Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。

ハンドメイド販売をはじめる前に準備するべき7つ道具+α

2020-06-05

ハンドメイド販売をはじめる前に準備するべき7つ道具+α

ハンドメイド作家

20代女子のハンドメイド作家。義母が手芸講師なので指導を受けながら製作と販売に没頭中!著書『ハンドメイド作品の売り方講座

ハンドメイド作品を「minne(ミンネ)」などのハンドメイドマーケットで販売するには、

  1. オリジナル作品
  2. スマホまたはパソコン

の2点だけあれば出品が可能です。

でも、さずがにこれだけでは不安

いざ注文が入ったときに「文房具が見つからない!」「梱包資材ってどこに売ってるの?」と慌ててしまいます。

ハンドメイド作家
私は梱包資材探しでかなり慌てました。

そんなことにならないよう、この記事に販売前に準備するべき7つ道具+α(あると便利なモノ)をまとめました。

この記事はこんな方におすすめ

  • これからハンドメイド販売をはじめる方
  • 販売に必要なモノを調べている方
ハンドメイド作家
動画でも見やすく分かりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。
関連記事
ハンドメイド作家になるには
ハンドメイド作家になるには?趣味を仕事にするプロセス

オリジナルのハンドメイド作品をつくり、誰かに買ってもらったらハンドメイド作家になれます。名乗るために必要な資格はありません。

続きを見る

まずはコレだけ!最低限必要な7つ道具

販売前に最低限準備するべきモノは次の7つ。

余裕があれば、あとで紹介するあると便利なモノもそろえましょう。

ハンドメイド作品

フェイクスイーツを作る女性

販売できるのは基本的に自分でつくったオリジナル作品。ハンドメイドマーケットによっては細かな販売ルールを設けていることもあるので、各サイトの「利用規約」や「よくある質問」などをチェックしましょう。

関連記事
これ、売って大丈夫?minneで販売できるモノ、販売できないモノ。
これ、売って大丈夫?minneで販売できるモノ、販売できないモノ。

minneで販売できるモノは、原則として自分でつくったオリジナル作品です。

続きを見る

スマートフォン

スマートフォンを操作する女性

作品の写真撮影も銀行の収支もアプリ次第で多くのことができるツール。パソコンがなくても、まずはスマホがあれば大丈夫。ただ、作業効率を重視するならパソコンの購入をおすすめします。

銀行口座

銀行の通帳と印鑑

銀行口座は、売上を振り込むために必要です。すでにプライベート用で1つ開設しているとは思いますが、できれば仕事用とは分けておきましょう。

ハンドメイド作家
「プライベート」と「仕事用(ハンドメイド用)」とで分けておけば、収支の管理がしやすく便利!

新生銀行」や「三菱UFJダイレクト」といったインターネットバンキングであれば、銀行に行かなくてもネットですぐに開設でき、残高の確認も簡単。持っていない方は開設を検討してみてくださいね。

詳しくは『【ハンドメイド作家向け】ネットショップ用銀行口座の作り方』の記事で解説しているのでご参考に。

関連記事
【ハンドメイド作家向け】ネットショップ用銀行口座の作り方
【ハンドメイド作家向け】ネットショップ用銀行口座の作り方

ハンドメイド販売をするなら、「仕事用」として銀行口座を新たに開設しましょう。プライベートで使っている今の口座を使ってしまうと、管理が煩雑になります。

続きを見る

納品書

納品書

納品書とは、商品を納品するときに、納品物とともに取引先に発行する書類のこと。発行する義務はありませんが、作品と一緒にお客様に送っておくと好印象に。

納品書は自作もできますが、ハンドメイドマーケット側で用意してくれているものを利用してもいいでしょう。納品書を自作する方は、『ハンドメイド作品に同封する納品書の書き方【テンプレートあり】』でご紹介している書き方を参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事
ハンドメイド作品に同封する納品書の書き方【テンプレートあり】
ハンドメイド作品に同封する納品書の書き方【テンプレートあり】

