ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

ハンドメイド作品の作り方 裁縫

裁縫で糸切りに使う「リッパ―」は100均に売ってる?

投稿日:

この記事は約3分で読めます。
リッパ―は100均に売ってる?

https://craftwriter-blog.com

糸切りに便利な「リッパ―」は100均(100円ショップ)に売っているのか?手芸用品が豊富なセリア(Seria)で確かめてみました。リッパ―を探している方のご参考になれば幸いです。

「リッパ―」とは?

洋服のタグの縫い目を切る赤いリッパ―

リッパ―は縫い目を切るのに便利

「リッパ―」は裁縫道具の1つ。

  • ミシンの縫い目切り
  • 刺しゅう糸切り
  • ボタンの糸切り
  • しつけ糸切り

などに使用します。

私は、洋服のタグが首にチクチク当たるのが嫌で、リッパ―でタグの縫い目を切って取り除くために使用しました。

ハサミでは切りにくく、カッターでは生地を傷めてしまう危険があるため、リッパ―を使うと便利です。

リッパ―は100均に売ってる?

セリアの手芸用品売り場にあるリッパ―

Seriaの「シームリッパ―」(100円)

リッパ―は100均にも売っています。セリアの手芸用品コーナーを見に行ったら「シームリッパ―」という商品名で売っていたので購入しました。

セリアで買ったリッパ―

セリアで買った「シームリッパ―」

ちなみに「シーム(seam)」とは布や革の縫い目のことを意味します。

シームリッパ―の特徴や使い方の説明

「シームリッパ―」の裏面

セリアのシームリッパ―を使ってみたら、ミシンの縫い目が難なく切れました。ただ、100均のリッパ―だと切れ味が悪く、使いにくいと感じることもあります。

裁縫を長く続けていきたい方でしたら、100均の安物ではなく、手芸用品店などできちんとしたリッパ―を買うことをおすすめします。だいたい500円くらいで上等なリッパ―が買えるようです。

[スポンサーリンク]

リッパ―の使い方

リッパ―の使い方の動画解説

リッパ―の基本的な使い方は次の通り。

  1. 刃先の長い方を糸(縫い目)の下に差し込む
  2. 糸を引っ掛て上方向に力を加えて切る
  3. 切った糸は毛抜きで引き抜く

生地を傷めないよう、リッパ―を糸の下にそっと差し込み、上方向に持ち上げて糸を切ります。糸が手で引き抜けないのなら、毛抜きなどを使って引き抜くと良いでしょう。

まとめ

リッパ―は100均にも売っています。セリアやダイソーの手芸用品コーナーを探してみてください。

リッパ―はただ糸を切るためだけの道具ですが、100均のものだと質が悪く使いにくく感じるかもしれません。

私は100均のリッパ―で事足りましたが、裁縫を長く続ける方は、手芸用品店などのリッパ―と比較してみてくださいね。

\あなたのシェアがウレシイ/

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 Miki

ハンドメイド作品をネット販売している20代の女。

-ハンドメイド作品の作り方, 裁縫

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.