ネット販売

「希少性の原理」をハンドメイド作品のタイトルに応用する方法

この記事は約3分で読めます。

「希少性の原理」をハンドメイド作品のタイトルに応用する方法

「希少性の原理」は、経済学や心理学でも話題になるものの1つ。ハンドメイド販売にも応用ができ、売上アップにつながるかもしれません。

この記事では、希少性の原理とは?ハンドメイド販売にはどういう風に応用できる?などを解説します。

「希少性の原理」とは?

水と砂漠

概要

人は、手に入りにくい希少価値のあるものに魅力を感じてしまいます。この心理傾向を「希少性の原理」と呼びます。

以下は、経済学者による希少性と価格に関する見解です。

アダム・スミスの価値のパラドックスでは、使用価値において勝る水のほうが、交換価値においては宝石より低価格となることが問題となる。これは希少性との関係では、水が豊富であることによる。かりに砂漠などの水が希少な条件下では、水のほうが高価格となるものと考えられる。

出典:希少性 - Wikipedia - ウィキペディア

ちょっと分かりにくいので、要約すると以下のような説明になります。

「水」は人間が生きる上で欠かせない資源ですが、地球上にはたくさんあるので価値は低いとされます。「宝石」は人間が生きる上で必要のない資源ですが、希少性が高いため価値が非常に高くなります。

水はスーパーで100円で買え、宝石は何万円もするのがその証拠。

これが、希少性の原理です。

飲食店でどのメニューを食べようか?と迷っているときに、「限定メニュー」があるとつい頼んでしまう人も多いのではないでしょうか。

「季節限定」「期間限定」「数量限定」「当店限定」という商品には惹かれてしまいますよね。

今食べなくては、もう食べられなくなるのではないか?と不安に駆られ、そのメニューを頼むお客さんは多くなります。

これが、希少性の原理を利用した売り方です。

[スポンサーリンク]

ハンドメイド販売への応用

希少価値があると魅力が上がる

希少性の原理

ハンドメイド販売に希少性の原理を応用するなら、作品のタイトルに「限定」を付けるといった方法ができます。

いつでも買える定番作品だけを売るのではなく、限定作品を売ることで注目を集め売上アップが期待できます。

応用例

たとえば、

  • 季節限定作品
  • minne限定販売
  • Creema限定販売
  • 数量限定生産
  • ご新規様限定販売
  • リピーター様限定販売

などのタイトルで作品をアピールすると、希少価値が高まり売上アップが期待できます。

「ココでしか買えない」「今この瞬間しか買えない」などは効果絶大ですよ!

ポイント

商品一覧のなかに限定作品があり過ぎると、希少性の原理の意味がなくなります。あれもこれも「限定」とタイトルを付けてしまうと、特別感がなくなります。

使いどころを考え、本当に売りたい作品だけに使いましょう。

言うまでもなく、このタイトルにウソがあってはいけないので、限定と定義したらその範囲内で売ってください。

まとめ

人は、希少性に高い価値を置く生き物です。この心理傾向を「希少性の原理」と言います。

ハンドメイド作品の販売においては、「期間限定販売」「数量限定販売」などの企画を考え、それを作品のタイトルに反映させることで注目を集めることができます。

ぜひ、ハンドメイド販売にも応用してみてくださいね!

ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選
ハンドメイド販売に活用したい心理テクニック7選

ハンドメイド販売の売上アップにつながる、心理テクニックをご紹介します。

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 miki

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ネット販売

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.