ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
所得税の青色申告承認申請書

ハンドメイド作家向け「所得税の青色申告承認申請書」の書き方

更新日:

ハンドメイド作家が確定申告を青色申告で行うためには、「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」を事前に税務署に提出しなければなりません。

今回は、「所得税の青色申告承認申請書」の提出方法や書き方について触れていきます。

※ハンドメイド作家さん向けに書きましたが、それ以外の事業の方もご参考にしてください。

「所得税の青色申告承認申請書」とは?

「所得税の青色申告承認申請書」とは、青色申告の承認を受けようとする場合の手続です。

提出って必要?

提出しなくても、ハンドメイド作品の販売はできます。

ですが、事前に提出しないで青色申告を選択することはできません。提出を忘れた場合は、確定申告を白色申告で行います。

節税には青色申告がおすすめですので、ハンドメイド活動を本格的に始めた段階で「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておきましょう。

ハンドメイドの確定申告はいくらから?
【副業・専業主婦は必読】ハンドメイドの確定申告はいくらから?

続きを見る

青色申告承認申請書の提出方法

どこに提出するの?

「所得税の青色申告承認申請書」の提出先は、納税地を管轄している税務署です。つまり、あなたが確定申告の提出先の税務署となります。

事業所を管轄している税務署を国税庁ホームページで調べましょう。

手続きの手数料は無料。持参か郵送もできます。印鑑は認印で大丈夫です。

提出期限は?

青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに提出をします。

期限内に税務署に提出していない場合、確定申告は白色申告で行います。たとえば、平成30年の確定申告を青色申告にしたい場合、平成30年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておきましょう。

青色申告承認申請書の書き方

所得税の青色申告承認申請書の書き方

「所得税の青色申告承認申請書」の書き方を解説します。納税地などの基本的な部分は省略して、用紙の下半分(項目1~6)の書き方について触れます。

項目1:事業所の所在地

事業所の所在地は、ハンドメイドの制作をしている拠点を記入します。

名称は「屋号」か「氏名」を、自宅で作品作りをしている場合は所在地に「自宅の住所」を記入してください。

項目2:所得の種類

所得の種類は、「事業所得」「不動産所得」「山林所得」の3つがありますが、ハンドメイド作家さんの場合は「事業所得」を選択してください。

ハンドメイド作家さん以外のフリーランス・個人事業主の方も、事業所得で構いません。

項目3:青色申告承認の取消し

ほとんどのハンドメイド作家さんはないと思います。「心当たりがない」「よく分からない」方は「無」を選択してください。

項目4:開業日

1月16日以降に開業した場合、その年の年月日を記載してください。

項目5:事業承継の有無

ほとんどのハンドメイド作家さんはないと思います。「心当たりがない」「よく分からない」方は「無」を選択してください。

項目6:その他参考事項

「帳簿方式」は、複式簿記を選択しましょう。簡易簿記でも良いですが、節税するなら複式簿記がおすすめです。

「備付帳簿名」は、必要に応じてチェックします。申請後に変更することも可能ですが、とりあえず

  1. 現金出納帳
  2. 売掛帳
  3. 買掛帳
  4. 固定資産台帳
  5. 預金出納帳
  6. 総勘定元帳
  7. 仕訳帳

の7つだけチェックを入れておきましょう。

「その他」は未記入でOK。

以上です。

まとめ

ハンドメイド作家が確定申告を青色申告で行うためには、「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」を事前に提出しなければなりません。

提出しなくてもハンドメイドの販売はできますし、白色申告で確定申告をすれば問題ありません。ですが、節税には青色申告がおすすめですので、事業を始めたら早めに提出しておきましょう。

提出先は、納税地を管轄している税務署です。

確定申告の準備、できていますか?

面倒だけど避けて通れない「確定申告」。特に、はじめてだと書類作成や提出方法が分からず、不安でいっぱいですよね。私も不安でいっぱいでしたが、会計ソフト「弥生」を使ったら解決できました。同じように悩んでいる方は、ぜひ無料プランでお試しください。

▼無料プランはコチラ

関連記事と広告

-確定申告

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.