青色申告と白色申告の違い

ハンドメイド作家は「青色」「白色」どっちで確定申告すべき?

更新日:

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類の申告方法があります。

ハンドメイド作家の場合は、どっちの申告方法がおすすめか?整理しました。

「白色申告」のメリット・デメリット

白色申告は、税務上の手続きが簡単ですが、納税面ではメリットが少ない申告方法です。

メリット

白色申告は、事前に税務署へ提出しておくべき書類がありません。

後述しますが、青色申告では「開業届」や「所得税の青色申告承認申請書」と言った書類を事前に税務署に提出する必要があります。

それらの書類を事前に提出するのが面倒であったり、提出期限に間に合わなかった場合は、白色申告で行います。

デメリット

白色申告は、納税面でメリットが少ない申告方法です。

青色申告では「10万円控除」「65万円控除」をはじめとしたさまざまなメリットがありますが、白色申告にはありません。

手続きは比較的簡単ではあるものの、節税をしたいなら青色申告がおすすめです。

「青色申告」のメリット・デメリット

青色申告は、税務上の手続きが面倒ですが、納税面ではメリットが多い申告方法です。

メリット

青色申告のメリットは、「青色申告特別控除」があること。

「青色申告特別控除」を受けるためには、帳簿を作成する必要があります。帳簿方法にも「簡易簿記」「複式簿記」の2種類があり、簡易簿記なら10万円控除が、複式簿記なら65万円の控除が受けられます。

デメリット

前述しましたが、青色申告は「開業届」や「所得税の青色申告承認申請書」と言った書類を事前に税務署に提出する手間が掛かります。

さらに、青色申告には「簡易簿記」か「複式簿記」のどちらかの形式で帳簿を作成する義務があります。

事前に書類を提出したり、帳簿を作成する義務があったりと、とにかく面倒であることが青色申告のデメリットです。

確定申告はどっちがおすすめ?

確定申告をするなら、納税面でメリットの多い「青色申告」がおすすめ。

青色申告の帳簿を作成するのは面倒そうですが、簡易簿記なら初心者でも簡単。決まったフォーマットもないので、エクセルの表計算ソフトで入出金表を作ればOK。

ただし、青色申告するには「開業届」「所得税の青色申告承認申請書」を期限までに税務署に提出する必要があります。提出していない場合は青色申告ができないので、その年は白色申告をしましょう。

まとめ

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類の申告方法があります。

  • 「青色申告」は手続きが面倒だけど節税ができる
  • 「白色申告」は手続きが簡単だけど節税ができない

どっちで申告しようか迷ったハンドメイド作家さんは、節税ができる青色申告がおすすめです。簡易簿記なら帳簿の作成は簡単ですよ。

確定申告書の会計ソフトランキング

ハンドメイド作家向けの確定申告におすすめの会計ソフトをまとめました。使いやすさやコストパフォーマンスで比較し、ランキング形式でご紹介します。

弥生

クラウド会計ソフト利用シェアNo.1(2016年3月)の会計ソフト「弥生」。2人に1人が使う人気の業務ソフトです。白色申告は初期費用・月額がずっと0円!はじめて確定申告をするハンドメイド作家さんにおすすめです。

freee

1位の「弥生」に同じくクラウド会計ソフト市場シェアNo.1(2016年8月)の「freee」。料金設定では弥生に劣りますが、使いやすさは好みがあるので、弥生が使いにくいと感じたらfreeeの無料プランをお試しください。

MFクラウド

確定申告の会計ソフト

満足度86.1%、会計事務所が勧めたいクラウド会計ソフトNo.1の「MFクラウド」。未経験者でも安心 · 万全のサポート体制です。

-ハンドメイドと仕事, 確定申告

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.