは、材料費以外にもさまざまな出費を経費として計上ができます。

経費として計上するには、その出費を証明できるレシートや領収書が必要です。レシートや領収書がない場合は、出金伝票を発行しましょう。

ちなみに、自宅がハンドメイド事業の拠点なら、家賃も経費に計上できます。詳しくは、「ハンドメイド作家が確定申告で家賃を経費にするには?」の記事をご参考にしてください。

確定申告の準備、できていますか?

2月からはじまる「確定申告」の準備はできていますか?はじめてだと書類作成に時間が掛かるので、早めに準備をしましょう。分からない方は、無料の確定申告ソフト「弥生」をおすすめします。

\弥生でカンタン申告/

関連記事と広告

-確定申告
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.