「マルシェル」商品写真に最適な画像サイズとは?

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

「マルシェル」商品写真に最適な画像サイズとは?

マルシェルで商品写真をアップロードしたのに、「余白ができてしまう」「見切れている」なんて経験はありませんか?

商品写真が正しく表示されないと見栄えが悪くなるので困りますよね。

この記事では、マルシェルで使われる商品写真の適切なサイズと比率、ファイル形式について詳しく解説します。

また、画像にはファイル上限があるので、それを上回らないための無料ツールについてもご紹介します。

ハンドメイド作家
goo事務局へ問い合わせて教えてもらいました。

商品写真に適した画像サイズ

ではさっそく、マルシェルで商品写真を投稿する際の最適な画像サイズについてみていきましょう。

マルシェルの商品写真の推奨サイズ

推奨サイズは横625×縦469ピクセル以上

  • 推奨サイズ:横625×縦469ピクセル以上
  • アスペクト比(縦横比):1:1
  • 形式:jpeg、png、gif
  • 容量:5MB以下

マルシェルを運営しているgoo事務局によると、商品写真のサイズは横625ピクセル以上、縦469ピクセル以上を推奨しています。

ピクセルとは、デジタル画像の最小単位を指します。デジタル画像は拡大すると1つひとつの点で構成されており、この点に色情報を追加したのがピクセルです。

形式はjpeg、png、gifの3つ。スマホや一眼レフで撮影した写真は、アプリやツールで変換しない限り「jpeg」で保存されるため、ファイル形式は特に気にする必要はありません。

スポンサーリンク

商品写真を見切れることなく表示するには

表示サイズや画像が見切れないか気になる方は、「ピクセル」にこだわるのではなく「アスペクト比(縦横比)」を意識してください。

アスペクト比に関しては、goo事務局に問い合わせたら、

4:3のアスペクト比にて画像を挿入すると、
商品一覧で見切れることなく表示ができます。

と回答がありました。

アスペクト比4:3のときの見え方

4:3の写真だと上下に余白ができる

ただ、4:3にすると上下に余白ができてしまい、キレイに見えません。

アスペクト比1:1のときの見え方

1:1の写真だと余白ができない

いろいろ試した結果、おすすめのアスペクト比は1:1

ハンドメイド作家
スクエアにすると商品写真が見切れることなく、かつ余白ができずキレイに収まりました。

たとえば、3024×3024ピクセルの写真だとアスペクト比1:1になります。

スポンサーリンク

最適なアスペクト比で撮影するには

前述した通り、マルシェルではアスペクト比を1:1にすると商品写真が見切れることがありません。

では、1:1にするにはどうやって写真を撮ればいいのでしょうか?

ここでは、iPhoneを例に解説します。

iPhoneのカメラを起動します。

iPhoneのカメラのメニューボタン

カメラの上にある「^(上向き矢印)」をタップ。

iPhoneのカメラの比率

メニューに「1:1」「4:3」「16:9」のいずれかが表示されているのでタップ。

iPhoneのカメラの比率設定

「1:1」を選択します。

これで、アスペクト比1:1の商品写真が撮れます。

スポンサーリンク

写真の容量を小さくする無料ツール

マルシェルの写真容量の上限は5MB。

スマホや一眼レフで撮影した写真は通常1枚2~3MBなので、上限を超える心配はまずありません。

ですが、もし上限を超えたら商品写真を圧縮しなければなりません。

Squoosh

写真の圧縮に便利なのが「Squoosh」という無料ツール。

画像をアップロードして「Quality」という項目を調整することで圧縮ができます。5MB以下にしましょう。

圧縮したら右下のボタンでダウンロードできます。

公式サイトSquoosh

まとめ

マルシェルで商品写真を撮影するなら、スクエア(1:1)がおすすめです。

推奨サイズは横625×縦469ピクセル以上、ファイル形式はjpeg,png,gif、容量は5MB以下となっていますが、これらの条件は通常のスマホのカメラで満たしていると思うので、特に気にする必要はないかと思います。

ですので、アスペクト比にだけ注意しましょう。

あわせて読みたい

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常)

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 みき

20代女子のハンドメイド作家。半年間売上ゼロ→1日10時間制作に没頭→半年後に1,000円の売上→徐々に注文が増える→1年後に個人事業主に。プロフィール

YouTubePinterest

-ネット販売