ネット販売

「ラクマ」のハンドメイド販売のルールは?やってはいけない禁止行為はコレ!

この記事は約3分で読めます。

ハンドメイドアプリ「ラクマ」

ラクマ

販売手数料が安いことで人気のフリマアプリ「ラクマ」。minneやメルカリと比べて販売手数料が安いことから、ラクマでハンドメイド作品を売ってみよう!と思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ラクマでハンドメイド作品を売るなら知っておきたい販売ルールについてご紹介します。

「ラクマ」とは?

ラクマとは

ラクマ

「ラクマ(旧:フリル)」とは、楽天株式会社が運営するフリマアプリです。フリマアプリとは、不用品などを個人間で売り買いができるアプリのこと。

フリマアプリには「メルカリ」もありますが、メルカリに比べるとラクマは販売手数料が安くて人気があります(メルカリは10%、ラクマは3.5%)。

ラクマでハンドメイド作品を売って良い?

ラクマのハンドメイド作品

ラクマで出品中のハンドメイド作品

ラクマでハンドメイド作品を売っても大丈夫です。実際、ラクマのハンドメイドカテゴリーには2,140,000点以上が出品されています(執筆時点)。

ただし、後述するルールに従って正しく販売することが条件となります。

[スポンサーリンク]

ラクマでやってはいけない禁止行為

ラクマのお知らせブログの「ハンドメイドの出品ルールについて」にある通り、ラクマでは販売を禁止されているハンドメイド作品があります。

次に該当するハンドメイド作品は売れません。

  • 既存のキャラクターやブランドロゴを使用した商品
  • 既存のキャラクターやブランドロゴを使用したリメイク品
  • 既存のキャラクターやブランドロゴ、ブランド商品のデザインを模した作品
  • 「◯◯風」「◯◯をイメージした」と記載された商品
  • 「オーダー受けます」と記載があり、キャラクター・ブランド・芸能人の名前等が羅列してあるもの

つまり、著作権を侵害するような制作物を「ハンドメイド作品」として販売するのは禁止ということです。

キャラクターやロゴを許可なく商用利用するのは著作権の侵害となります。キャラクターがプリントされている生地を使用し、1からハンドメイド作品を作ったとしてもダメです。

「マリメッコ風」など、ブランドの商品だと誤解されるような表現も禁止です。

ハンドメイド販売の禁止行為
あなたは大丈夫?ハンドメイド販売でやってはいけない10の禁止行為

ハンドメイド作品の販売時に気を付けるべき「やってしまいがちな禁止行為」を10個ご紹介します。販売初心者の方はもちろん、販売に慣れている作家さんも初心に帰ってチェックしてみてください。

続きを見る

ラクマでハンドメイド作品を売るときのルール

ラクマで売って良いハンドメイド作品は、完全オリジナル品です。

オリジナルとは、

  • 既存のキャラクターやブランドを使用しない
  • 誰かのマネをしていない
  • 自分で考えた
  • 自分で作った

ハンドメイド作品です。

まとめ

ラクマは不用品だけではなく、ハンドメイド作品も販売できるアプリできます。ハンドメイド作品として販売するときは、著作権を侵害しないよう、正しく販売しましょう。

また、ラクマ以外にもハンドメイド作品を販売できるサイトはいくつかあります。販売サイトは慎重に選びましょう。

ハンドメイド販売サイトのおすすめ比較
ハンドメイド販売サイト5社を徹底比較!違いは?手数料が安いのは?

【ハンドメイド作家が解説】「手作りしたハンドメイド作品を売るなら、どの販売サイトに登録・出品すべきか?」と悩んでいませんか?そんな初心者のために、人気販売サイト5社の特徴や手数料などを徹底比較しました。登録サイト選びのご参考にしてください!

続きを見る

\あなたのシェアがウレシイ/

ハンドメイド作家

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 こばやしみき

ハンドメイド作品のネット販売に奮闘中の20代女子(プロフ)。何かありましたら下の方のコメント欄かお問い合わせからご連絡ください。

あなたへのおすすめ

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?「STORES.jp」ならカンタン2分でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

開設方法はコチラ

-ネット販売

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2019 All Rights Reserved.