ハンドメイド作家のブログ

ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

Handmade Note(ハンドメイドノート)は、ハンドメイド作品の売り方や売上アップのノウハウを記した情報サイト・ブログです。
ハンドメイド作品の値下げのメリット・デメリット

ハンドメイド作品を値下げするメリット・デメリット

更新日:

ハンドメイド作品をネットで販売していると、販売価格を見直す機会があるでしょう。

特に、「1つも売れない」「前は売れたのに、今は売れなくなった」なんてときは、ちょっと安くした方が良いのでは?と考えますよね。

では、ハンドメイドの販売価格を安易に安くしても良いのか?値下げのメリット・デメリットを整理しました。

値下げのデメリット

売れないからと言って、販売価格をすぐに下げるべきではありません。

値下げには、

  • 利益率が下がる
  • 仕入れ値が上がっときに損する
  • 優良顧客がつかなくなる
  • ブランドイメージが損なわれる

などのデメリットがあります。

利益率が下がる

当然ですが、値下げをすると利益も低くなります。

利益とは、売上金から原価(材料費や制作費など)を差し引いた、「儲け額」です。儲けることを目的としていないハンドメイド作家さんもいるでしょう。ですが、活動を長く続けるには、利益も考えないとあとで苦しい思いをします。

値下げによって、「赤字で制作をするのが難しくなった」とならないようによく検討しましょう。

仕入値が上がったときに損する

値下げをすると、仕入れ値(材料費)が上がったときに利益が低くなります。

今は安く買えている材料も、いつ値上げするか分かりません。また「仕入値が安定していない」「いつも決まったところで材料を買っていない」という場合は、現状の値段をキープした方が良いかもしれません。

優良顧客がつかなくなる

「安かろ悪かろう」で、安いものを欲しがるお客様は、ときに良心的ではありません。もちろん、すべてのお客様に当てはまるわけではありません。ですが、知り合いのハンドメイド作家さんは、安売りして痛い目に遭っています。

「時間を掛けて作られたハンドメイド作品は、それなりの値段がする」。こう考えて購入してくださるお客様は、必ず優良顧客になります。何も考えずに安売りするのは止めましょう。

ブランドイメージが損なわれる

優良顧客がつかなくなるのと同じで、安くすしすぎると、ブランドイメージが損なわれます。

「この作家さんのハンドメイド作品は安い」というイメージが一度つくと、他の作品(特に高いもの)は売れなくなります。

他の作品との価格のバランスも意識しましょう。

値下げをするメリット

値下げにはさまざまなデメリットがあるものの、メリットもあります。

前述のデメリットと下記のメリットを照らし合わせて、値下げをするか検討しましょう。

  • 売り上げが増える
  • 在庫を処分できる
  • 新規顧客の開拓

売上が増える

原価が安くなった場合は、原価に応じて価格を安くしても、利益に大きなダメージはありません。

「材料費が安くなった」「作業に慣れて、短時間で制作できるようになった」などの理由があれば、値下げを検討しても良いかもしれません。

値下げをしてたくさん売れれば、売り上げアップのチャンスです。

在庫を処分できる

ハンドメイド作品を自宅で保管するのは、簡単ではありません。管理が行き届かず、来年に持ち越せないことも。

大量に在庫を抱えてしまったのなら、来年に持ち込むリスクを背負うよりも、すぐに処分した方が得です。

特に、シーズン物は旬を過ぎると、まったく売れなくなります。値下げをして、少しでも在庫を減らしましょう。

新規顧客の開拓

価格を安くすることで、今まで購入してくれなかったお客様にアピールができます。「今まで高くて買えなかったけど、この価格なら…」と、買ってくれるかもしれませんね。

また、新しいお客様にリピーターになってもらうよう工夫すると、他の定価販売の作品を買ってくれることも。値下げは、新規顧客ゲットのチャンスです。

まとめ

ハンドメイド作品を値下げすると、利益率が下がって損をすることもあります。その一方、大量の在庫やシーズン物を処分できるなどのメリットもあります。

メリット・デメリットを比較して、よく検討しましょう。もし値下げをするなら、原価を下回らないように値段設定をしてください。

また、出品したばかりであれば、すぐに売れないこともあります。この場合はすぐに安くするのではなく、しばらく様子を見ると良いですよ。

ネットショップ作成に興味はありませんか?

あなたのハンドメイド作品を、自分専用のネットショップで販売してみませんか?BASEならカンタン30秒でネットショップが作れます。

▼興味がある方はコチラ

関連記事と広告

-ネット販売
-

Copyright© ハンドメイド作家のブログ , 2018 All Rights Reserved.