石塑粘土の乾燥時間

https://craftwriter-blog.com

石塑粘土の乾燥時間は?固まるまでの時間と乾燥のコツ

更新日:

簡単にアクセサリーやブローチが手作りできる石塑粘土

いざ買ってみたものの、「どれくらいで乾くのか?」「乾かすときの注意点は?」など、気になることってありますよね。せっかくモチーフを作ったのに、十分に乾いていないで作業をすると、壊れることもあります。

そんな失敗をしないためにも、石塑粘土の乾燥時間の目安と、乾かすときのコツをご紹介します。

石塑粘土の乾燥時間の目安

石塑粘土の乾燥時間は、作品の大きさや厚み、季節によって異なります。

アクセサリー作りの場合

大きなオブジェや厚みのあるフィギュアを作る場合、内部が乾燥するまで1週間ほどかかります。アクセサリーやブローチほどの大きさであれば、完全に乾くまでに何週間も掛かりません。

縦と横が3cm、厚みが3mm程度のアクセサリーであれば、表面が乾くのに半日、内部まで乾くのに2日前後が目安です。

冬場の乾燥した室内であれば2日が目安。ジメジメした夏なら3日は見ておきましょう。

表面が乾いていても油断しない

石塑粘土の表面は半日程度で乾きますが、この状態ではまだ作業に取り掛からないでください。

内部までしっかり乾いていないと、作業の途中でパキッと割れてしまいます。

私は、石塑粘土の扱いに慣れてきたころに、内部が乾燥するまで待ちきれず、やすりで表面を削っている途中に割れてしまいました。

「早く着色がしたい!」と思っても、じっとガマンです。

石塑粘土を乾かすときのコツ

石塑粘土を乾かすときには、ちょっとしたコツがあります。

両面を乾かす

早く乾燥させるには、アクセサリーをときどき裏返すのがポイント。裏返さないと、反対の面がいつまでも乾きません。

両面が効率よく空気に触れるように、「金網」の上で乾燥させる手段もあります。

裏返す時間の目安は、半日くらいずつ。気が付いたときにコロっとひっくり返しましょう。

ドライヤーや直射日光はNG

早く乾かしたいからと言って、ドライヤーや直射日光に当てるのはNG。

急激に乾燥させると、アクセサリーがひび割れたり、反りが目立つことがあります。日の当たらない室内で、自然乾燥させてあげましょう。

まとめ

石塑粘土の乾燥時間は、作品の大きさや厚み、季節によって異なります。

3cm角、3mmくらいの厚みのアクセサリーなら、冬は2日、夏なら3日程度を見ておきましょう。

効率よく乾燥させるためには、気が付いたときにアクセサリーを裏返すと良いです。

手芸素材買うならNETSEA!

ハンドメイドのパーツ・素材を買うなら、問屋/卸売の業者から直接仕入れられる「NETSEA(ネッシー)」がおすすめ。激安価格で良質な素材が手に入りますよ。

関連記事と広告

-石塑粘土のアクセサリー
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.