ハンドメイド販売ノウハウの情報サイト

これ、売って大丈夫?minneで販売できるモノ、販売できないモノ。

この記事は約6分で読めます。

2020-05-31

スポンサーリンク

「minne(ミンネ)」は自分でつくったオリジナル品なら基本的には何でも販売が可能です。

ただし、自分でつくったモノでも、権利侵害となる作品は販売ができません。また、自分でつくっていないモノでも、既製品の販売が可能なモノもあったります。

では具体的には何が販売OKで、何が販売NGなのでしょうか?ご紹介します。

ハンドメイド作家
出品前にチェック!

この記事はこんな方におすすめ

  • minneに出品したい
  • 作ったモノが販売可能か知りたい

スポンサーリンク

関連記事
意外と高い?minneの販売手数料と振込手数料はいくら?

【2020年改訂版】ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」では、いくらの販売手数料と振込手数料が引かれるのか?計算例とともに詳しく解説します。

続きを見る

これならOK。minneで販売できるモノ

  • 自分でつくったオリジナル作品
  • 素材や道具などの既製品
  • 権利侵害をしていない作品
ハンドメイド作家
手づくりの「オリジナル」なら基本的には何でも出品できます。

自分でつくったオリジナル作品

自分でつくったオリジナル作品とは、アートなどの何もないところから独自にイメージを膨らませてつくったモノに限らず、既製品のパーツを組み合わせてつくった作品も含まれます。

極端な話し、アクセサリーパーツのお店で買ったパーツ同士をつなぎあわせたモノを販売しても大丈夫です(商用利用不可の素材は販売できません)。ただ、それが売れるかどうかはまた別の話し。オリジナリティやプラスαの価値がないと、お客様に購入してもらうのは難しいでしょう。

関連記事
私のハンドメイド作品がminneで全然売れなかった5つの理由

ハンドメイド作家の私が、ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)で「コレは売れなかったなぁ」と痛感した作品の特徴を5つまとめました。minneをはじめたばかりで全然注文が入らない、お客様に見てもらえない、と悩む作家さんはご参考に。

続きを見る

素材や道具なら既製品も売れる

minneはハンドメイド作品を中心に販売するサイトですが、例外として、素材や道具といった既製品は販売が可能です。実際、minneの「素材・道具」カテゴリーを見てみると、多くの既製品が出品されていることが分かります。ただし、転売を禁止している素材や道具もあるので、分からなければ販売元に問い合わせると良いです。

お店で売っている既製品を売るのは「転売」にあたるのでminneでは禁止されています。海外で輸入した雑貨の販売も禁止です。

これはNG!minneで販売できないモノ

minneで販売できないモノ

自分でつくった作品でも、販売ができないモノもあります。素材や道具を除いて、転売品も禁止です。

  • 著作権の侵害となる作品
  • 他人の作品をコピーした作品(盗作品)
ハンドメイド作家
権利侵害やコピーは「オリジナル」ではないので出品できません。

著作権侵害となる作品

注意したいのが、自分でつくったハンドメイド作品であっても、それが著作権の侵害となってしまうケース。商用利用を禁止している素材・型・デザインなど、他者に権利があるアイデアやアイテム、技法で製作したモノは著作権の侵害となります。販売NGです。

よくあるのが、キャラクターがプリントされた生地の手芸品。これは、趣味で楽しむ分には問題がないとしても、出品してしまうと著作権の侵害となります。「自分でつくった」とはいえ、キャラクターの権利は他者にあります。

知らないうちに実は著作権を侵害してしまっていた、とならないよう気を付けましょう。

関連記事
キャラクター生地でハンドメイド作品を作って販売は違法?調べてみた

キャラクターがプリントされた生地を使ったハンドメイド作品は、販売すると違法になるのか?解説します。

続きを見る

他人のデザインを盗作した作品

著作権とあわせて注意したいのが盗作。

尊敬しているハンドメイド作家さんの作品でも、アイデアやデザインをそのままマネして販売するのはモラル違反。モラルに反して販売する行為は、お客様をだましてお金を取る行為と一緒。

自分ではマネしているつもりではなくても、「似ている」と指摘されてしまうこともあります。特に、既製品を多用したり流行を意識したアクセサリー類では特にこういったトラブルが多いと耳にします。

こういったトラブルを回避するためにも、販売前に自分と似た作品が出品されていないか?minneに限らずほかのハンドメイド販売サイトもチェックしておきましょう。

関連記事
ハンドメイド作品をパクられた!盗作されたときの対処法は?

自分の大切なハンドメイド作品を他人に盗作されるのは許せませんよね。では、どのように対策を講じるべきなのでしょうか?そしてもし、盗作されてしまったらどう動くべきなのでしょうか?解説します。

続きを見る

販売しても大丈夫か迷ったら?

迷ったらminneに問い合わせ

自分の売りたいものが、minneの規約に違反していないか?出品しても大丈夫か?と迷ったら、

のページをチェックしましょう。

それでも解決しなかったり、不安を抱えているのなら、minneのお問い合わせフォームから問い合わせましょう。自分の判断で販売してしまい、あとでトラブルになったら大変です。

問い合わせてminneから「販売OK」と言われれば、胸を張って販売ができますよ。不安な方は、面倒でもはじめに問い合わせておきましょう。

ハンドメイド作家
悩んでいる時間がムダ!問い合わせてスッキリしましょう。

minneのお問い合わせフォーム

まとめ

minneで販売できるモノは、原則として自分でつくったオリジナル作品です。

ただし、自分でつくったとしても、既製品をつなげあわせたり、売れている人の作品を参考にしてしまうのはおすすめしません。自分ではそのつもりはなくても、著作権の侵害や盗作だと指摘される可能性があるからです。

望ましいのは、100%オリジナルのハンドメイド作品です。出品前に、自分のハンドメイド作品と似通った商品がすでに世の中に出回っていないか?チェックしておきましょう。

関連記事
ハンドメイド販売をはじめる前に準備するべき7つ道具+α

ハンドメイド作品の販売にあたり、どんなモノが必要?初心者がまず用意するべき「最低限必要な7つ道具」と「あると便利なモノ」はコレ。

続きを見る

スポンサーリンク