ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

【確定申告】ハンドメイド作家は、いくらの収入から税金を払うの?

この記事は約8分で読めます。

2017-11-03

スポンサーリンク

ハンドメイド作品が売れてきたら気になるのが「確定申告」。

年末年始になると、所得隠しや申告漏れを指摘された芸能人や企業がメディアで報道されるため、「確定申告ってしなきゃヤバい?」と不安になるハンドメイド作家さんも多いでしょう。

確定申告は、その人の就労状況や年間所得によって「申告する必要がない人」と「申告しなければいけない人」に分けられます。

では、ハンドメイド販売でいくら稼いだら、確定申告をしなければならないのでしょう?その基準を詳しく解説します。

ハンドメイド作家
納税は義務。確定申告についてきちんと理解し、自分は申告しなければならないのか?チェックしましょう。

この記事はこんな方におすすめ

  • ある程度の売上があるハンドメイド作家さん
  • ハンドメイド販売をしている専業主婦
  • 本業があり、副業でハンドメイド販売をしている方

関連記事
ハンドメイド作家としての開業届の作成・提出方法

【記入例あり】minneなどのハンドメイドマーケットや、販売イベントに出店しているハンドメイド作家さんは、開業届を自分で作成して提出しなければなりません。では、開業届はどうやって作成するのでしょうか?ハンドメイド作家が解説します。

続きを見る

ちゃんと理解してる?「確定申告」の基礎知識

確定申告とは

ハンドメイドに限らず事業で収入を得たら、国に所得税を納めなければなりません。その納税額を決める申告が「確定申告」。

確定申告は、毎年1月1日~12月31日までの1年間の「所得」を、翌年の2月16日~3月15日(その年の曜日によって多少前後する)の間に税務署に申告します。

正しく申告しないと「申告漏れ」となり、追加徴税を課されるなどの可能性が出てきます。

確定申告はほかに収入があるか?収入額がいくらであるか?によって申告の義務が変わりますので、ご自身で申告すべきなのかよく確認する必要があります。

確定申告は所得を基準に考える

確定申告は、「売上」ではなく「所得」を基準に考えます。よく勘違いされがちですが、この2つは意味が異なります。

「売上」はハンドメイド作品の売上金額そのままのことを指します。「所得」は、その売上から経費を引いた金額を指します。

たとえば、働いていて売上が25万円であっても、経費が6万円ならば所得が19万円となり、この場合は確定申告の必要がありません。誤って確定申告をしても問題ありませんが、損をすることがあります。

ハンドメイド作家
売上が20万円を超えていても、所得は20万円を超えていないケースがあります。

自宅で制作しているハンドメイド作家さんは、家賃なども経費にできます。詳しくは『ハンドメイド販売者が確定申告で経費にできる出費、できない出費の例』の記事をご参考に。

関連記事
ハンドメイド販売者が確定申告で経費にできる出費、できない出費の例

ハンドメイド作家が確定申告で経費にできる出費の例をご紹介。どの勘定項目に仕分けするか?レシートがない場合は?などについても詳しく解説。

続きを見る

あなたはどっち?確定申告をする人、必要ない人

申告の有無が分かるフローチャート

確定申告は、働いているか、所得がいくらか、によって申告の必要性が変わります。

確定申告をする必要がない人

確定申告をする必要がない人は、

です。

働いていて、所得が20万円以下

  • ハンドメイド販売の所得が20万円以下
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしている

本業がサラリーマン、OL、パート、アルバイトで給与所得がある方で、ハンドメイド販売での所得が20万円以下(本業の所得とは別)であったら、確定申告の必要はありません。

個人的には、副業でやっているのなら、年間所得の20万円を超えるのはなかなか難しいと思っています。「売上」で年間20万円があるのは珍しくありませんが、そこから経費を引いた「所得」で20万円以上を得るのは簡単ではありませんから。

ハンドメイド作家
確定申告の必要がなくても、念のため、経費の証明となるレシートは保管しておくこと。税務署から指摘されても、レシートを提出することで所得が20万円以下であることを証明できます。

働いていなくて、所得が38万円以下

  • ハンドメイド販売の所得が38万円以下
  • 定期収入のある配偶者がいる
  • 専業主婦や家事手伝いで働いていない

会社勤務やアルバイト・パートをしていない専業主婦や家事手伝いの方で、ハンドメイド販売での年間所得が38万円以下の場合も、確定申告の必要はありません。38万円以内であれば夫の扶養に入ることができ、確定申告の必要もありません。

