定形外郵便の梱包に100均「段ボールボックス」がおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常) ハンドメイド作家みき

2021-03-02

100均の段ボールボックス

定形外郵便には専用の梱包材ないため、封筒や宅配袋など好きな入れ物を使用できます。選択肢が自由である一方、「どの梱包材を使うべきか」迷うことでしょう。

そんな梱包に迷っている方におすすめなのが、100均に売っている定形外郵便対応の「段ボールボックス」。キレイに梱包でき、封筒や宅配袋よりも強度があって安心して発送ができます。

あわせて読みたい

定形外郵便とは

梱包したアクセサリーと段ボール

公式サイト:日本郵政

サービス名 定形外郵便
サイズ 規格内:縦34cm×横25cm×厚さ3cm
規格外:3辺計90cm、長辺60cm以内
重量 規格内:1kg以内
規格外:4kg以内
配送料 120円~
梱包資材 指定なし
配送受付 ポスト投函
郵便局の窓口
お届け方法 郵便受けに投函
配送スピード 3~5日※目安
日時指定 ×
補償/追跡 ×/×

封筒や箱などに荷物を梱包して、料金分の切手を貼りポスト投函で発送できる郵送方法。郵便局への持ち込みも可能。小さくて軽い荷物を、できるだけ安く送りたいときにおすすめ。

郵送料

定形外郵便物の料金は、重量制になっています。さらに、規格内・規格外とがあり、それぞれ料金が異なります。

定形外郵便のサイズ表

  • 規格:縦34cm×横25cm×厚さ3cm/1kg以内
  • 規格:3辺計90cm、長辺60cm以内/4kg以内
重量 規格内 規格外
50g以内 120円 200円
100g以内 140円 220円
150g以内 210円 300円
250g以内 250円 350円
500g以内 390円 510円
1kg以内 580円 710円
2kg以内 取り扱いなし 1,040円
4kg以内 取り扱いなし 1,350円

梱包方法

定形外郵便には専用の梱包資材はありません。ご自身で指定のサイズにおさまるよう梱包すれば大丈夫です。

一般的には、荷物を緩衝材(プチプチ)で保護し、封筒に入れて発送します。100均には定形外郵便用の段ボール箱が売っているので、こういった箱を利用するのもおすすめです。

梱包は100均「段ボールボックス」がおすすめ

100均には定形外郵便用の段ボールボックスが売っています。

100均の段ボールボックス

100均の段ボールボックス

いくつかありますが、今回使用したのは「hapila(ハピラ)」という会社の段ボールボックス。

組み立て後の段ボールボックス

組み立てはカンタン。

段ボールボックスと測り

段ボールボックス自体の重さは約36g。

段ボールボックスとアクセサリーと測り

アクセサリーと簡単なサンキューカードを入れても41gでしたので、規格内の120円で送れます。

定形外郵便は、封筒や宅配ビニール袋でも送れますが、それだと強度が足りず、配送中に荷物が破損する危険があります。

段ボールならある程度の強度があるので、荷物をプチプチで保護し、この段ボールボックスに梱包すれば安心して発送できるかと思います。

スポンサーリンク

箱で発送するときの宛名の書き方

箱に梱包して定形外郵便で送るときは、封筒のときと同様に、箱の表面に宛名を書きます。

宛名を書いた段ボールボックス

写真のように、段ボールの上面に直接、宛先の郵便番号、住所、氏名を書いてください。箱裏には送り主である自分の郵便番号、住所、氏名を書きます。

宛名をダンボールに直接書くことに抵抗があるなら、100均の宛名シールを貼って、そこに宛名を書くのも良いでしょう。

スポンサーリンク

定形外郵便の送り方

定形外郵便は、重さとサイズを測って料金分の切手を貼れば、そのままポストに投函できます。

  1. 封筒や箱に宛名と差出人を記載
  2. その封筒や箱に荷物を梱包
  3. 梱包物のサイズと重さを測る
  4. サイズと重さに適した切手を貼る
  5. ポストに投函

定形外郵便は、サイズや重さによって郵送料が変わります。切手の料金が不足していると、相手に不足分を払ってもらうことになります。

正確な厚みや重さを測れない場合は、郵便局で発送するのが確実です。

まとめ

定形外郵便は、プチプチで包んで封筒に入れて発送する方も多いかと思いますが、強度的に不安であれば小型の段ボールボックスを使うのがおすすめ。

100均に売っているもので十分ですので、ぜひご紹介した段ボールボックスを使ってみてくださいね。

次に読みたい

あなたへのおすすめ

ハンドメイド作家の似顔絵(通常)

この記事を書いた人

ハンドメイド作家 みき

20代女子のハンドメイド作家。半年間売上ゼロ→1日10時間制作に没頭→半年後に1,000円の売上→徐々に注文が増える→1年後に個人事業主に。プロフィール

YouTubePinterest

-ネット販売
-,

© 2021 ハンドメイド作家のブログ