ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
UVレジンの硬化時間

https://craftwriter-blog.com

UVレジンの硬化時間は?太陽光・UVライトで比較してみた

更新日:

紫外線で硬化するUVレジン。さまざまな環境で試したところ、硬化時間には次のような差がありました。

※使用したUVレジンは「太陽の雫」。作品サイズは500円玉くらい。

作品の厚みや季節によって多少の差がありますが、平均して上記の時間が目安です。

太陽光での硬化時間

太陽光でUVレジンを硬化させる場合、UVライトを使うよりも圧倒的に時間が掛かります。

晴天時

よく晴れた日に室内の窓際に置いた場合、硬化時間は15分が目安です。太陽が雲に隠れて日光が当たらないときもあるので、30分は見ておくと安心。

UVレジンの硬化時間は季節によって変動します。夏の晴れた日はすぐに硬化する傾向にありました。10分で硬化します。冬は夏よりも時間が掛かり、20分ほど掛かりました。

曇天時

曇りの日に室内の窓際に置いた場合、硬化時間は1時間が目安です。完全に日光が当たらない雨天時は2時間以上掛かりました。

太陽光で硬化させる注意点

UVライトを使わないで太陽光で硬化させれば、お金が掛からず経済的です。でも、自然硬化には

  • 表面にゴミが付く
  • 不注意で壊れてしまう
  • 天候に左右される
  • 時間が掛かる

などのデメリットがあります。

窓際に放置しておくと、ホコリが付いたりカーテンの表面が作品に触れてしまうことがあるんです。

晴れの日を待って作品制作に取り掛かるのもストレスですよね。

UVライトでの硬化時間

太陽光に比べて、UVライトは硬化時間をかなり短縮できます。天候にも左右されず、いつでも好きな時にUVレジンを硬化させることができます。

9W

UVライトには、9Wと36Wの2種類があります。W数が高ければ硬化時間が短くなります。

9WのUVライトの場合、硬化時間は30分ほどを見ておきましょう。UVライトは30分以上使用してはならないため、30分照射したら一度様子を見ます。

36W

36WのUVライトの場合、硬化時間は最短で2分です。UVレジンのアクセサリーをいくつか作っていますが、いつもだいたい2分で硬化しています。

ぷっくりした厚みのある作品を作る場合、5分以上照射させてください。

UVライトが売っている場所
UVレジンを硬化させる「UVライト」ってどこで買える?販売店を調べてみた

続きを見る

UVレジンの硬化でよくある疑問

ドライヤーで硬化する?

UVレジンは、紫外線によって硬化します。ドライヤーは温風が出るだけなのでUVレジンは硬化しません。実際にやってみましたが、まったく硬化しませんでした。むしろ、熱で少し溶けたような気がします。

夜間でも硬化する?

夜間は紫外線が当たらないため、窓際に長時間置いても硬化しません。UVレジンは室内の蛍光灯でも硬化しますが、一晩蛍光灯に当てても完全には硬化しませんでした。夜間に硬化させるのは避けましょう。

100均のUVレジンは硬化に時間が掛かる?

UVレジンは、安いものほど硬化までに時間が掛かります。ダイソーのUVレジンだと、硬化までに4時間ほど掛かりました。

ただし、最近は「速乾UVレジン」が100円ショップなどで売っています。実際に速乾タイプのUVレジンを使ってみると、10分ほどで完全に硬化しました(晴天時)。

まとめ

UVレジンの硬化時間を、もう一度まとめておきます。

  • 太陽光(晴天時):10~30分
  • 太陽光(曇天時):30~60分
  • UVライト(9W):15~30分
  • UVライト(36W):2~10分

UVライトは硬化に便利ですが、お金が掛かります。まずは太陽光で硬化させて、不便に感じたらUVライトの導入も検討してみましょう。

UVライトでUVレジンを硬化させる
使って実感!パーツクラブのUVライトがおすすめだった

続きを見る

手芸素材買うならNETSEA!

ハンドメイドのパーツ・素材を買うなら、問屋/卸売の業者から直接仕入れられる「NETSEA(ネッシー)」がおすすめ。激安価格で良質な素材が手に入りますよ。

関連記事と広告

-UVレジンのアクセサリー
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.