ハンドメイド作品の買い方

やっぱり捨てる?使わなくなったハンドメイド作品の4つの断捨離方法

この記事は約2分で読めます。

購入したハンドメイド作品の処分はどうする?

ハンドメイド作品を購入して、しばらく使用していると飽きてしまったり、破損してしまうことがあります。この場合、買った人はどう断捨離すべきなのでしょうか?販売者であるハンドメイド作家が解説します。

私自身ハンドメイド作品をよく買いますが、いつも処分に困っています。どう断捨離するか?私なりの方法をご紹介します。

ハンドメイド作品の断捨離方法

購入したハンドメイド作品の断捨離方法として、

などが挙げられます。

友だちに譲る

ハンドメイド作品のもっとも良い断捨離方法が、友人や知人に譲ること。「せっかく作ってもらったハンドメイド作品を捨てるには、ちょっと気が引ける」と思っている方は、好みの合う友人や知人に譲って、引き続き使ってもらうと良いでしょう。

ハンドメイド作家としても、ほかの人に使ってもらう方がウレシイです。

[スポンサーリンク]

フリマアプリで売る

好みの合う友人や知人がいなければ、フリマアプリなどで売ってしまうのも1つの断捨離方法です。フリマで売れば、気に入った人の手に渡る可能性が高いので、長く使ってくれるかもしれません。値段設定は自由ですが、あまり儲けを考えずに売るのが良心的かと思います。

ただし、販売したハンドメイド作家が偶然、自分の作品をフリマに出品されているのを発見してショックを受けるリスクもあります。

普通に捨てる

思い切って、家庭ごみとして断捨離するのもありです。使いすぎて使用感が出たハンドメイド作品は、友人に譲れなかったり、フリマアプリで売れない可能性が高いので、普通に捨てて大丈夫です。

「捨てるのは作り手に申し訳ない」と気に掛ける必要はありませんよ。

お寺で供養する

人形・ぬいぐるみ・おもちゃなどで、特に思い入れの強いハンドメイド作品だと、ゴミとして捨てるのは可愛そうに感じてしまう方もいます。

あまり気にしなくて大丈夫ですが、どうしても気になるなら、感謝の気持ちを込めて、お寺や神社で供養してもらいましょう。供養の方法や費用は、お寺や神社に問い合わせてくださいね。

まとめ

ハンドメイド作品を購入するときは処分のことまで考えていないので、いざ断捨離したいときに困ってしまいます。

ですが、あまり気にしなくても大丈夫です。気にかけてくれただけで、作り手は幸せです。

できれば、ほかの人に譲って使ってもらいたいところですが、普通に捨ててもらっても大丈夫ですよ。

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

-ハンドメイド作品の買い方

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.