ハンドメイドと仕事

【OK例・NG例付き】ハンドメイド作家の屋号の決め方

この記事は約3分で読めます。

ハンドメイド作家の屋号の付け方

ハンドメイド作家として活動していると、「屋号」を考える機会があります。

そこで今回は、「屋号ってそもそも何?」と言った素朴な疑問から、屋号の決め方などを解説します。

ハンドメイド作家の屋号の例

先に、ハンドメイド作家さんが屋号を付ける場合の「OK例」と「NG例」を挙げます。

OK例

次のような屋号を付けるのは問題ありません。

  • アトリエ○○
  • ○○屋
  • ○○工房
  • ○○制作
  • ○○メイド
  • ○○手芸店
  • ○○デザイン

NG例

屋号に決まりはありませんが、覚えにくい名前は避けましょう。長すぎると覚えにくいですし、書類に書くときに面倒です。アルファベットも場合によっては読みにくいので、見慣れない英単語は使わないように。

また、法人と勘違いされるような屋号はNGです。たとえば、「○○株式会社」「○○法人」などは付けないでください。

[スポンサーリンク]

「屋号」って何?

「屋号」とは、個人事業を始める際の名前のこと。

法人の場合は「株式会社○○」などの会社名を考えますが、法人化していない個人事業主・フリーランスの人は、屋号を会社名代わりとして使います。

ほとんどのハンドメイド作家さんは法人化していないと思うので、必要に応じて屋号を使います。

屋号を使う例

屋号は、

  • 請求書
  • 領収書
  • 開業届
  • 所得税の青色申告承認申請書

などの書類の記入時に用います。

お客さまや取引先に請求書や領収書を渡すときに屋号を記載します。また、「開業届」や「所得税の青色申告承認申請書」と言った開業時に税務署に提出する書類にも記入します。

屋号って必要?

必ずしも屋号を付ける必要はありません。屋号がなくてもハンドメイド作家として活動できますし、販売もできます。請求書や領収書で使うこともありますが、屋号ではなく個人名を記載すればOK。

開業届」や「所得税の青色申告承認申請書」にも屋号の記入欄がありますが、空欄で提出してしまって大丈夫です。屋号を考える必要はありません。

屋号の付け方

ハンドメイド作家さんが何らかの理由で屋号を付ける場合、どのように考えれば良いのでしょうか?

屋号のルール

屋号のルールは特にありません。ひらがな・カタカナ・漢字はもちろん、英数字を使っても大丈夫です。文字制限もありません。

ただし、NG例でも紹介しましたが法人と勘違いされるような屋号はダメです。

付け方のコツ

屋号は、

  • 覚えやすい
  • 読みやすい
  • 業務内容が分かる

など、「分かりやすさ」を重視して付けると良いでしょう。

屋号をパッと見ただけで、ハンドメイド・手芸の仕事をしていることが分かるとベストです。

まとめ

「屋号」とは、個人事業を始める際の名前のことを指します。絶対に付ける必要はありませんが、もし付けるなら「分かりやすさ」を重視しましょう。

ハンドメイドの作家名の決め方~覚えてもらえるネーミングのコツ
ハンドメイドの作家名の決め方~覚えてもらえるネーミングのコツ

ハンドメイド作家の名前の決め方を解説します。作家名は本名を使うべきか?や作家名の例もご紹介します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 miki

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

「開業届」提出しましたか?

ハンドメイド作品をどこかで出品・販売したら、1カ月以内に開業届を提出する義務があります。まだ提出していない方はお急ぎください。1カ月を過ぎても間に合います。

開業届

-ハンドメイドと仕事

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.