ハンドメイド作品をお客様や取引先に納品するときに発行する「納品書」の書き方やテンプレートをご紹介します。

続きを見る

封筒や箱

セリアのクッション付き封筒2枚入り

作品が売れて発送するとき、封筒や箱に入れます。売れてから用意するのではなく、あらかじめ用意しておくと慌てずに済みます。

選択した配送方法によっては、専用の箱が必要になります。たとえば、「スマートレター」や「宅急便コンパクト」は専用の箱があるので、これを販売店にて購入し、発送時にその専用箱に作品を入れて発送します。

一方、「ネコポス」や「定形外郵便」といった配送方法には専用の箱がありませんので、自分で入れ物を用意し、規格内のサイズや重量に梱包して発送します。

梱包資材

ペーパークッション

作品を配送中の衝撃から守ったり、箱の中で作品が暴れないようにすき間を埋めるための梱包資材。ホームセンターや100円ショップでも購入ができます。梱包資材はたくさん必要になるので、ある程度まとめて購入すると経費削減になります。

ハンドメイド作家
近所のどこにどんな梱包資材が売っているか?調べておきましょう。

通販サイトで商品を購入した際に付いてきた梱包資材がキレイな状態であれば、それを捨てずに再利用するのも良いでしょう。

関連記事
100均で見つけた!配送に便利な緩衝材の種類とサイズまとめ
100均で見つけた!配送に便利な緩衝材の種類とサイズまとめ

【写真あり】100均(100円ショップ)のダイソーとセリアで買える、配送に便利な緩衝材の種類とサイズを調べてまとめました。100均にはプチプチやペーパークッションをはじめ、さまざまな種類の緩衝材が売っています。どんな緩衝材があるのか?ご参考に。

続きを見る

文房具

テープやハサミなどの文房具

梱包の際、

  • のり
  • テープ
  • ハサミ
  • ペン

といった文房具も必要になります。

のりやペンは久しぶりに使うと残量がなかったりするのでチェックしておきましょう。

ちょっとした装飾に使える「マスキングテープ」や、まっすぐ切れる「カッター」もあると便利です。

余裕があればそろえよう。あると便利なモノ

最低限準備するべきモノを用意できたら

もそろえておきましょう。

パソコン

パソコンとタブレットとスマートフォン

ハンドメイド販売はスマホからでも可能ですが、あの小さい画面での作業は意外とストレス。

低スペックでも大丈夫ですので、パソコンを用意することをおすすめします。illustratorやPhotoshopなどで制作物をつくるならある程度のスペックが必要です。

プリンター

エプソンの白いプリンター

プリンターは、

  • 住所の印刷
  • 名刺・ショップカード
  • アクセサリー台紙
  • 納品書・領収書

などの印刷で何かと使えます。

コンビニやスーパーに行けばプリンターがありますが、そのたびに印刷しに行くのは手間ですし割高です。

ハンドメイド作家
私ははじめ、近所のコンビニで毎回印刷しに行っていましたが、忙しかったり雨の日に行くのが面倒で、そのせいで配送が遅れたことがあります。

プリンターはプライベートでも使えるので、早めに購入しておいて損はありません。

関連記事
【エプソン】自宅のプリンターでハンドメイド作家の名刺を作る方法
【エプソン】自宅のプリンターでハンドメイド作家の名刺を作る方法

エプソンのプリンターを使って、オリジナルの名刺を自作する方法をご紹介。

続きを見る

撮影機材

一眼レフや三脚などの撮影機材一式

一眼レフや三脚、レフ版、フォトスタイリング用の小道具などもあると便利。ですが、はじめのうちはそこまで経費をかけられないと思います。ムリせず、白か黒い布を背景に、スマホで撮影するので十分です。

機材よりもこだわるのは、基本的な撮影テクニックや光の当たり方です。撮影に適している時間帯は、午前10時~午後3時くらいまで。この時間帯に、ピントをしっかり合わせる、手ブレに気を付けるなど基本的なことに気を付けながら撮影しましょう。

