Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

ミシン糸と針の太さの種類は?覚えるべきはこの3つだけ

2019-09-23

ミシン糸と針の太さの種類は?覚えるべきはこの3つだけ

ハンドメイド作家

20代女子のハンドメイド作家。義母が手芸講師なので指導を受けながら製作と販売に没頭中!著書『ハンドメイド作品の売り方講座

ミシンで裁縫をするときに欠かせないのが「糸」と「針」。

糸と針はミシン専用のものを使いますが、探してみるとさまざまな太さがあり迷う方も多いはず。

そこでこの記事では、ミシン糸とミシン針の選び方と太さについて解説します。ミシンの糸と針をはじめて選ぶ方のご参考になれば幸いです。

関連記事
ミシンのパーツの名称と役割【写真付き解説】
この部品の名前は?ミシンのパーツの名称と役割【写真付き解説】

ミシンのこの部品の名前は何?どんな役割があるの?ミシンを扱ううえで知っておきたい、各パーツの名称とその役割を写真付きで分かりやすく解説。

続きを見る

ミシンの糸と針の選び方

ミシンの糸とミシンの針は、布の厚みに合わせて選びます。薄い生地には細い糸と針を、厚みのある生地には太い糸と針を使います。

ミシン糸の選び方

ミシンの糸の太さは番号で表します。番号が大きいほど(100番に近づくほど)薄い生地向け、番号が小さいほど(30番に近づくほど)厚い生地向けです(詳細は後述)。

さまざまな素材のミシン糸がありますが、お店でよく見かけるのがポリエステル糸。色が豊富で丈夫な素材です。

ミシン針の選び方

ミシンの針の太さは号数で表します。号数が小さいほど(9号に近づくほど)細く、号数が大きいほど(16号に近づくほど)太くなります(詳細は後述)。

デニムなど厚みのある生地を細いミシン針で縫ってしまうと、針が折れたり曲がったりしてとても危険なので避けてください。

ミシン針は「家庭用」「工業用」「ロックミシン用」などが売られているので、使用するミシンに合った針を選びましょう。ちなみに、家庭用ミシンの針には「HA×1」と型番が付いているので、これを目印に探すと良いでしょう。

スポンサーリンク

ミシンの糸と針の太さの種類

ミシン糸には「○番」、ミシンの針には「○号」と番号が振られています。この番号によって糸と針の太さを見極めます。

一般的によく使われるミシン糸の太さと、それに対応したミシン針の太さは次の3つ。

  1. 薄地:糸 90番→針 9号
  2. 普通地:糸 60番→針 11号
  3. 厚地:糸 30~60番→針 14~16号

上記以外の太さもありますが、基本的にはこの3つさえ覚えておけば大丈夫です。

薄地を縫うときのミシン糸と針

ハンカチ程度の薄地を縫うときは「90番のミシン糸」と「9号のミシン針」を使用します。

具体的には、

  • オーガンジー
  • シフォン
  • ローン
  • ガーゼ
  • ジョーゼット
  • ポーラ
  • ボイル
  • チュール
  • 綿サテン

などの薄地を縫うときに「90番のミシン糸」と「9号のミシン針」が適しています。

普通地を縫うときのミシン糸と針

ワイシャツ程度の厚みの生地を縫うときは「60番のミシン糸」と「11号のミシン針」を使用します。

具体的には、

  • シーチング
  • ブロード
  • ギンガム
  • サッカー
  • フラノ
  • フリース
  • サテン
  • タフタ
  • タオル
  • ギャバジン
  • ダブルガーゼ
  • リネン
  • ちりめん
  • ワッフル
  • サージ

などの普通地(一般生地)を縫うときに「60番のミシン糸」と「11号のミシン針」が適しています。

厚地を縫うときのミシン糸と針

ジーパンなど厚地を縫うときは「30番または60番のミシン糸」と「14号または16号のミシン針」を使用します。

具体的には、

  • デニム
  • 厚手ナイロン
  • 帆布
  • ツィード
  • コーデュロイ
  • ベロア
  • キルティング

などの厚地を縫うときに「30番または60番のミシン糸」と「14号または16号のミシン針」が適しています。

まとめ

ミシンの糸とミシンの針は布の厚みに合わせて選びます。ミシンの糸と針の太さはさまざまありますが、基本的には

  1. 薄地:ミシン糸90番→ミシン針9号
  2. 普通地:ミシン糸60番→ミシン針11号
  3. 厚地:ミシン糸30~60番→ミシン針14~16号

の3つだけ覚えておけば大丈夫です。

関連記事
針どめねじをゆるめ針を差し込む
ミシン針はどう交換する?正しい外し方と取り付け方

新しいミシン針に交換する方のために、ミシン針の外し方と取り付け方を画像付きで解説します。

続きを見る

あなたへのおすすめ

\この記事は役に立ちましたか?/

当ブログの文章・画像はご自由にご利用いただけます。
SNSやブログでのシェアにぜひご活用ください!
※著作権は放棄しておりません。

-裁縫

© 2020 ハンドメイド作家のブログ