ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

裁縫

こんな使い方はNG!まち針の正しい打ち方は?

https://craftwriter-blog.com

裁縫でよく使う「まち針(待ち針)」の正しい打ち方と、間違った打ち方を画像で解説します。そもそもまち針とは何か?どうやって使うのか?折れたり曲がったときの処分は?などの疑問を解消します。まち針をはじめて扱う方のご参考になれば幸いです。

「まち針」とは?

ピンクと青と黄色のまち針

まち針

「まち針(待ち針)」は裁縫用の針で、重ねた布がずれないように仮止めをするときに使います。ピンの頭が小さめで、アイロンの熱で溶けないガラス製の物が使いやすくおすすめ。

まち針は、手芸用品店または100円ショップにて販売されています。

まち針の間違った使い方

まち針は、正しく打つことで重ねた布がずれないようになり便利ですが、間違った打ち方をすると布がずれやすくなるだけではなく、ケガをする危険があります。

たとえば、

  • 縫い線に沿って打つ
  • 斜めに打つ
  • 大きくすくって打つ

といった使い方はやめましょう。

縫い線に沿って打つ

まち針を縫い線に対して平行に打つ

縫い線に対して平行に打つのは間違い

縫い線に沿って打つと、指に刺さってケガをする恐れがあります。

斜めに打つ

まち針を縫い線に対して斜めに打つ

縫い線に対して斜めに打つのは間違い

斜めに打つと、布がずれやすくしっかりとまりません。

大きくすくって打つ

縫い線を大きくすくってまち針を打つ

縫い線を大きくすくって打つのは間違い

大きくすくい過ぎると、布がずれやすくしっかりとまりません。

[スポンサーリンク]

まち針の正しい打ち方

縫い線に対してまち針を垂直に打つ

縫い線に対して垂直に打ち、小さくすくうのが正しい

まち針は、2枚の布を合わせて縫い線に対して垂直に打つのが正しい打ち方です。縫い線上の布を小さくすくって、まち針を打ちます(上写真)。

縫い線に対してまち針を垂直に2回すくって打つ

薄地は2回すくって打つと安心

薄地など安定しない布の場合、縫い線上の布をすくったあと、もう1回すくいます(上写真)。

折れたまち針の保管と処分

曲がったまち針をプラスチック製のケースに保管

曲がったり折れたまち針は危険なのでケースに保管してから処分

保管

曲がったり折れてしまったまち針は、そのままにしておくと危険です。小さなビンやプラスチック製のケースに入れ、子どもやペットの手の届かないところに保管しましょう。

処分

まち針の捨て方は各自治体の指示にしたがってください。

たとえば、世田谷区は『厚紙などに包み「針」「カッター折れ刃」などと表示して不燃ごみとしてお出しください。他の不燃ごみとは別の袋に入れてお出しください。』と指示があります。

まとめ

まち針は、重ねた布がずれないように仮止めをするときに使います。正しい打ち方は、縫い線に対して垂直に打つこと。縫い線に沿って打ったり、斜めに打つのはNGです。

曲がったり折れてしまったまち針は危険ですので、ビンやケースに保管し、お住まいの自治体の指示にしたがって処分してください。

まち針だけでは布がずれそうで不安なときは、「しつけ糸」でしつけをかけると安心です。

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

-裁縫

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.