ハンドメイド作家が家賃を経費にする方法

ハンドメイド作家が確定申告で家賃を経費にするには?~家事按分の計算法

更新日:

ハンドメイド作品や手芸品を自宅で作り、minneやメルカリで販売している方は、確定申告のときに「家賃」を「経費」として計上ができます。

ただし、自宅はプライベートでも使用しているため、家賃の全額を経費として計上することはできず、「家事按分」する必要があります。

そこでこの記事では、自宅の家賃を経費として計上するうえで欠かせない「家事按分」の基礎知識と、実際に家賃を家事按分する方法をご紹介します。

「賃貸の方」向けです。持ち家の場合は、「建物」「減価償却費」で処理します。

「家事按分」とは?

「自宅兼事務所」のように、事業とプライベートを兼用しているときの支出は、「ハンドメイドの事業」で使用している比率分のみを経費に計上します。これを「家事按分」と言います。

以下、確定申告ソフト「freee」より。

自宅兼事務所の家賃など、ある支出がプライベート用と事業用の双方が混ざったものである場合、事業で使用する比率分のみを経費に計上します。これを家事按分(かじあんぶん)といいます。

出典:家事按分を登録する – freee ヘルプセンター

ハンドメイド事業の家事按分の決め方

家事按分は、「どのくらいハンドメイドの制作・販売で自宅を使用しているか?」をもとに算出します。

家賃の按分割合の決め方

自宅兼事務所の家賃は、ハンドメイドの制作・販売・梱包作業などで使用しているスペースが基準となります。

たとえば、1LDKの間取りを自宅兼事務所としていたとしましょう。この間取りのうち、約40%をハンドメイドの事業として使用している場合、家事按分の割合も40%とします。

税務署が聞いて納得できるような割合を経費とすれば問題ありません。

電気・水道・ガス代は?

電気・水道・ガス代も、家賃と同じように経費として計上ができます。水道光熱費は、家賃と同じ割合の家事按分に設定しましょう。

ただし、最近は「水道代」と「ガス代」は経費として認められないケースが多いので、電気代のみ経費に計上した方が無難です。

家賃の家事按分の計算方法

ハンドメイド作家が家賃を家事按分するときの具定例を挙げます。

計算の例

按分割合の決め方」で紹介したように、家賃は事業用の支出だけ経費として認められるので、支払っている金額のうち、事業用の部分だけが経費として認められます。

たとえば、家賃の全額を100%として、「ハンドメイド事業:40%」「プライベート:60%」と分けるとします。家賃が10万円であれば、40%分の4万円が経費になります。

項目 金額・割合
家賃 100,000円
家事按分 40%
(自宅を事業として利用している割合)
経費 40,000円
細かく計算しなくても大丈夫です。ざっくり「このくらい」でOK。

補足:家賃の経費に関する知識

家賃の「勘定科目」は?

確定申告では勘定科目を決めて振り分ける必要があります。家賃の勘定項目は、「地代家賃」という項目が適切です。

厳密に言うと、「この出費は、絶対にこの勘定項目でなくてはならない!」という決まりはありません。ですので、あくまで参考としてお考えください。

家賃の契約名義が事業主本人以外の場合

ハンドメイドの制作や販売をしている方のなかには、「賃貸物件の契約名義が、自分ではなく旦那(または妻)である」ってこともあるでしょう。

確認したところ、契約名義が個人事業主本人ではなくても、契約者との関係が「生計を一にする」のであれば問題ない、とこのことです。

まとめ

自宅を拠点にハンドメイドの制作・販売をしている方は、確定申告のときに家賃を経費として計上ができます。

ただし、家賃は全額ではなく、ハンドメイドの事業として使用している面積のみを経費にできます。自宅をどのくらいハンドメイド事業に使っているか?をざっくり計算し、割合を出しましょう。

確定申告の準備、できていますか?

面倒だけど避けて通れない「確定申告」。特に、はじめてだと書類作成や提出方法が分からず、不安でいっぱいですよね。私も不安でいっぱいでしたが、会計ソフト「弥生」を使ったら解決できました。同じように悩んでいる方は、まずは公式サイトでご確認ください。

関連記事と広告

-確定申告
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.