裁縫

ミシン針の正しい外し方と取り付け方

この記事は約4分で読めます。

ミシン針の正しい外し方と取り付け方

ミシン針は布地や糸の太さに応じて使い分ける必要があるため、外したり付け替えたりの作業は避けて通れません。この記事でご紹介するミシン針の交換方法を参考に、正しくセットしましょう。

ミシン針のセットの方法はミシンの機種によって異なります。必ずお使いのミシンの説明書を読み、正しくセットしてください。

ミシン針の外し方

家庭用ミシン針の交換方法(針の外し方)

まずは、ミシン針を外します。抜き方は次の通り。

  1. 電源を切る
  2. 押えレバーを下げる
  3. 針どめねじをゆるめて針を外す

電源を切る

ミシンの電源を切る

電源が「切」になっていることを確認

電源が入っていないことを確認します。電源が入っていると、間違えてスタートボタンを押してしまったときにケガをします。必ず電源を切っておきましょう。

押えレバーを下げる

押えレバーを下げる

押えレバーを下げる

押えレバーを下げます。

針どめねじをゆるめて針を外す

針どめねじをゆるめる

ミシン針を押さえながら針どめねじをゆるめて針を外す

左手で「ミシン針」を持ちながら、右手で「針どめねじ」をゆるめていきます。ミシンの機種によっては、専用のネジ回しを使って針どめねじをゆるめます。回す方向は、一般的に手前です。

ミシン針を外すときは、無理な力を加えないでください。力を入れて無理やり取ろうとしたり、左右に揺らしたりすると、故障の原因になります。

以上で、ミシン針が抜けました。

[スポンサーリンク]

ミシン針の取り付け方

家庭用ミシンにミシン針を正しく取り付ける方法

次に、ミシン針を取り付けます。付け方は次の通り。

  1. ミシン針の向きを確かめる
  2. 針どめねじをゆるめ針を差し込む
  3. 針どめねじを締める
  4. はずみ車をゆっくり回して確認する

ミシン針の向きを確かめる

ミシン針の平らな面

ミシン針の平らな面を後ろに向ける

ミシン針には向きがあります。取り付けるときは、針の平らな面を後ろに向けます。

針どめねじをゆるめ針を差し込む

針の平らな面を後ろに向けて、針どめねじをゆるめ、ストッパーにあたるまで差し込んでください。

ミシン針が十分に差し込まれていない状態で使用すると故障の原因となります。ミシン針がストッパーにあたって止まるまで上に差し込みましょう。

針どめねじを締める

針どめねじをゆるめ針を差し込む

針どめねじをゆるめ針を差し込み、ねじを締める

ミシン針を左手で押さえ、右手で針どめねじを締めます。回す方向は、一般的に奥側です。

針どめねじの締め方がゆるい状態で使用すると故障の原因となります。しっかりと締めましょう。

はずみ車をゆっくり回して確認する

はずみ車をゆっくり回して確認する

針落ち穴にミシン針が入るか確認

さいごに、はずみ車(プーリー)をゆっくり回して、針落ち穴にミシン針が入るか確認しましょう。ミシン針が曲がってセットされていると故障の原因になります。

以上で、ミシン針のセット完了です。

まとめ

ミシン針は正しくセットしないと、故障やケガの原因になります。ミシンの機種によっては交換方法が異なる場合があるので、お使いのミシンの取扱説明書をよく読み、正しくセットしましょう。

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

-裁縫

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.