ネット販売

ハンドメイド作品を在庫処分するときに使える「カウントダウン効果」

この記事は約2分で読めます。

ハンドメイド作品を在庫処分するときに使える「カウントダウン効果」

売れ残ったハンドメイド作品を在庫処分したいときに使えるのが「カウントダウン効果」。普通に出品して全然売れなかった作品も、カウントダウン効果を使うと売れることがあります。

この記事では、カウントダウン効果の概要と、ハンドメイド作品の在庫処分でどう使うの?を詳しく解説します。

「カウントダウン効果」とは?

カウントダウン効果とは

概要

人は、緊急性をあおられると、つい反応してしまいます。この心理傾向を利用したのが「カウントダウン効果」。

残り時間や残りの個数を刻むことで緊急性をあおり、気分を高揚させ、判断に迷っている人の背中を押します。

アパレルショップで、女性店員が店頭で「タイムセール開催中です!残りあと10分です!」と呼び込みをしているのを見たことがあると思います。

これを聞いてしまったら、つい反応しますよね。

今まで買い物をしたことがなかったお店でも、「ちょっと見てみようかな」という気にさせます。

で、気になった洋服があると「タイムセール中だし、次はいつ安くなるか分からないから」と購入してしまうでしょう。

これが、カウントダウン効果を使った売り方です。

購入する「きっかけ」を与えられます。

[スポンサーリンク]

ハンドメイド販売への応用

緊急性をあおると購入を促進できる

カウントダウン効果

ハンドメイド販売においてカウントダウン効果を応用するなら、在庫処分をしたい作品に「残りわずか」と表示するといった売り方ができます。

応用例

たとえば

  • ○月○日まで販売
  • 残りあと○日
  • 残りあと〇個
  • 在庫限り

「売りたい個数」や「売り切りたい期日」をあえて決めて、カウントダウンすると効果的です。

上記をタイトルや作品の説明欄に記載すると、購入を迷っているお客様の背中を押すことができます。

ポイント

カウントダウン効果は緊急性をあおるため、気分を高揚させると同時に、お客様に不安を与えます。また、ブランドイメージにそぐわないこともあります。

使いどころをよく考えましょう。

まとめ

人は、時間や個数を刻まれると、つい反応してしまいます。この心理傾向を利用したのが「カウントダウン効果」です。

ハンドメイド作品の販売においては、「売りたい個数」や「売り切りたい期日」をあえて決めて、カウントダウンして見せると効果的です。

在庫処分などに有用なので、ぜひ実践してみてくださいね。

ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選
ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選

ハンドメイド販売の売上アップにつながる、心理テクニックをご紹介します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ネット販売
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.