ハンドメイド作品の販売方法

ハンドメイド作品を販売するには?初心者が押さえるべきはこの3つ

更新日:

「ハンドメイド作品を売りたいけど、どうやって販売すれば良いの?」と困ったことはありませんか?

ハンドメイド作品を売るには、特別な資格や申請は必要ありません。誰でも気軽に出品ができます。大きく分けて「ネット」「イベント出展」「委託販売」3つの販売方法があるので、ご自身のライフスタイルや予算に応じて選びましょう。

この記事では、3つの販売方法の特徴について簡単に解説します。

ハンドメイド作品をネットで販売する

ハンドメイド作品のもっとも手軽な販売方法が、「ネット」での販売です。ハンドメイドマーケット」と呼ばれる販売サイトに売りたい作品を登録し、サイト訪問者に見てもらいます。

イベントに出店したり委託販売するよりも手数料などが割安で、登録や利用料金(月額)は基本的に無料。売上金に応じて10%前後の手数料が引かれるシステムです。

ネット販売なら無料で出品できます。

販売イベントは出展するだけで多額の出費があるので、ネットの方がリスクは少ないと言えるでしょう。出品するだけなら無料なので、初心者の方はネット販売から始めてみるのがおすすめです。

ハンドメイドの販売イベントに出展する

販売イベントとは、さまざまなハンドメイド作家が一同に集い、各ブースで販売するイベントのこと。主催するのは、「minne」をはじめとした大手ハンドメイドマーケットのほか、デザインフェスタなどがあります。

販売イベントに参加するには、イベント情報をチェックして、参加したいイベントの公式サイトから応募します。

イベント販売は出店するだけでもお金を取られます。

販売イベントの出展料は高めですが、多くのお客様、作家さんとも触れ合えるチャンスがあります。

ハンドメイド作品を委託販売する

「委託販売」とは、ハンドメイド作品をメインに取り扱っているお店に自分の作品を置いてもらい、接客・販売の代行をお願いする販売方法です。

ネット販売に比べて手数料は割高ですが、接客や販売はプロが代行してくれるので安心。

委託をするには、販売イベントでオファーされるのを待つか、こちらから自分の作品を置いてもらいたいお店に連絡をします。

お店を相手にするため、ビジネススキルが問われます。

まとめ

ハンドメイド作品を販売する方法は、大きく分けて次の3つがあります。

  1. ネット販売
  2. 販売イベント
  3. 委託販売

「初めてハンドメイド作品を売る」と言う方は、ネット販売からスタートするのがおすすめです。

ネットなら登録・出品が無料で、手軽に始められますよ。

慣れてきたら、活動を広げるために販売イベントや委託販売も検討すると良いでしょう。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?ネットショップで売れば、他の作家さんの作品が表示されることがないので、売上UPのチャンスです。

-ハンドメイド作品の売り方

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.