確定申告をする必要がある人

確定申告の必要がある人は、前述した申告の必要がない人にあてはまらない人たちです。

つまり、

場合は確定申告をしましょう。

働いていて、所得が20万円を超える

  • ハンドメイド販売の所得が20万円を超える
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしている

本業がサラリーマン、OL、パート、アルバイトで給与所得がある方で、副業のハンドメイド販売の所得が20万円を超える場合(本業の収入は含めない)、確定申告する義務があります。20万円ピッタリでは確定申告の必要はありませんが、1円でも超えると申告の必要があります。

「自営業ではなく副業だから確定申告の必要はない」と勝手な思い込みはしないように。

また、会社に勤務していて、さらに副業でアルバイト・パートを行い、その傍らでハンドメイド販売で収入を得ている場合、アルバイト・パートとハンドメイドの所得の合計金額が20万円を超えたら、確定申告をする必要があります(そんな忙しい人はいないと思いますが)。

ハンドメイド作家
申告が必要な方は、確定申告ソフトで作成しましょう。
関連記事
ハンドメイド作家の私が選ぶ、確定申告おすすめソフト3選

確定申告をしているハンドメイド作家の私がおすすめのソフトをご紹介。確定申告はソフトを使えば効率よく必要書類を作成できます。はじめて確定申告をするハンドメイド作家さんで、ソフトの利用を考えているならぜひチェックしてください。

続きを見る

働いていなくて、所得が38万円を超える

  • ハンドメイド販売の所得が38万円を超える
  • 定期収入のある配偶者がいる
  • 会社勤務またはアルバイト・パートをしていない

家事手伝いや定期収入のある配偶者がいる専業主婦で、ハンドメイド販売での年間所得が38万円を超える場合も、確定申告する義務があります。

旦那の扶養に入っていて扶養内に収めたい方は、所得38万円を超えそうになった時点で販売をストップするなどの工夫が必要かと思います。

ちなみに、専業主婦の方だとよく「103万円の壁」を耳にすると思いますが、これは扶養控除38万円と青色申告の基礎控除65万円の合計金額のこと。確定申告の義務の基準額とは関係がありませんからご注意を。

納税したくない!税金って払わなくてもバレない?

ハンドメイド作家
バレます。

納税したくない気持ちも分からなくはないですが、収入を得たら税金を払うのは国民の義務。

「ネット販売だからバレない」と安易な考えはNG。現在はマイナンバーカードもあるので本業での収入はもちろん、ハンドメイドで得た収入なども、すべて行政側が把握できるようになっています。

確定申告の必要があると知りながらきっちり申告せず、所得隠しや申告漏れを指摘された場合、追加徴税を課されるだけではなく、家族や勤め先にも迷惑がかかることも。言い逃れはできません。必ず、申告しましょう。

よく分からなかったら、早めに税務署に相談しましょう。税務署は敵ではなく味方です。分からないことは何でも親切に教えてくれますよ。

まとめ

「ハンドメイドでいくら稼いだら、確定申告する義務が生じるのか?」は、年間所得と就労状況により異なります。下記の表にまとめました。

ハンドメイドの所得 就労状況 確定申告
20万円を超えない 働いている 申告しない
20万円を超える 働いている 申告する
38万円を超えない 働いていない 申告しない
38万円を超える 働いていない 申告する

本業があり、副業でやっているハンドメイド販売の所得が20万円を超えるなら、確定申告をしてください。また、専業主婦でハンドメイドの所得が38万円を超えるなら、確定申告をしてください。

何度も言いますが、所得は売上ではありませんので注意してください。

ハンドメイド作家
確定申告をするハンドメイド作家さんは、前年までに「開業届」を提出しましょう。

なお、税金制度は年次によって変わることがあります。最新情報は国税庁のサイトをご確認ください。

確定申告が必要な方|国税庁

関連記事
ハンドメイド作家は「白色」と「青色」のどちらで確定申告すべき?

確定申告1年目は、申告に慣れるという意味でも、事前に届け出る必要がなく、かつ提出する必要書類が少ない「白色申告」がおすすめ。2年目からは節税できる青色申告に切り替えましょう。

続きを見る

スポンサーリンク