ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイドの銀行口座の作り方

ハンドメイド販売用の銀行口座の作り方

更新日:

minneなどのハンドメイドマーケットで作品を出品する場合、銀行口座を登録します。

ほとんどの方はすでにお持ちの銀行口座(プライベート用)を登録すると思いますが、後々のことを考えて「ハンドメイド販売用」の銀行口座を作って登録することをおすすめします。

その理由や、ハンドメイド販売用の銀行口座の作り方について解説します。

ハンドメイド用の口座を開設すべき3つの理由

ハンドメイドに限らず、個人事業主やフリーランスの方は事業用の銀行口座を通して入出金を管理するのが基本です。

事業用の銀行口座を1つ作っておけば、

  1. 公私を区別できる
  2. 管理が楽になる
  3. 使用不明金がなくなる

などのメリットがあります。

もちろん、すでにお持ちのプライベート用の銀行口座を使っても何ら問題はありません。ですが、公私混同すると「使用不明金」が出たり、「不要な入出金が履歴に残る」ため管理が煩雑になります。

ハンドメイドに関わるお金の出入りは、できれば1つの事業用口座に統一しましょう。

ハンドメイド販売用の銀行口座の作り方

ハンドメイド販売用の銀行口座は、

  1. 個人事業主として作る
  2. 個人名義で作る

の2種類の方法で開設できます。

「個人事業主」として作る場合

個人事業主として銀行口座を作る場合は、基本的に銀行の窓口で受付をします。

持参する書類は、「開業届」のほか「その事業においての収入実績が証明できる書類」の提出を求められる場合があります。

「収入実績が全くない」「収入を証明できる書類がない」と言った方は、個人事業主として口座を作るのは難しいため、個人名義で作りましょう。

どうしても個人事業主として口座を作りたい場合は、最寄りの銀行窓口で相談してみてください。

実績のないハンドメイド作家が個人事業主用の銀行口座を作るのは難しいです。とりあえず個人名義で専用の口座を作りましょう。

個人名義で作る場合

個人名義で銀行口座を作る場合、

  • 身分証明書
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 入金するお金

を持参し、お近くの銀行の窓口で受付をしましょう。

身分証明書はマイナンバーカードなどでOK。銀行口座を新規で開設するときはいくらか入金する必要があるので、1,000円持って行くとスムーズ。

ただし、個人名義の口座は、1人につき1口座のみです。同じ銀行で複数の口座は持てないため、他の銀行で口座を開設しましょう。

おすすめの銀行は?

新規で銀行口座を開設するのなら、ネットバンキング「新生銀行」がおすすめ。手数料が安く、郵送で銀行口座を開設できるので手軽で便利です。

「ネットだけだと不安がある」という方でも、新生銀行は全国に窓口のある支店を持っているので安心ですよ。

まとめ

ハンドメイドの販売を始めるなら、「プライベート用」の銀行口座とは別に、「事業用」の銀行口座を作りましょう。

事業用の銀行口座は、個人事業主名義で作ることをおすすめします。ただし、実績のないハンドメイド作家さんは、個人事業主として銀行口座を作るのが難しいのが現状です。

まずは、個人名義で新規に口座を作って、それをハンドメイド用として使いましょう。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

関連記事と広告

-ハンドメイド作品の売り方
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.