配送物の厚みを確認する「厚さ測定定規」の作り方

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

2018-05-21

「厚さ測定定規」を自作する方法

ネットで落札された商品を配送するときに便利な「厚さ測定定規 」。ネコポス、定形外郵便、ゆうパケットなどで配送している方は、特に重宝するツールと言えます。

厚さ測定定規はAmazonでも買えますが、1,000円以上するので自作しました。

自作するのに必要な道具

「厚さ測定定規」の自作に必要な道具

自作するのに必要な道具

厚さ測定定規を自作するのに必要な道具は、

  • 段ボール(30×25cm以上)
  • カッター
  • 定規
  • ペン

だけです。

写真の赤いのは「三角スケール」と言う特殊な定規ですが、普通の定規で大丈夫です。段ボールが自宅になければスーパーなどでもらってください。

制作費は自宅にあるものを利用したのでタダです。

スポンサーリンク

厚さ測定定規の作り方

厚さ測定定規の作り方は、

  1. サイズを下書き
  2. カッターで切る
  3. 確認する

で終わりです。

サイズを下書き

まずは、段ボールにカッターで切る部分を下書きします。

今回は、利用頻度の高い

  1. ネコポス
  2. ゆうパケット
  3. クリックポスト
  4. 定型外郵便物

の厚みに対応した定規を作ります。

配送方法 カットの大きさ(縦×横)
ネコポス 2.5cm x 22.9cm
ゆうパケット 1.0cm x 25cm
クリックポスト 2.0cm x 25cm
定型外郵便物 3.0cm x 25cm

厚さ測定定規では、配送物の「厚み」と「幅」しか測れません。「奥行」は普通の定規で測ってください。

上記表のサイズに沿って、下書きをしましょう。

自作の「厚さ測定定規」の下書き

気を抜くとちょっとズレます。下書きがズレていないか?確認しましょう。

カッターで切る

下書きができたら、あとは下書きに沿ってカッターで切ります。

「厚さ測定定規」を下書きに沿って切った状態

カッターでまっすぐ切るのは意外と難しいので、写真のようにガタガタしていますが、誤差なので気にしないでください。

確認する

カッターで切ったら、もう一度定規で測って確認しましょう。

完成した「厚さ測定定規」の確認

問題がなければ、配送物を厚さ測定定規に通してみて、厚みをチェックしてみてください。

以上で完成です。制作時間は15分ほどでした。

まとめ

「厚さ測定定規」は、段ボールを利用して自作すれば制作費0円で作れます。ただし、下書きやカッターで切るときに多少ズレてしまうので、精度としては低いものです。

「自作するのが面倒そう」「もっとちゃんとした定規が欲しい」という方は、ちょっと高いけどAmazon で売っている厚さ測定定規を買うのが安心ですよ。

あと、「メルカリ発送らくらくセット 」のムック本もおすすめです。

【追記】▼100均ダイソーに売っていました。

100均ダイソー「厚さ測定定規」メルカリやハンドメイド発送に便利
100均ダイソー「厚さ測定定規」メルカリやハンドメイド発送に便利

メルカリで不用品を売っている、minneでハンドメイド作品を出品している人に便利なのが「厚さ測定定規」。計測口に通すだけで宅配物がサイズオーバーしていないかの確認ができます。 通販サイトでは1,000 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常)

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 みき

20代女子のハンドメイド作家。半年間売上ゼロ→1日10時間制作に没頭→半年後に1,000円の売上→徐々に注文が増える→1年後に個人事業主に。プロフィール

YouTubePinterest

-ネット販売