撮影に慣れてきて、より高品質な写真が撮りたいと思うようになったころに、一眼レフや小道具などもそろえてみてください。

関連記事
ハンドメイド作品の写真撮影
その写真で大丈夫?ハンドメイド作品の撮り方のコツ

ハンドメイド作品をネットで販売するなら、写真のクオリティが決め手になります。どんなことに気を付けて撮影をすれば良いのか?撮り方の基本のコツを解説します。

続きを見る

領収書

領収書

領収書は、支払ったことを証明するための書類です。発行する義務はありませんが、「発行してほしい」と言うお客様は少なくありません。

領収書はハンドメイドマーケット側では用意してくれていませんので、自分で用意する必要があります。たとえば、minneでは以下のような対応が案内されています。

領収書が欲しいのですが。

領収書は、「minne」よりは発行を行なっておりません。
そのため、作家さまよりご確認いただける「売れたもの」項目の注文詳細ページを領収書の代わりとして印刷・送付いただく(以下省略)

出典:よくある質問 | ハンドメイドマーケット minne

パソコンを持っているなら、マイクロソフトの「Word」にテンプレートがあるので、そちらで自作するのも良いでしょう。

関連記事
ハンドメイド販売イベントで必要な領収書の書き方【NG例あり】
ハンドメイド販売イベントで必要な領収書の書き方【NG例あり】

ハンドメイド販売イベントに出展するかた向けに、領収書の書き方と記入例をご紹介。

続きを見る

ラッピング資材

ラッピング用の袋や装飾用品

ハンドメイド作品を購入されるお客様は女性が多いですから、ラッピングがかわいいと喜ばれます。

ですが、ラッピングにこだわり過ぎて経費をムダに使ったり、苦手なのに時間をかけてしまって販売活動が負担になるのはNG。まずは作品のクオリティを高めることが需要です。これから販売をはじめる方は、時間とお金をかけずにシンプルにラッピングしましょう。

100円ショップや文具店に行けば、素敵なリボンやリールが豊富にあります。はじめは、OPP袋にリボンやシールで装飾するだけでも十分ですよ。

まとめ

ハンドメイド販売を始める前に最低限準備するべきモノ。

  • ハンドメイド作品
  • スマートフォン
  • 銀行口座
  • 納品書
  • 封筒や箱
  • 梱包資材
  • 文房具

あると便利なモノ。

  • パソコン
  • プリンター
  • 撮影機材
  • 領収書
  • ラッピング資材

パソコンやプリンターは絶対に必要ではないけれど、はじめに用意することをおすすめします。

ご紹介したモノ以外にも、販売する作品によっては必要なモノがでてきます。必要に応じて、買い足していきましょう。

必要なモノがそろったら、いよいよハンドメイドマーケットへ出品。ハンドメイドマーケットにもいろいろあるので、『ハンドメイド販売サイト5社を徹底比較!違いは?手数料が安いのは?』を参考に、自分にあったサイトを見つけてくださいね。

関連記事
ハンドメイド販売サイトのおすすめ比較
ハンドメイド販売サイト5社を徹底比較!違いは?手数料が安いのは?

【ハンドメイド作家が解説】「手作りしたハンドメイド作品を売るなら、どの販売サイトに登録・出品すべきか?」と悩んでいませんか?そんな初心者のために、人気販売サイト5社の特徴や手数料などを徹底比較しました。登録サイト選びのご参考にしてください!

続きを見る

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に
興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「BASE」なら簡単にネットショップが作れますよ。

今すぐネットショップ作成

\この記事は役に立ちましたか?/

当ブログの文章・画像はご自由にご利用いただけます。
SNSやブログでのシェアにぜひご活用ください!
※著作権は放棄しておりません。

-ネット販売
-

© 2020 ハンドメイド作家のブログ